人気ブログランキング |
  濱ビル株式会社  
HOME コンセプト 新提案 Viareマンション Haman Resort オンラインショップ 会社概要 お問い合せ

ボンジョ~ルノ!!    MILANOの街並みとBALIの空気が大好きな男。四十代のテーマは、『熱く生き切る。』           濱ビルCEO濱口茂樹のブログです。
by viare
カテゴリ
全体
イケてる編
ちと真面目編
いい感じ編
毒吐き編
つぶやき編
イカした不動産編
新規物件ing編
飲み屋編
とほほ編
恋愛編
常識を疑え
優位に立つための心理トリック
モノの値段
奥山清行デザイン論
エスプリ編
成功への道筋
Today’s Wine
ショートストーリー
イタリア小話
驚き編
モテるための理論と戦略編
独り言編
Baliの話
以前の記事
2013年 12月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
ブログパーツ
その他のジャンル
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧
問題の設定
今日は、不動産のお話を書きます。

もちろん、どんな仕事にも置き換えれます。

参考になれば幸いです。

最近のEV(エレベーター)は、けっこう早いのが多いのですが、

少し昔のEVだと時間が、かかります。

知り合いの貸しビルのオーナーが

入居者からEVの待ち時間が長すぎるという苦情があり、

どうしようという話でした。

解決法として思いつくのは、

1000万円に近い数百万円EVの改修工事をするか、

その入居者様に退去を促す。

この2つではないでしょうか。

この考え方のダメなところは、

オーナー自身が、この問題点をわかっていないのに

解決方法を探し出したからでは、ないでしょうか。

苦情、クレームは、お客様からの希望

これは、ピンチではなく、チャンスです。

どうしたら、EVが遅いと苦情を言われないか

問題の設定を変えるのです

人の時間は、体感速度によって変わります。

いくらEVが遅いといっても、数秒のことだと思います。

先ず思いつくのは、新幹線の中の文字ニュース。

(普段、電車乗らないから気づかなかったけど

東京の電車乗ると、けっこういろいろ目引く文字が

あって、体感時間早いよね。)

そう、EVの前に、文字ニュースをながしたり、

映像でもながせば、待つ体感速度は変わりませんか?

では、もっと、コストを下げるためにはどうでしょう?

そう、です。

植草元教授ならすぐわかりますね。(ミラーマンだけに・・・。)

鏡をEV近くに掛けて、

少し身だしなみを整える時間を提供すれば

EVの待ち時間なんて気にならなくなるでしょう。

大切なのは、問題のパターンを増やせば増やすほど

正しい問題に近づき、正しい答えに近づきます。

問題の設定が、大切なのです。

                     Shigeki HAMAGUCHI
by viare | 2007-02-08 03:03 | イカした不動産編
モテるための理論と戦略(特別編)
D・カーネギーの

人を動かす』からの言葉を

届けたいと思います。

この本を知ってる方も多いと思いますが、

1937年に初版が発行されています。

今日でも、同じように十分通用する内容となっています。

生まれた頃から、父親の本棚に『人を動かす』が入っていて

読んでもいないのに、目には止まっていた。

中学生か高校生の頃、一度手に取ったが、意味がわからなかった。

今でも古い本ではなく、新たに人々に読まれるのは、

D・カーネギーは、いつの時代もけっして

変わらない人間の本質を理解していたからだということが

わかります。

非常に奥深い。

なぜ、『モテため』のタイトルにこの話をもってきたか?

まぁ読んでみてください。どうぞ。

お世辞が上手に言えるようになるまでは、

決して結婚してはならない。


独身の間は、女性をほめようとほめよまいと

自由だが、いったん結婚したとなると、

相手をほめることが必須条件となる。


これは、自己の安全のためにも不可欠である。

率直なものの言い方は禁物だ。


結婚生活は、外交の場である。

さて、感じましたか?

結婚は、GOALではありません。

早速、行動ですね。

                        Shigeki HAMAGUCHI

  
by viare | 2007-02-07 00:01 | モテるための理論と戦略編
同調
水曜日の『モテため』ネタにしようと

思いましたが、ちと違うかな。

役に立つといいですが、、、。

そういえば、東京で、いい意見がありました。

今までアップした『モテため』

書き直したりして、またアップするのもいいですよ。って

確かにね。

考えておきます。

では、タイトルです。

洒落がわからない女性には、ダメですが、

なんか悪さがバレた時には、同調がいいんですよ。

これ、もしものために、覚えておいたほうがいいです。

『あんた毎晩、毎晩飲んでいい加減にしろよ。

また、女口説いてるんだろう。』

そこで、『うるせぇなぁ。』とか

『口説いてないだろ。』な~んて、いっても余計ケンカになるだけ。

そんな時は、

『だね。あかんね。飲みにいったり口説いたりさぁ。

最低の男だよね。あかん。本当にあかんわ。』

って、必要以上に同調するの。

相手は、『えっ。』って感じになりますよ。

その後は、女性の目の動き、しぐさ、言葉使いを

見極めながら、うまく擦り寄っていけば大丈夫。(だと思います。)

