人気ブログランキング |
  濱ビル株式会社  
HOME コンセプト 新提案 Viareマンション Haman Resort オンラインショップ 会社概要 お問い合せ

ボンジョ~ルノ!!    MILANOの街並みとBALIの空気が大好きな男。四十代のテーマは、『熱く生き切る。』           濱ビルCEO濱口茂樹のブログです。
by viare
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
全体
イケてる編
ちと真面目編
いい感じ編
毒吐き編
つぶやき編
イカした不動産編
新規物件ing編
飲み屋編
とほほ編
恋愛編
常識を疑え
優位に立つための心理トリック
モノの値段
奥山清行デザイン論
エスプリ編
成功への道筋
Today’s Wine
ショートストーリー
イタリア小話
驚き編
モテるための理論と戦略編
独り言編
Baliの話
以前の記事
2013年 12月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
ブログパーツ
その他のジャンル
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ショートストーリー弐
朝から往復6時間ちょいかけて

信州上田に、まつたけを食べに。

後、ちょっといけば軽井沢。

年上のおっさんは、いろんなところ知ってますね。

年中行事が増えました。(笑)

岩魚酒を飲んだのですが、

いつもの仲間、よく飲む。

お店もめんどくさかったようで、

一升瓶を出してきて

好きなだけ飲んで、ってさ。

もちろん、帰りは、空でした。ははは。

そして夕方から

月次の勉強会、楽しい日です。

車の中は、皆、携帯片手に仕事ですが

平日の昼間に、こうやって遊べる仲間は、いいねぇ。

一人はお酒を飲まずに運転手してくれるしね。

月次会の後は、スペイン料理、そしてフレンチにレストランバーと

いつものごとく、よ~~~~~~飲みました。

家に帰ったら、頂いた丹波の黒枝豆がありました。

ありがとうございます。Aちゃんのダーリン様。

初めて食べましたが、とても、うまいです。

飲みすぎ食べすぎで疲れました。が、・・・・

野菜中心、で玄米ご飯のおかげで

体重は、まったく変わらず。

すごいことです。

では、・・・。

【ある日、雇われ社長のボス氏は、

部下たちを自分のクローンに変えようと決心した。

それまでのボスは、部下たちを当てにならないと思っていた。

そこで、彼らを自分のクローンに変えれば

そんなこともなくなると考えたのだ。

ボスは4人の部下を

専門クリニックへ連れて行った。

「クローン1」になるのはボスの秘書。

「クローン2」と「クローン3」は部門マネージャー。

「クローン4」は、製品関連の仕事を担当する

プロダクトマネージャーだった。

全てがボスの思い通りに運んだように見えた。

だが数週間後、クローン1がボスに言った。

『会社を辞めようと思います。ここでの仕事に

将来性を感じないのです。』

確かにボスのクローンをこの程度の地位に

配属するのは間違いだった。

もし社員全員が、

指導力と野心を兼ね備えた起業家だとしたら

簡単な作業をする役がいなくなってしまう。

クローン2は怒って、ボスを呼びつけた。

『今のままではとてもやってられません。

社長が私をもっと気にかけ、

私の為に時間を割く気がないなら、

もう私を当てにしないでください。』

クローン3も不満を抱え、ボスに申し立てた。

『私の方は自分がすべきことは

全てやっていますが、適切な解決方法を

指示してもらわなければ、

問題を解決できません。』

ボスは意気消沈した。

新しい部下たちは、反抗的で

何か問題を見つけてはすぐ口答えする。

以前の部門マネージャーたちは、

失敗はあったが自分たちで、問題に対処していた。

クローン4は、決してアドヴァイスを受け入れず、

何が何でも自分の考えを押し通そうとした。

以前のプロダクトマネージャーは自分の考えを

もっていたが、

引き際をわきまえていた。

ボスはもう限界だった。

彼は専門のクリニックヘ行き

部下たちを元に戻してもらった。】

よく言いますよね。

自分が、3人いたらいいのに・・・。

僕は、今でもそう思っていますが、

本当は間違いです。

パートナーや社員を変えるのではなく

自分が変わらなければいけない。

                        SHIGEKI HAMAGUCHI
by viare | 2007-10-13 07:31 | ショートストーリー
<< モノの値段Part9 バランスシート >>
foot

Copyright © 2005 HAMABUILL. All rights reserved.