濱ビル株式会社  
HOME コンセプト 新提案 Viareマンション Haman Resort オンラインショップ 会社概要 お問い合せ

ボンジョ~ルノ!!    MILANOの街並みとBALIの空気が大好きな男。四十代のテーマは、『熱く生き切る。』           濱ビルCEO濱口茂樹のブログです。
by viare
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
イケてる編
ちと真面目編
いい感じ編
毒吐き編
つぶやき編
イカした不動産編
新規物件ing編
飲み屋編
とほほ編
恋愛編
常識を疑え
優位に立つための心理トリック
モノの値段
奥山清行デザイン論
エスプリ編
成功への道筋
Today’s Wine
ショートストーリー
イタリア小話
驚き編
モテるための理論と戦略編
独り言編
Baliの話
以前の記事
2013年 12月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
ブログパーツ
その他のジャンル
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
モノの値段Part22
昨日は、以前からの予定もあり

少し遠出をした。が、

一昨日の体調の悪さがぶりかえすといけないので、

食事に気をつけ夜は、家でゆっくりした。

僕は、スピリチュアルという言葉が好きではないし、

出演者たちもなんだかなぁという感じなので、

オーラの泉』という番組は、ほとんど観たことがない。

ただ、昨日は、観るビデオもなくなり

読む本もなかったので

ガキと戯れながら、

陣内智則君が、出ていたので

チャンネルを変えずに、耳をかたむけていた。

ど~でもいい前世の話は、別として

いやぁ、僕のこと?と、思うぐらい

彼と性格が似ているように感じた。

では、タイトルです。

不幸にして、家族が交通事故にあった場合、

加害者に対して賠償金が請求できる。

家族を亡くした悲しみやケガをした痛みは、

お金では癒されないだろうが、

この賠償請求は当然の権利。

しかし、男女平等が建前のはずの現在でも、

この賠償金について男女の差がはっきりしている。

一例をあげると、『命』に関しては男のほうが高く、

『顔』の傷については、女のほうが高いのである。

運悪く、家族が亡くなった場合、

賠償金額は、一般にホフマン方式と

呼ばれる方法で算出される。

その場合、逸失利益が、

「平均賃金」を基礎に算出されるので、

男女に差が生じてしまうのである。

賃金と関係ない子供が亡くなった場合でも、

将来手にしたであろう「平均賃金」が、

算定の基準になり男の子が死んだ場合と

女の子が死んだ場合では、

金額に差が出て男の子の方が高くなる。

将来、どんなふうに成長するか、

全くわからない段階で、

数百万円も差がでてしまうのである。

その一方で、

「女子の外貌に著しい醜状を残すもの」は、

第七級の後遺症に認定されると決められている。

つまり、女の子の顔が傷ついたとき、

とくに、慰謝料が支払われる。

その額は、男性が両方の睾丸を失い、

生殖能力がなくなったときと、

ほぼ同じだが、男の子の顔の傷に対する特別な規定はない。

法律のウラには、

明らかに女性は「顔が命」という考え方がある。

                          Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2008-01-13 00:18 | モノの値段
<< "決まり"... 不幸 >>
foot

Copyright © 2005 HAMABUILL. All rights reserved.