「ほっ」と。キャンペーン
  濱ビル株式会社  
HOME コンセプト 新提案 Viareマンション Haman Resort オンラインショップ 会社概要 お問い合せ

ボンジョ~ルノ!!    MILANOの街並みとBALIの空気が大好きな男。四十代のテーマは、『熱く生き切る。』           濱ビルCEO濱口茂樹のブログです。
by viare
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
カテゴリ
全体
イケてる編
ちと真面目編
いい感じ編
毒吐き編
つぶやき編
イカした不動産編
新規物件ing編
飲み屋編
とほほ編
恋愛編
常識を疑え
優位に立つための心理トリック
モノの値段
奥山清行デザイン論
エスプリ編
成功への道筋
Today’s Wine
ショートストーリー
イタリア小話
驚き編
モテるための理論と戦略編
独り言編
Baliの話
以前の記事
2013年 12月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
ブログパーツ
人気ジャンル
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 03月 ( 28 )   > この月の画像一覧
ホント、忙しいのは良くない
去年ぐらいから、海外が多い分、

作業がたまりやすく、

昨日は、朝から夜まで予定がパンパン。

「僕、仕事の予定いつもパンパンで、

イケてるのよ~~。」みたいな方と違い、

僕としては、お疲れ~~な日である。

その中でも、大変楽しみな時間だった

金融機関のTOPに、

毎年恒例の年始の挨拶をかねた

近況状況の報告。

良い時間を過ごせたのだが、

その後も、予定がパンパンだったため、

余韻に浸れていないので、

会話について、あまり思い出せない。

非常に残念である。

やること、きちっとやって、

のんびり過ごしたいものである。

生産することばかりしていたら、

生産する能力を高める時間がなくなってしまう。

忙しいというのは、最悪である。

                    Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2009-03-31 00:08 | 独り言編
未来のために・・・
昨日は、chieさん主催の春子しいたけ狩りへ・・・。

今回で2回目になる。

しいたけブラザーズがこだわっているのは、原木栽培。

ほとんどの方たちが、菌床で作る中、

手間も時間も、かかるが、自分の子供たちに、

自信を持って食べてほしいからおいしく安全な原木栽培を採用している。

ホンマに、心が優しく、清らかな人たちだ。

顔をみればわかる、

毎日、原木1本(5~10kg)を

1日に2000~3000本動かすのは大変重労働。

ジムなんていかなくても、すごい、体をしている。

木の子は、木に生えているから木の子。

ここのしいたけは、生で、食べれるんですよ。

肉厚と言い、すごいんです。

当たり前だが、この当たり前が難しい。

もちろん、未来の子供たちのために、

森を残すこともしている。

世界は違うが、同じこと。

僕も、子供たちに、いろいろな空間を残していこうと、

強くあらためて、思いましたよ。

今日は、終わり。


                       Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2009-03-30 08:10 | 独り言編
さらっと・・・
太陽エネルギーBALIで、充電ばっちしで、帰国。

でも、あまりの寒さに、

もう充電切れ。

ただ、いろいろな仕事仲間の顔が見れて良い日でした。

皆、よろしく。

僕が自由にできるのも、皆のおかげでございます。

う~~、作業が、終わらん。

時間が足りず、自宅に残業分を持ち込んだが

まったく手をつけず(笑)。

それに、今日は、家族でお出かけ。

では、行ってきます。

                      Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2009-03-29 06:54 | 独り言編
世界遺産
おっさん、元気やなぁ。

電話してきて

「ハマグチ、BALI行くわ。飯いける?」って・・・・。

今から僕は、帰国するのだが、

帰国日に飯食べて、

それまで、おっさんが滞在しているヴィラを襲撃。

プールで、汗を流させていただきました。

ありがと、やんした。

飯も奢っていただきありがとうでした。

高くつきそうだなぁ(笑)。

また日本で・・・・。

ここのヴィラいいところじゃん。

名古屋は、また寒くなっているようだ。

嫌だなぁ。

早く、日本の作業終わらせて、

また逃亡してこよっと。

ただ、作業は、いつものことだが、

仕事面がけっこう大変。

本当に去年の終わりから今年にかけて

状況がとにかく変わります。

経営者は、変化対応業だなぁと、

つくづく思います。

対応できなければ、負けです。

それにしても、こちらにいると、

日本からありがたい助言をしていただける方が多い。

テロ大丈夫ですか?
(これは、どこでもあぶないでしょ。)

地震大丈夫ですか?
(日本でも危ないでしょう。)

津波は、大丈夫ですか?
(BALIは、周りに島があるからまず大丈夫ですよ。)

温暖化の影響で沈みませんか?
(もし、沈むなら日本の方が、先じゃないかな。)

