人気ブログランキング | 話題のタグを見る
  濱ビル株式会社  
HOME コンセプト 新提案 Viareマンション Haman Resort オンラインショップ 会社概要 お問い合せ

ボンジョ~ルノ!!    MILANOの街並みとBALIの空気が大好きな男。四十代のテーマは、『熱く生き切る。』           濱ビルCEO濱口茂樹のブログです。
by viare
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
イケてる編
ちと真面目編
いい感じ編
毒吐き編
つぶやき編
イカした不動産編
新規物件ing編
飲み屋編
とほほ編
恋愛編
常識を疑え
優位に立つための心理トリック
モノの値段
奥山清行デザイン論
エスプリ編
成功への道筋
Today’s Wine
ショートストーリー
イタリア小話
驚き編
モテるための理論と戦略編
独り言編
Baliの話
以前の記事
2013年 12月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
ブログパーツ
その他のジャンル
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
モノの値段Part17
昨夜は、母親と美容室の従業員と相方を

お誘いしてオーパスさんの2周年ディナーへ・・・。

本当は兄弟も誘いたかったのですが

焼肉屋・真ら~めん屋・しんは、営業だしね。

皆様に喜んでいただきました。

これで、終わるわけではなく

もう1件お店へ・・・。

いつものごとく飲んでいると

相方の早く帰りたい光線が・・・。

昨夜は、まぁ適当に帰れました。

では、日曜日ネタです。

店内の小汚いラーメン屋にうまいところはない。

うまいラーメン屋というのは、

たとえ建物が古くても店の隅々まで

掃除がしてあってオヤジの目がよくゆき届いているものだ。

また、値段に関していうとうまいラーマン屋の値段には

”端数”があることが多い。

500円ジャストではなく520円などという値段が

ついているのである。

これは、オヤジの目がメニューにも

ゆき届いている証拠といえる。

ラーメンの値段は、

材料費や人件費、家賃などのコストから決められるが、

月日がたつと、コストは上がる。

たまには、値上げしなければやっていけない。

そのとき、1杯500円のラーメンを20えん値上げすると、

常連客は敏感に反応する。

500円という額が覚えやすいため、

端数がつくと値上げされたことが

すぐにわかってしまうからである。

ところが、もとから520円と端数が

あれば20円アップしても540円とさほど違和感はない。

もちろんすぐに気づく人もいるだろうが、

500円が520円になるのと

520円が540円になったのでは、

客が感じる心理的抵抗はどちらが大きいかという問題である。

つまり、客の心理まで気を配って値段を

設定している店は、1本の麺、ひとしずくのスープにまで

心がゆき届いていてうまいはずだというのである。

ラーメン業界では500円とか600円という値段は、

”丁度価格”といって、

素人経営者の象徴といわれている。

                          Shigeki HAMAGUCHI
by viare | 2007-12-09 03:58 | モノの値段
<< ナイスなアイデア 帰りのバス >>
foot

Copyright © 2005 HAMABUILL. All rights reserved.