A型の思い込みの激しい、プライドの高すぎる女性以外には、

効くと思いますよ。(経験者は語る)

                          Shigeki HAMAGUCHI
by viare | 2007-02-06 00:02 | 飲み屋編
成功の確率
世界第2位の大富豪ウォーレン・バフェットと

世界一の大富豪ビルゲイツの対談V

う~ん、面白かった。

少しウトウトしてしまい反省。

昼の酒は、効きます。

Jar企画ありがとう。

学びはありすぎるVでしたので、

ひとつだけ、バフェットの比喩発言をを書いておきましょう。

やりたいことの先延ばしは駄目。』

それは、若いときに我慢をして、

年老いてからやっとSEXするようなものだ。

では、タイトルです。

成功の定義は、人それぞれだが、

新しいことに挑戦して、

自分も周りも満足できる結果を

出すことが成功とするならば

頭の中の思考は、

忙しくなるし、面倒くさいけど、

やらなければいけないという高揚感と、

『いやならや~めた』いう余裕が、

成功の確率を高めのではないか、ということに

気がついた。

皆様、どう、思います?

                    Shigeki HAMAGUCHI
by viare | 2007-02-05 00:58 | いい感じ編
大人のクイズPart35
部屋のカーテンを取り替えることにしました。

少しでも天井が高く見えるようにするには

タテ縞とヨコ縞のどちらのカーテンがいいでしょうか。













す。

Ans.ヨコ縞

タテ縞だと答える人が多いでしょうが、

図に描いて比較してみてください。

ただし、服を着るときは、タテ縞のほうが、スマートに

見えます。これは錯覚のナゾだといわれます。

イタリアのシエナ大聖堂の柱は、

ヨコ縞を入れて高く感じさせていますよ。

大人の論理 ウザギ小屋でも、広く感じさせよう。

                            大人のクイズ 逢沢明著より
いやぁ、参考になりクイズでした。

どっからでも、人間学べます。

                       Shigeki HAMAGUCHI
by viare | 2007-02-04 04:18 | エスプリ編
ようやく
なんかずっと前から、来ようと思っていたのですが、

東京に来るとき休館だったり、ちと、都心から遠いので

移動時間がなくて、なかなか来れなかったのよ。

今回は、最優先にしました。ようやくですね。

いい空気感でした。

彼は、ここから都会を眺めていたんだと・・・・・・

バフェットも田舎ぐらしですが、

もっと、自分の思考を客観してみることができるように

なると、もっと成長できると思いました。

帰りは、早速、不動産屋の前で、土地の価格や

賃貸の家賃みて、一人、頭の中で遊んでいました。

以前のBlogで、ホテルやるっていうようなことを書いたとき

東京の知人が、

『もしかしたら、こんな感じのイメージじゃない?』って、

あるホテルのHP送ってくれました。

今日は、そこに宿泊しています。

確かに、とても参考になります。

ありがとう。K社長。

このホテル、全間取り宿泊する価値あるね。

床材は、東桜のマンションと同じ材質。

けっこう高いの使ってるわ。

宿泊代もそんなに高くないし、

うまく作ってあります。って、自分何様だよ。ですね。




写真は、正直です。

かっこいいおっさんのように写る予定がダメでした。とほほ。

それなりにしか、写りません。

小さめのアップにさせていただきました。

今日は、だらだらですんません。

夜中お付き合いいただいた、Hさん

K社長、Eちゃん、Y社長ありがとうございました。

それにしても、@いう間の時間でしたね。

名古屋に来るときは、お任せ下さい。

                             Shigeki HAMAGUCHI
by viare | 2007-02-03 02:40 | いい感じ編
episode3
昨夜は、今の僕があるのは、この人のおかげという

僕のメインバンクの理事長さんと会食。

知り合って7年ぐらいになるのだが、

出逢った頃は、ネクタイもしめず、

髪型は、茶髪で、メッシュすんごく入ってて、

差し出す名刺はフェラーリの赤で、

会社名はなしで、名前と携帯とメルアドだけで

俺が会社だってな具合。

超生意気な僕でした。

こんな奴に、とてつもないお金を貸してくれたおかげで

今の僕があります。

そんな僕に、君のおかげで今のうちがあるんだよ。と

そんなことは全くないですが、いつも褒めてくれます。

この方と直接共有した時間は短いですが、

いつも話題に出してくれているようで、

地元では、ある程度の経営者の方とお話をする機会があると

理事長が君の事褒めてたよ。と言われます。

話を書けばきりがないのでやめますが、

10年ぐらい先までのビジョンをしっかり話してきました。

その頃は、きっと定年でいないと思いますが、

『ホテルの土地は、僕のお金と金融機関で賄います。

(確約はしていません。(笑))