これが、ホントの

おせっかい遺産

心配してくれてありがたいが、

皆、自分のいる場所が一番安全と思っているところが

性質が悪い。


                        Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2009-03-28 00:27 | 独り言編
麻雀話
島の電気がついていないと

空には、星がこんなにあるなんてぇ~と、感動。

いろいろ経験ができて、楽しいですわ。

ところで、

昨日の写真の前は、こんなんでした。

虎は、もっと怖くて、近寄れませんでした。

いきなり、ガァ~と、きましたからね。

それに、目が生きてましたから・・・。

もう、ビビリ入って、ダメでした。

他の人たちが写真を平気で撮っているし、

少し麻酔でも打ってあるようなので

100%ではありませんが、近づきましたが

どうも、僕が近付くと、向かってきます。

僕の野生の匂いが強いのかも、しれません。

人間でも、芯が強かったり、していない人は、

僕に近づいてきませんし、

ただ、気が強いだけの人は、

今は、ほとんどなくなりましたが、若い時は

僕が生意気に見えるようで、たま~に、からまれましたからね。
e0090744_15165598.jpg

それにしても、上から、3番目の注意書きには笑いました。
e0090744_1518449.jpg

では、タイトルです。

今日の内容は、麻雀を知らない人には、すみません。

今では、ほとんど麻雀をしないが、

自宅には、掘りごたつの麻雀部屋と全自動の卓がある。

こちらで、日本と取引がありお仕事をしている人たちと

たわいもない話をしていた。

麻雀の話になり、気がついたことがあった。

麻雀は、手持ちの牌があり、

1つづつ山から、牌をとり、いらない牌を捨てて

手を作っていく。

僕は、じっくり大きな手を作るのが好きである。

だから、ルールがアリアリで、金額が高いととても、苦手なのである。

僕は、金額は普通で、ナシナシのルールが好きだし

わりと強いのである。

その時、話していた人たちに、仕事を聞いて

麻雀どういうルールでした?と、リサーチした。

面白いもので、不動産の開発系の仕事をしている人たちは、

ナシナシのルール。

不動産の売買や流通の仕事をしている人たちは、

アリアリのルール。

う~ん、面白いことに気がついた。

もっと、たくさんあるが、

会話から相手の性質を読んで仕事に活かす。

イイ感じです。

                       Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2009-03-27 00:18 | 独り言編
BALIに来た知り合いの話・・・後編
今日は、ニュピです。

真っ暗です。

でも、星がとてもきれいです。

明日の夜の方が本番のようです。

本当ならば兄貴分たちと過ごすつもりが

友人のSPAを襲撃。

「三国志」がちょうどあるので、いずれ読もうと思っていたので

読むことにしよう。

ゆっくり過ごしましょう。

さてさて、オマエの話の3部作の最後となりました。

このオマエとI君とBALIサファリへ行った。
e0090744_0333286.jpg

前回、9名連れていった時、時間が足りず

もっと見たかったので、またうちのガキを連れていくので

その下見もかねて、オマエとI君も、お誘いした。

このオマエ少し反省したようで、

手ぶらが大好きな僕のために、

僕のペットボトルやデジカメを持ってくれるようになっていた。

流石に、オマエは、頭は良いので、

僕に言われたことは、気をつけるようにしていたようで

簡単な英語は、訳して僕に説明しなくなったり

大げさに気を使わなくなった。

バリサファリで、面白そうな道があったので

二人を引き連れ橋を歩いていた。

下を覗くとコモドドラゴンがいた。

気が小さい僕は、怖いなぁと思いながらも、奥の方へ・・・。

オマエたちは、早めに元の道へ戻って行った。

後で、「何で付いてこなかったの?」と聞いてみたら

オマエ・・・「あちらに行くと、危ないですよ。みたいなことが、

書いてありましたから・・・。」

「う~~~ん、オマエさぁ、

そういう時、訳して僕に教えてくんない?」と・・・。僕

また、オマエは、僕に叱られた。

流石にここまでの天然は、面白いので、

そこから、オマエは、僕の舎弟になった。

困った時に電話できる人がまた、増えた。

後、オマエに連絡事項。

もっと総合格闘技を極めなさい。

僕が、たちの悪い人にからまれたら

思いっきり闘ってくださいね。

差し入れと弁護士は、僕が用意しますから・・・。

もっと、物件の修繕を勉強しなさい。

自分の物件だけでなく、

うちの物件の対応も出来るようにしなさい。

以上・・・・(笑)。

                          Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2009-03-26 00:33 | 独り言編
BALIに来た知り合いの話・・・中編
日本では、どのような報道をされているかわかりませんが、

女優さんと陣内君、離婚したようですね。

離婚の理由は当人同士しかわからないことですが、

Newsによると女優さん陣内君の携帯チェックをしたようですね。

何でも知りたがり自滅してく典型的A型ですね。

最悪です。

これで、容姿がイイ女だから、また性質が悪い。

僕も、片手以内ですが、

こんな女性に、はまりましたので、よ~~~~~くわかります。

僕は、この女優さんタイプではないので

よくわかりませんが、こんなきれいな奥様をもらって浮気?

