人気ブログランキング |
  濱ビル株式会社  
HOME コンセプト 新提案 Viareマンション Haman Resort オンラインショップ 会社概要 お問い合せ

ボンジョ~ルノ!!    MILANOの街並みとBALIの空気が大好きな男。四十代のテーマは、『熱く生き切る。』           濱ビルCEO濱口茂樹のブログです。
by viare
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
全体
イケてる編
ちと真面目編
いい感じ編
毒吐き編
つぶやき編
イカした不動産編
新規物件ing編
飲み屋編
とほほ編
恋愛編
常識を疑え
優位に立つための心理トリック
モノの値段
奥山清行デザイン論
エスプリ編
成功への道筋
Today’s Wine
ショートストーリー
イタリア小話
驚き編
モテるための理論と戦略編
独り言編
Baliの話
以前の記事
2013年 12月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
ブログパーツ
その他のジャンル
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
本の感想
雨季ということもあり、

1日一時だが、強い雨が降る。

今、雨は上がり、心地よい風がふいています。

立川談春の「赤めだか」を読んだ。

読み終わってから

じわっと感動が押し寄せてきた。

談志師匠の最後の言葉は、実に深かった。

少しだけご紹介しよう。

『談春さんの家の近くには競艇場があって

日曜日になると子供にくれるお菓子が楽しみで

父親にせがんで連れて行ってもらっていた。

競艇場でもらうチョコフレークは格段にうまく、

談春さんにとっては、この世で一番上等なお菓子だった。

ある日、チョコフレークがビスコに替わった時は

泣いて悔しがった。

父親は80円の菓子ごときに泣きだす息子にあきれ

最後には怒り出し、競艇場の売店にあるだけの

チョコフレークを買うと

「全部食え、一つでも残したらゆるさん」と、

幼き談春さんに渡した。

3つまでは、おいしく食べれた。

4つ目は我慢すれば食べられ残りは限界で、

食べるふりをして鳩にあげていたらしい。

そして三羽の鳩は、チョコフレークを2箱ついばむと

飛び立ってしまった。

恐る恐る父親をみたら実の息子に対して

どんな感情を持てばこんな怖い目ができるのだろうと

思うような目で睨みつけていた。

「もう食べられません」

「食え」

「ごめんなさい」

「菓子をほしがるのは子供の権利だが

権利を主張するなら義務がついてまわるんだ。

覚えておけ。

一つも残さず食え。」

このとき、幼き談春さんは、競艇場のスタンドで

泣きながら権利と義務の因果関係について学んだ。

そして、未だにチョコフレークを食べると

人間の自由とは何かと考える。

鳩の無責任さを思い出すらしい。』

粋な父親ですね。

少しだけ思い出した話を書きましょう。

以前、このBlogに書いたことがありますが、

僕は、幼い頃、血の繋がっていない祖母に育てられていた。

とても、かわいがってくれて、旅館を経営していた祖母は、

お金儲けもうまく

僕が、ほしいものは何でも買ってくれた。

うちの両親は、甘やかされて育つ僕を苦々しく思っていたようだが、

言えなかったらしい。

(僕の祖母のイメージは、美空ひばりなんですよ。

だから、ひばりちゃんの特集などをTVで放映すると

相方に、「何、そんなん見てるのよ。」と言われながらも

祖母を思い出しながら、ひばりちゃんを見てしまう。)

ある日、弟と妹が、僕のおもちゃを貸してほしいと言ってきた。

祖母は、初孫ということもあり、

僕だけを可愛がってくれていたのだ。

意地悪な僕は、「やだよ。僕が、買ってもらったんだもん。」と・・・。

そんな僕の態度に父親は、キレたらしく

僕の持っていたおもちゃを、すべて燃やし捨てた。

本当ならとても悲しいことだと思うのだが、

僕の感情は、全く悲しくなく

「また、おばあちゃんに買ってもらおう」、だった。

今になって思えば、最悪のガキでした。

悲しいことだが、祖母は、僕が小学4年生の時に倒れ

7年ほど病院で過ごし亡くなりました。

その後、甘やかされることなく育てられた僕は、

自分の最大の味方がいなくなるということは、

恐ろしいと思いました。

ちょっと、長くなりすぎましたね。

では・・・また。

                       Shigeki HAMAGUCHI
by viare | 2008-10-27 18:01 | 独り言編
<< 違い 経済がこんな感じだと >>
foot

Copyright © 2005 HAMABUILL. All rights reserved.