濱ビル株式会社  
HOME コンセプト 新提案 Viareマンション Haman Resort オンラインショップ 会社概要 お問い合せ

ボンジョ~ルノ!!    MILANOの街並みとBALIの空気が大好きな男。四十代のテーマは、『熱く生き切る。』           濱ビルCEO濱口茂樹のブログです。
by viare
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
イケてる編
ちと真面目編
いい感じ編
毒吐き編
つぶやき編
イカした不動産編
新規物件ing編
飲み屋編
とほほ編
恋愛編
常識を疑え
優位に立つための心理トリック
モノの値段
奥山清行デザイン論
エスプリ編
成功への道筋
Today’s Wine
ショートストーリー
イタリア小話
驚き編
モテるための理論と戦略編
独り言編
Baliの話
以前の記事
2013年 12月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
ブログパーツ
その他のジャンル
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
モノの値段Part11
少し遠いが、アメイジングワールドという処に行ってみた。

今度は、平日に連れていってやろう。

自由に、遊ぶために、

サービスの時間は必要である。

それにしても、今のガキどもは、幸せだなぁ。

僕が、汗かくぐらい遊びましたよ。(笑)

親のために、マッサージ器が

すんごい置いてある。

何十台も・・・・・。

1台定価で多分40万弱ぐらいのなので、

コレだけでも設備投資すごいわ。

家に帰ってHPを見てみたら

名古屋の会社が経営でした。

江南市というところにあるのだが、

道中、外を眺めていたら

空き店舗が多かった。

この辺りの大家さんも、大変だなぁ。

では・・・。

スーパーの店先で

小さな花束を売っているところは多い。

しかも、その花束が10本200円~300円と

花屋のものに比べてもかなり安い。

家庭に飾るなら

「ちょうどいいわね」という値段で、

買い物ついでのお母さんたちに結構人気なのである。

業界では、こんな花のことを

「カジュアル・フラワー」と呼んでいるが

スーパーやコンビニで売られる花たち、じつは、

花の世界の”落ちこぼれ”なのである。

あまり知られていないが

国内産の花は、毎日

市場でセリにかけられている。

魚や野菜と同じシステムなのだが、

花の場合は、100本単位で

セリにかけれれていく。

市場のセリで花を買うのが

「仲卸」と呼ばれる問屋さん。

しかし、この仲卸が100本単位で

セリ落とした花のなかには、大きさや形、

色合いが規格とは多少ちがうものが

まじっている。

素人目にはわかりづらくても、

見る人がみれば

「ちょっとちがうな」という花である。

こんな花は、プロである花やさんは

買ってくれない。

そのため、仲卸は、花屋に卸す前に

この”落ちこぼれ”の花たちを抜き出してしまう。

といって、捨てるのはもったいないので、

スーパーに安値でもちこまれ

「よろしければ、買ってね」という雰囲気で

安く小売りされているのである。

ただし、こういう事情のため

「カジュアルフラワー!」は種類がそろっていない。

                   Shigeki HAAMGUCHI
[PR]
by viare | 2007-10-28 00:08 | モノの値段
<< 応援 ショートストーリー四 >>
foot

Copyright © 2005 HAMABUILL. All rights reserved.