人気ブログランキング |
  濱ビル株式会社  
HOME コンセプト 新提案 Viareマンション Haman Resort オンラインショップ 会社概要 お問い合せ

ボンジョ~ルノ!!    MILANOの街並みとBALIの空気が大好きな男。四十代のテーマは、『熱く生き切る。』           濱ビルCEO濱口茂樹のブログです。
by viare
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
全体
イケてる編
ちと真面目編
いい感じ編
毒吐き編
つぶやき編
イカした不動産編
新規物件ing編
飲み屋編
とほほ編
恋愛編
常識を疑え
優位に立つための心理トリック
モノの値段
奥山清行デザイン論
エスプリ編
成功への道筋
Today’s Wine
ショートストーリー
イタリア小話
驚き編
モテるための理論と戦略編
独り言編
Baliの話
以前の記事
2013年 12月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
ブログパーツ
その他のジャンル
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
こいつ、なんやねん
昨日は、少し、調子にのって空けた「マッコリ」が残っていて、

だるい1日でした。

まだ、1ヶ月半前に入居した40半ばの女性。

先月分から全く入金もなく、連絡もとれない。

頭に、来たので、ちょいと、あることを・・・。

全く反応がないので、

なんかあったら、嫌なので、警察と不動産屋さんと

現場へ・・・。

ピンポンを押しても、全く出る様子がないので、

鍵を開けたら、内鍵が、かかっていた。

鍵業者さんを呼んで、開けてもらった。

2人で、業者さんは、来たので、

その時、マンションの前には、大の男が5人。

内鍵が、空いて警察の方に、入ってもらった。

部屋の中は、真っ暗。

部屋の間取りは、リビングと寝室だけで、それほど広くはない。

警察が、慎重に、リビングの方へ入って行ったら、

ボケッと、女性が出てきた。

体型から、想像できた僕の第一印象は、

だらしなさそうだなぁ。でした。

『あなたさぁ、あなたが、連絡とれないおかげで、

見ろよ。この人数。大ごとにしやがって、いい加減にしろよ。』

はっきり言って、

僕は、ブチギレていたので、もうお客だとは、思っていないし、

出て行ってもらうつもりでしたので、

いつもは優しい僕だが、ちょっと口調はきつかったかな。

それとは、逆に仲介してくれた不動産屋さんは、

優しく『だめでしょう。家賃は、払えるの?』みたいな・・・。

てなわけで、日にちを決め、その場は、終わる。

それからは、きちんと連絡がとれるようになったのだが、

日にちを延ばす話ばかり。

保証人の親は、

『いい加減な娘で、本当にこちらも迷惑しているので

かかわりたくない。

自由にしてください。』の一点張り。

最終の日にちを決めても、守らなかったので、

僕が、部屋に行き、

『出ろ。鍵貸して。』で、ドアに鍵をかって

『消えろ。』と・・・。

普通なら、荷物もあるし、

荷物は、実家に送るなり、なんかあるでしょう。

こいつ、そのまま1週間たっても、連絡も来ず、

連絡しても、携帯切っている。

たまらんでしょう。

法律が、ウンヌンかんぬんと言われると、

どうしようもないのだが、

自腹で、引っ越し業者さんにお願いして、荷物を出してもらった。

もちろん、捨てるわけにも、いかず倉庫に保管。

まぁ、担保だな。

持ち物みると、担保割れしているが・・・。

それにしても、何を考えているかわからない人でした。

また、学びが増えてしまった。


                 Shigeki HAMAGUCHI
by viare | 2010-08-04 00:08 | イカした不動産編
<< デノミ Izumi >>
foot

Copyright © 2005 HAMABUILL. All rights reserved.