出資して良かったと自慢できるホテルを創るので

個人でも、ホテルにお金だしてください。

よろしく。』っていっときました。

笑って、『いい場所探せよ。』といってくれましたが、、、。

それにしても、濱口君は、いつも楽しそうに仕事の話をするなぁ、と

言われたので、

『言い方は、よくないかもしれませんが、

毎日、不動産とSEXしてるような感じで

気持ちがいいんですよ。』と、

ちょいとMacチックに答えておきました。

ずっといつ使おうか、寝かしていた文言ですが

Blogではなく、今日使いました。

理事長には、ウケましたよ。

(はずしそうな相手だとヤバイけどね。

これがわからん奴は、たいした奴じゃないからいい。かな。)

担保主義ではなく、熱意だけの若い奴を

認めてくれ、力があり、決断力のある人に

出逢えた僕は、世界一の幸せ者だと思います。

なんか書きながら、今日は、しみじみしています。

そして、ふつふつと、益々やる気が湧いてきています。

では、タイトルです。

ようやく解体に入りました。

e0090744_23261995.jpg


なぜ、12月に壊さなかったというと、

1月1日時点の所有者に対して

固定資産税がかるのですが、

住宅用地は軽減されるのです。

簡単にいうと更地のほうが高い。

覚えておくといいですよ。

詳しくは、広瀬さんの

不動産経営の常識・裏ワザ・隠しワザ』を読むといいですよ。

知っていそうで知らないこと、詳しく書いてあるからさぁ。

前は、10世帯ほどのアパートでした。

でも、解体費も高くなったね。

廃材捨てるのにお金がかかるからしょうがないし、

また、解体は安すぎる業者だと

後々問題がでることも多く、きっちりといい業者を

探さないといけない。

5社ほど、相見積とりましたが、

結局は、信頼もおけて値段も安かったのが

友人の会社でした。

A社長すんません。

Aちゃんだけでよかったね。見積もりは・・・・・。てへ。

今後、企画、設計、建築と入っていくのだが、

今までは、すべてある程度、コストを支払い

ゼネコンに丸投げしていればすべてやってくれるので、

(でも、けっこううるさく言わないと手抜くけどね。)

楽でよかったのだが、

今からはそうはいかない。

自ら考え行動して新規物件の

コストを下げて創りあげていかなけばいけない。

今回からは、現場監督とイタリアの友人以外は、

すべて1から業者・人と探していく。

通常通りのやり方だと、全く数字が合わなくなってきてるからね。

それに、この物件で最後ならなんとか方法はあるけれど、

次のホテル建設の勉強のためにも、

動けるだけ自分で動いて、目で確かめて、作業を

選別していかないといけない。

『人は、逆境の時ほど成長できる。』

まだまだ、やることいっぱい、楽しんでがんばんべ。

                      Shigeki HAMAGUCHI
by viare | 2007-02-02 00:15 | 新規物件ing編
おもちゃ箱
友人の和楽器屋の社長さんのBlog

朝から読んで笑わせていただきました。

『彼は天才です。自分でそういってるとこが

すごいところです。』らしいです。

ご紹介どうもでした。(笑)

きっと、リッツの角部屋の写真だな。どう、当たり?

昨夜は、僕が所属する勉強会の『新塾長情熱伝播の会』という

会合に参加。

新しい塾長や副塾長の元気をいただけました。

募集でお返ししないとなぁ。

今日から2月です。楽しく行きましょう。

では、タイトルです。

誰でも、ガキんちょの頃は、

大人よりずっと感性があって、

自由な創造力をもっています。

目に見えるモノ、

目に見えないモノだけではなく、

自分の頭の中に空想の世界があり、

実にさまざまなイメージを描いているのです。

その空想の世界で描いたものを

おもちゃ箱にいっぱいつめて、

好きなときに取り出し、

また新たな空想の世界を

創り出す糧にしていました。

このように毎日、毎日過ごしているから

子供は夢をたくさん持っています。

その夢に自分の未来を重ね合わせながら

成長していくのです。

でも、大人になるにつれてだんだん現実的になり

型にはまってしまう人が多くなります。

どこにおもちゃ箱を忘れてきたのか、

捨ててきたのかわかりませんが、

現実の生活だけで、毎日、生きていくようになっちゃうんだよなぁ。

で、何かやりたいことがあるはずだと考えていても

何も見つからず一生が終わってしまう人も多いと思います。

でも、ないものは、しょうがないじゃん、と思う前に

子供の頃のおもちゃ箱を探してみればいかがでしょう。

このイメージのおもちゃ箱の中には、

過去だけではなく、未来がたくさん詰まっているんですよ。

                    Shigeki HAMAGUCHI
by viare | 2007-02-01 00:03 | ちと真面目編
foot

Copyright © 2005 HAMABUILL. All rights reserved.