人気ブログランキング | 話題のタグを見る
  濱ビル株式会社  
HOME コンセプト 新提案 Viareマンション Haman Resort オンラインショップ 会社概要 お問い合せ

ボンジョ~ルノ!!    MILANOの街並みとBALIの空気が大好きな男。四十代のテーマは、『熱く生き切る。』           濱ビルCEO濱口茂樹のブログです。
by viare
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
イケてる編
ちと真面目編
いい感じ編
毒吐き編
つぶやき編
イカした不動産編
新規物件ing編
飲み屋編
とほほ編
恋愛編
常識を疑え
優位に立つための心理トリック
モノの値段
奥山清行デザイン論
エスプリ編
成功への道筋
Today’s Wine
ショートストーリー
イタリア小話
驚き編
モテるための理論と戦略編
独り言編
Baliの話
以前の記事
2013年 12月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
ブログパーツ
その他のジャンル
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
男と女性の認識のずれ
昨日、2社友人の会社を訪問。

そういえば、ジムも2回いってしまった。

全くアポを取っていなかったが、

久しぶりにお話できた。

家で夕食のつもりだったが、

急遽、四川料理へ・・・。

普段、ビールはほとんど飲まないのだが、

この暑さのせいか、3杯も生中を飲んでしまった。

それにしても、暑い中での四川料理は最高である。

いいお店を紹介してもらった。

外観からして、うまそうなお店でなかったが、

見かけによらないぐらい、うまかった。

外見からして優しそうでないのに

見かけによらず優しい

K社長、ありがとやんした。

S社長ちゃんも、突然の訪問に

対応いただきありがとやんした。

僕の自慢・・・いやいや本当の話にもお付き合いいただきました。

びっくらこいたでしょ(笑)。

では、タイトルです。

今回の内容は、1度や2度の体の関係ではなく

ネンゴロ(言い方、古~~~い)の関係で

相手が、『奥さんと別れてよ。』とか

『あなたの子供がほしいの。』と、

ヤッヴァイ状態になぜなるのか

書いてみましょう。

そういわれると大体の男は、

「家庭があることは最初からわかっていただろう。」と、

独身の女性をなだめますが、

恋する女性には通用しません。

もちろん女性も付き合い始めた当初は、

相手とずっといたいと思ってはいなかったのですが、

時が経つにつれ独占したくなるのは、

愛が深ければ深いほど当然なのです。

まっ、僕の経験上、

あまり多くはありませんが、

女性は、男に対して何かメッセージを出したはず。

そこで、男は、気軽に『うん。』とか『いいよ。』とか

女性の気持ちスイッチを押してしまったのだ。

友人たちで、メッセージって何?と、

気になる人は、飲んだ時にでも

教えましょう。

仲の良い友人たちを修羅場にしたくないですからね。

話戻りまして、男と女性では

愛に対する認識が多少ずれがあることを

忘れてはいけません。

女性は、メモリーだけではなく、

愛している証として、

結婚という事実や二人の子供が欲しいといった

具体的な実を求めるのです。

これに対して男は、

二人が愛し合っている事実だけが必要で、

それから先の現実的な問題からは逃げようとしているのです。

もちろん、女性からすれば卑怯なことです。

でも、考えて見てください。

気持ちスイッチを押させた男が悪いのは

絶対ですが、ちょっと、このあたりの話は置いておいて

恋において男は花だけで満足なのに

あるいは、花であるから求めているのに

女性はその先の実をほしがるようになってきます。

結婚をしている男は、すでに妻や家族という実をもってはいるが、

それは花とは程遠い殺風景なものだけに

実とは違う花を求めているわけなのです。

この感覚を女性にわかってもらうのは難しいですね。

まっ、遊びたい人は、

うまく遊びましょう。

男には、外に出て狩をし、

食べ物を家に持ってくる狩猟民族のDNAが

刷り込まれているので、

こればかりは、男のせいではなく、

神様がこのように創ったのでしょうがない。

                     Shigeki HAMAGUCHI
by viare | 2008-07-25 03:38 | 恋愛編
<< 最近お気に入りの言葉 経費 >>
foot

Copyright © 2005 HAMABUILL. All rights reserved.