人気ブログランキング | 話題のタグを見る
  濱ビル株式会社  
HOME コンセプト 新提案 Viareマンション Haman Resort オンラインショップ 会社概要 お問い合せ

ボンジョ~ルノ!!    MILANOの街並みとBALIの空気が大好きな男。四十代のテーマは、『熱く生き切る。』           濱ビルCEO濱口茂樹のブログです。
by viare
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
イケてる編
ちと真面目編
いい感じ編
毒吐き編
つぶやき編
イカした不動産編
新規物件ing編
飲み屋編
とほほ編
恋愛編
常識を疑え
優位に立つための心理トリック
モノの値段
奥山清行デザイン論
エスプリ編
成功への道筋
Today’s Wine
ショートストーリー
イタリア小話
驚き編
モテるための理論と戦略編
独り言編
Baliの話
以前の記事
2013年 12月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
ブログパーツ
その他のジャンル
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ショートストーリー参
朝からプールいったり、四川マーボー豆腐食べたり、

お風呂3回ほど入り、夕方には、お酒抜けました。ほっ!!

さて、昨日は、ナポリ認定のピザを食べに池下へ。

最初は、さすがに連荘なので

押さえていましたが、

いつものごとく良いメンバーに囲まれたため

また、調子こいてボトルけっこう空けちゃいました。

帰宅後、お風呂で寝ていたみたいで

相方に叱られました。とほほ。

さすがに、遊びすぎた。

土曜日・日曜日は、ゆっくり作業をしよう。

そういえば、タイトル『イヤなヤツ』のこの解答。

来週ぐらいにアップします。

【ある日のこと、缶詰製造会社で長年働いている

社員が、社長のところへ行き、こう言った。

「この会社に来て1年しかたっていないアンが、

私より多く稼いでいるのはどういうわけでしょう?

彼女と私は同じ仕事をしていますし、

私はこの会社に20年近くもいるのです」

社長は窓の外を見ながらこう言った。

「あそこに漁船が見えるだろう?

今から、船の中の人たちと話をしに行ってくれないか。

そして何か興味を引きそうなものがないか、

見てきてくれ」。

1時間後に戻った社員が報告した。

船員の話では、船には積荷が満載で、

母港に戻る途中だとのこと。

そして、ここには食料と物資を補給するために

立ち寄っただけだという。

社長はこう答えた。

「彼らに船荷を売る気があるか、

調べてきてくれ」。

数分後、社員が戻ってきた。

「難しいかと私は思います。地元に帰れば

バイヤーがいて、

かなりいい値段で買い取ってくれるそうです。」

社長は、彼らがいくら受け取っているか、

いくらなら売ってくれるか調べてきてくれと告げた。

夕刻になって社員は、新しい情報をもたらした。

「彼らは20で売っているそうです。

私たちが買いたいなら、それを上回る必要があるようです」。

社長が尋ねた。

「君はいくらぐらいが適当な提示額だと思うかね?」

「私なら、最初は23にします。」

「君は彼らと話をまとめてみようという気はあるかね?」

「あります。明日出かけて行って、交渉してみましょう」

すると社長はアンを呼び寄せ

社員に与えたのと同じ指示を出した。

30分後、アンが戻ってきてこう話した。

――私は船長に、積荷を通常の取引額と同じ額で

買いたいと申し出ました。

私はこう言ったんです。

うちの会社は同じ20で買い取るが、

今夜中に荷降ろしを済ませる、と。

積荷がなければ、1日早く母港に到着できるし

燃料の節約にもなります。

すると船長は、今夜寝るまでに全てのことに

合意できるのなら、話に乗ると言ってくれたのです。

この話、進めていですか?】

年功序列の日本だとそうでもないが、

作業をした経験の長短は、

本当であれば評価の対象にならない。

経験をいかすことは、自分にしかできない。

                   Shigeki HAMAGUCHI
by viare | 2007-10-20 09:48 | ショートストーリー
<< モノの値段Part10 適当に・・・。 >>
foot

Copyright © 2005 HAMABUILL. All rights reserved.