人気ブログランキング | 話題のタグを見る
  濱ビル株式会社  
HOME コンセプト 新提案 Viareマンション Haman Resort オンラインショップ 会社概要 お問い合せ

ボンジョ~ルノ!!    MILANOの街並みとBALIの空気が大好きな男。四十代のテーマは、『熱く生き切る。』           濱ビルCEO濱口茂樹のブログです。
by viare
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
イケてる編
ちと真面目編
いい感じ編
毒吐き編
つぶやき編
イカした不動産編
新規物件ing編
飲み屋編
とほほ編
恋愛編
常識を疑え
優位に立つための心理トリック
モノの値段
奥山清行デザイン論
エスプリ編
成功への道筋
Today’s Wine
ショートストーリー
イタリア小話
驚き編
モテるための理論と戦略編
独り言編
Baliの話
以前の記事
2013年 12月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
ブログパーツ
その他のジャンル
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
モノの値段Part19
昨夜も楽しい時間でした。

朝起きたら、下着on下着でした。

よ~わからん。

いやぁ、遊びすぎだなぁ。(笑)

では、日曜日のタイトルです。

葬儀屋の営業は難しい。

生死の境をさまよう患者のもとへ

「え~、葬儀屋でございます。」といえば、

家族に張り倒されるだろう。

かといって、遺族の悲しみが癒えるまで待っていると、

ほかの葬儀屋に仕事をとられてしまう。

元気なうちに、「そろそろでしょうか」と行くのも、

「縁起でもない」と問題外である。

いちばん効率的なのは、

大病院の専属業者となることである。

遺族に、担当の医者や看護婦が、

「葬儀はどうしますか」とたずねても

不自然ではないし、

「あてがなければ、紹介もしますよ」と

”営業活動”もスンナリできる。

病院に食い込んでおけば葬儀屋という商売、

安定した収益をあげることができるのである。

その代わり、病院で紹介してもらう葬儀屋は、

一般に料金が高いといわれている。

料金が高いのは他社と競争する

必要がないからである。

例えば病院とは無関係の葬儀屋は、

つねに同業他社と値段や中身の比較をされている。

おばさんたちの口コミの威力はすさまじく、

値段が高いとか、何か落ち度があると、

すぐに悪い評判となって広まってしまう。

ところが病院に食い込んでいる葬儀屋は、

評判を気にしなくてもいいから値段が

少々高かったり失礼があっても次の仕事にそう響かない。

しかし、ウラでは他社とも激しい戦いを繰り広げている。

新たに、病院の専属業者の座を狙う葬儀屋との戦いである。

他社を寄せ付けないためには、

院長や看護婦長にマージンを支払わないといけないのだ。

                         Shigeki HAMAGUCHI
by viare | 2007-12-23 09:22 | モノの値段
<< なんでだろう 軽めに・・・。 >>
foot

Copyright © 2005 HAMABUILL. All rights reserved.