人気ブログランキング | 話題のタグを見る
  濱ビル株式会社  
HOME コンセプト 新提案 Viareマンション Haman Resort オンラインショップ 会社概要 お問い合せ

ボンジョ~ルノ!!    MILANOの街並みとBALIの空気が大好きな男。四十代のテーマは、『熱く生き切る。』           濱ビルCEO濱口茂樹のブログです。
by viare
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
イケてる編
ちと真面目編
いい感じ編
毒吐き編
つぶやき編
イカした不動産編
新規物件ing編
飲み屋編
とほほ編
恋愛編
常識を疑え
優位に立つための心理トリック
モノの値段
奥山清行デザイン論
エスプリ編
成功への道筋
Today’s Wine
ショートストーリー
イタリア小話
驚き編
モテるための理論と戦略編
独り言編
Baliの話
以前の記事
2013年 12月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
ブログパーツ
その他のジャンル
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
モノの値段Part31
今週は、早いような遅いような・・・。

それにしても、体力の限界ぐらいまで飲んだなぁ。

二日酔いというものが、けっこうあったのだが、

去年ぐらいから、ワイン・シャンパン以外あまり

口にしなくなった。

僕の身体に合うようで、飲むワリに二日酔いがない。

煙草をやめたことや食事も変えたことも、

影響しているのだろう。

ただ、友人たちは、ワイン・シャンパンは、

合わないようで

けっこう悪酔いする人が多く、

『濱口さんと飲むと、必ず二日酔いになる。』と、

言われる。

この時期は、引越しシーズンのためか

空いてるマンションの宣伝なのだが、

テレビに、賃貸物件が多く出てくる。

仕事なので、しょうがないが、

芸NO人たちが、

『すごい。』

『住みた~い。』と、ほざいている。

本当にいい物件は、テレビに出る前に

決まっちゃってるんだけどね。

それにしても、東京の家賃は、高いですね。

食事も高いし・・・。

あんな家賃を払えるってすごいなぁ。

表面上は、お金持ってそうに見えるけど

金貯まらないだろうな。

やっぱり僕は、田舎の兄ちゃんでいいですわ。(笑)

さてと、今日は、美容室にでも顔をだして、

少し作業でもしようかな。

では、タイトルです。

気持ちよく酒を飲む席で、

出された一合トックリの中身を計算して

『おいオヤジ、このトックリには一合入ってないぞ!』と、

難癖をつけるケチな客はまずいない。

そこが店にとっては大きな狙い目だ。

たいていの居酒屋では、

上げ底やふちの分厚いトックリが使われ、

そのなかに入る酒は七勺か八勺がいいところ。

ひどい店になると、

六勺しか入らない代物を使っているが、

これには、”六勺ふんどし”にかけて

”六勺ドックリ”の別名がある。

飲食店はある意味悲しい商売で、

かんたんに値段を変えられない。

一割料金をアップすると、

二割客足が遠のくという世界なのだ。

飲食店が、儲けを増やそうと思えば、

何とか原価を落とすことに努力するしかない。

とはいっても、味が落ちると客は逃げるし、

量を減らしたことがバレると、

やはり店の評判を落とすことになる。

そこで客にわからない仕掛けが、

次々と編み出される。

けっこう大人数の時は、あやしいですよね。

1人前と5人前は、本当に五倍の量か、

と思うときがあります。

ともかく、飲食店の勝負は味にある。

質を落とすよりは、

量を落としたほうが、

客は逃げないというのも、

一つの法則だという。

                        Shigeki HAMAGUCHI
by viare | 2008-03-16 00:18 | モノの値段
<< 勝手なルール なんとなく感じた話 >>
foot

Copyright © 2005 HAMABUILL. All rights reserved.