人気ブログランキング | 話題のタグを見る
  濱ビル株式会社  
HOME コンセプト 新提案 Viareマンション Haman Resort オンラインショップ 会社概要 お問い合せ

ボンジョ~ルノ!!    MILANOの街並みとBALIの空気が大好きな男。四十代のテーマは、『熱く生き切る。』           濱ビルCEO濱口茂樹のブログです。
by viare
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
全体
イケてる編
ちと真面目編
いい感じ編
毒吐き編
つぶやき編
イカした不動産編
新規物件ing編
飲み屋編
とほほ編
恋愛編
常識を疑え
優位に立つための心理トリック
モノの値段
奥山清行デザイン論
エスプリ編
成功への道筋
Today’s Wine
ショートストーリー
イタリア小話
驚き編
モテるための理論と戦略編
独り言編
Baliの話
以前の記事
2013年 12月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
ブログパーツ
その他のジャンル
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
よろしければ・・・。
僕は、怖がりで基本的にあぶないことはしないので

サーフィンをしないのだが、僕の周りは、

けっこうサーフィンをしている人が多いようだ。

彼らが、ヌガラに来た時の遊び場を見つけておこうと散策。

近くの海でも、できないことはないが、

岩が少しあるのでケガでもすると危ない。
よろしければ・・・。_e0090744_16511092.jpg
車で10分ぐらいのところに、地元のサーファーの子たちが

いるビーチを場所を発見。てへへ。

後は、いつもの散歩コース。

このあたりが、きちんと出来て

TV・雑誌に登場しだすと楽しいです。

まっ、来年あたりでしょう。

ソムリエのSさんにご紹介を受けた本が読み終わった。

「僕が葬儀屋さんになった理由」・・・富安徳久著

直接お会いしたことはないが、

素晴らしい方ですね。

何度も著者の社長の想いが伝わり

けっこう涙が出てきてしまった。

何か後で読み直すと、・・・でしたが、

読んでいる時は、体が熱っつくなった文章を

御紹介します。

「死んだ人を物だと思えば楽かもしれないと思ったが、

それは私にはできないことであった。

人を感動させ、その感動を

私にもらうことがこの仕事のやりがいなのに、

人の死に無感動になることは

それを放棄することになるから。」

もしかしたら、BALIでこの本を読んだから

フツー以上に感動してしまったかもしれません。

生きてる。ということは、当り前のことなのですが、

こちらにいると、とっても深いところで、

生きてるということを感じます。

だから、対極する「死」に対しての文章から読み取れる行間に

僕の琴線に異様に響いたのかもしれません。

                    Shigeki HAMAGUCHI
by viare | 2008-12-30 07:50 | 独り言編
<< よろしく・・・ 変 >>
foot

Copyright © 2005 HAMABUILL. All rights reserved.