人気ブログランキング | 話題のタグを見る
  濱ビル株式会社  
HOME コンセプト 新提案 Viareマンション Haman Resort オンラインショップ 会社概要 お問い合せ

ボンジョ~ルノ!!    MILANOの街並みとBALIの空気が大好きな男。四十代のテーマは、『熱く生き切る。』           濱ビルCEO濱口茂樹のブログです。
by viare
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
イケてる編
ちと真面目編
いい感じ編
毒吐き編
つぶやき編
イカした不動産編
新規物件ing編
飲み屋編
とほほ編
恋愛編
常識を疑え
優位に立つための心理トリック
モノの値段
奥山清行デザイン論
エスプリ編
成功への道筋
Today’s Wine
ショートストーリー
イタリア小話
驚き編
モテるための理論と戦略編
独り言編
Baliの話
以前の記事
2013年 12月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
ブログパーツ
その他のジャンル
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
イタリア小話dodici
木曜日から始まったドラマ・『肩ごしの恋人』いい感じです。

あまり好きではなかったのですが、

ここのところ米倉涼子が、異様にBene!

努力の賜物のあのスタイル、粋な性格

見てて気持が良いです。

でも、妄想で、米倉涼子、高岡早紀、若村麻由美が

クラブのママだったら、どの順番でイコウか

どうやってクドこうか、考えてしまいます。

あいかわらず幸せなバカでございます。

僕は、やっぱ若い娘は苦手で

30歳前後の独立した女性に惚れやすい。

う~こまったもんだ。

(僕のこと知っている人は、うなずけるショ。

コメントによけいなこと書かないでくださいね。笑)

若くてきれいな娘の中から年を重ね

おばちゃん化せず、独身で(バツも、はいる)

残ってる人は少ないからね。

で、タイプでないといけないし・・・・。

見る目が厳しいそんなおねぇちゃんは、

オトせる確率も低いですからね。

だから、僕は、好きなんですけどね。

今日は、何を書いてるんだか。ははは。

そういえば、先日の筑波大学名誉教授 村上和雄氏が、

「綺麗な女性を見ると男の遺伝子はスイッチが入る。」と、

話をしていましたよ。

今日は、東京です。

どんな用事で東京にいくのかは、

また今度書きますね。

では、タイトルです。

フランクフルトの中央広場に長い行列ができている。

シチリアから出稼ぎに来たサルバトーレが

行列の先を覗くと、焼き栗の屋台があった。

栗を売っているのは幼なじみで

移民仲間だったカルメーロ。

『すごい景気じゃないか。

僕も別のところで同じ商売をしたいから

ちょっとお金を貸してくれないかな。』

カルメーロは答えた。

『すまないねぇ、

ここに店を出すとき隣の銀行と

紳士協定を結んだんだ。

お互い商売の邪魔はしないって。

だから銀行も栗を売らないし、

僕も金を貸しちゃいけないことになっているんだ。』

                  参考本:シモネッタのデカメロン

これは、捻れば、使えそうですね。

金を貸すほうが悪いのは、わかっていますが、

どうしても、で、借りに来る人はいますねぇ。

先人もいうように、

まぁ、ほとんどが、返ってきません。

いくら、勉強に使ったことやら・・・。

そういう奴らは、貸した人より

派手な生活をしている人は多いです。

見栄ですよ。見栄。

収入以上に使う。

だから、金に困る。

引き算がわかる人なら単純な話です。

ムカつきますが、

思考回路が違うのでしょうね。

だから、僕は、高利貸しに手を出して

金利が高いとか、

ぐちゃぐちゃ言ってる奴らは、

好きではありません。

もちろん、

手助けする弁護士も

好きではありません。

国もTV、マスゴミも、金融屋を悪徳に仕立ててるけど

本当にそうなのだろうか。

まぁ、年金も振り込め詐欺やねずみ講のようなもの

だったようで、誰を信じていのかわかりません。

だからこそ、自分自身の責任の下、

ファイナンシャルの知識は学ばないといけませんね

                   Shigeki HAMAGUCHI
by viare | 2007-07-07 01:01 | イタリア小話
<< 大人のクイズPart57 イタリア小話undici >>
foot

Copyright © 2005 HAMABUILL. All rights reserved.