濱ビル株式会社  
HOME コンセプト 新提案 Viareマンション Haman Resort オンラインショップ 会社概要 お問い合せ

ボンジョ~ルノ!!    MILANOの街並みとBALIの空気が大好きな男。四十代のテーマは、『熱く生き切る。』           濱ビルCEO濱口茂樹のブログです。
by viare
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
イケてる編
ちと真面目編
いい感じ編
毒吐き編
つぶやき編
イカした不動産編
新規物件ing編
飲み屋編
とほほ編
恋愛編
常識を疑え
優位に立つための心理トリック
モノの値段
奥山清行デザイン論
エスプリ編
成功への道筋
Today’s Wine
ショートストーリー
イタリア小話
驚き編
モテるための理論と戦略編
独り言編
Baliの話
以前の記事
2013年 12月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
ブログパーツ
その他のジャンル
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
慰める
昨夜は、ある不動産屋の新店舗移転のPartyに・・・。

時代が違うのか、

社長が沖縄出身だからかわからないが

とてもだらしない奴で

約束を守らない、

連絡もない人なので、

どうしても一言文句がいいたかったので

10分ぐらい顔をだした。

案内状を僕に、郵送する自体、

頭おかしくないか?

その後は、別の不動産屋の友人と会食で、

最後は、

飲み屋を経営している後輩の

新年の挨拶にお付き合い。

いやぁ、世の中には

きれいなおねぇちゃんはたくさんいますが

タイプの娘を見つけるのは

大変ですねぇ。

では・・・。

失恋した女性に

『あきらめなよ。』と言ってみても仕方がない。

本人もあきらめたいのだが、

あきらめるきっかけが、みつからないのでいるからね。

何らか方法で、きっかけを与えてあげないといけない。

ひとつの方法なのだが、

精神分析学の始祖ジグムント・フロイトが

神経症患者の精神の葛藤を分析するために

「自由連想法」というものを考案した。

つまり、最初に患者が口にした言葉が、

しだいに無意識の闇の中にかくれた種々の観念を

呼び起こして、制圧されていた思想を掘り起こすというのである。

意気消沈している人たちは、その原因となっている観念に

しばられていることが多い。

だからこの観念の縄を言葉によって解くことが

気を楽にする上で大切なのである。

やり方は簡単で、

失恋した相手の名前を聞く。

例えばですが、『木村拓哉』

「では、その木村拓哉から連想できる言葉を

1つあげてください。」

連想できる言葉は、動詞、形容詞、名詞である。

動詞・形容詞の場合は、次に

「どんなものを連想しますか?」

名詞の場合は、

「それはどんな感じですか」

次々に連想させていくと

初めは、失恋した男性への感情にしばられて

男性と関係のある言葉を連想するが

徐々に男性の世界の言語から遠ざかっていく傾向がある。

例えば

木村拓哉→かっこいい→モデル→顔が濃い→彫刻

→考える人→座っている→疲れている→

滋養強壮剤→効く→納豆

そこで、ころあいを見計らって「木村拓哉から納豆まで

きちゃったね。」などど言ってみる。

たいていの人は、ここでホッとしたふうな表情を見せる。

つまり、彼女は、木村拓哉の呪縛から

言葉で脱出したのだ。

使う使わないとはともかく

覚えておいて損はないでしょう。

                             Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2008-01-11 09:39 | 飲み屋編
<< 不幸 比較のトリック >>
foot

Copyright © 2005 HAMABUILL. All rights reserved.