陣内君、サイアク~~と、イケてない女性は思うかもしれませんが、

陣内君のしていることは、イケていましたが

見つかったことは、イケてないですね。

これだけのことです。

前の彼女のほうが、いいって・・・陣内君、

僕、この女優さんより、前の彼女の方が、うらやましいもん。

では、タイトルです。

こちらは、人が良く、のんびりしている人たちが多いので

ゆったりと時間が流れている。

街中のいろいろな人種がいるところは、

わからないが

僕らがいつも、移動しているところは安全である。

ロビナビーチあたりで、ランチを終え、

ドライバーの横のドアを開けようとしたところ

後方から足音が聞こえドンドン大きくなる、

人の気配を背中で感じた。

ヤヴァ、襲われる。と、

両手で頭を守り

中腰になった。

誰かの右手が、僕の右横を通りドアが開いた。

背後から声が「濱口さん、どうぞ。」と、Sの声。

「オマエ、怖いちゅ~~の、

それに、そこまでして

ドア開けんなよ。」と・・・僕。

心臓がバクバクである。

この日からS~~が、オマエになった。

                       Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2009-03-25 13:10 | 独り言編
BALIに来た知り合いの話・・・前編
去年の年末ある会の忘年会で

「最近、BALIけっこういるから、遊びにおいでよ。」と

一言ずれている時があるが、

人として男前の年下のサラリーマンも

兼用している大家さんをお誘いしたら、

この連休を利用して遊びに来てくれた。

もう一人、大家をしているS君を連れて・・・。

このSさん、名前は知っていたし、面識はあったが、

あまり印象がない子なので忘れていた。

さえない奴だが、いじりがいが方でした。

僕は、わりとどの方に対しても、同じように接する。

年下だから威張るわけでもなく、

年上だからペコペコするわけでもなく

まっ、基本的に誰でも普通に敬語を使い、

名前も呼び捨てにしない。

仲がよくなると、年下の友達は、

呼び捨てになる時もあるが・・・。

話は戻り、このSさん、こちらに来る前に

いきなり、会社にフルーツを送ってきてくれた。

「今回は、突然、同行させていただくことになり

ありがとうございます。よろしくお願いします。」と・・・。

おっ、気を使える奴だなぁと、連絡先をみて

携帯に電話をしたのだが一向にでない。

その後、メールで連絡がとれたのだが、

めんどくさい奴である。

少しだけ彼の紹介をしよう。

僕より5つ年下の35歳。

親の後を継ぎ大家になる。

オーストラリアに1年半ほど語学留学と

テニス留学したことがあるそうだ。

だから、英語が少し話せる。

でも、気がきくわりに、大袈裟なので

こちらが疲れる。

もっと、いじめたいのだが、

総合格闘技をしているので

本気になられると、ヤヴァい。

彼についておもしろいことがたくさんあったのだが、

少しだけ紹介しよう。

本人了解の上、イメージがわきやすいように写真アップです。

ただ、僕のつたない文章で皆さまに伝わるかどうか

わかりませんが、お付き合いください。

以前は、スキューバをした時、

僕も初めてのことだったので船がどれぐらい揺れるかわからなかったし、

移動時間も体験しないとわからなかったので

「船に乗りたい~~。」というガキを制した。

この時、チビたちもシュノーケリングなら大丈夫と聞いて

4月か5月あたりうちのガキを

シュノーケリングに連れていってあげたくなったので、

僕は下見も兼ねて、

3人で船に乗り、シュノーケリングに出かけた。

S君は、海にはいるとお腹が冷えるということで

海にはいらなかったのだが・・・。

シュノーケリングの意味ないじゃん。

僕がインストラクターと、

カタコトのBALI語とカタコトの英語でいろいろ話してたのだが、

少し会話をしていたら

どんどん、高度になってきて面倒くさくなったので

S君に、「君、英語話せるだろう、話しな!!」と、ふった。

インストラクターが、

「Let’s Go~~。」と言った。

S君・・・「濱口さん、いくぞ!!と言ってます。」と

僕にインストラクターの言葉を訳した。

えっ(心の声)、

「S君、それぐらいわかるから・・・。」・・・と、僕。

S君・・・「す・すみません。」

S君、またまた英語でインストラクターと会話していて

S君・・・「潜るポイントまであと、どれぐらいなんですか?」と質問した。

インストラクター・・・「後、40minぐらいだよ。」

S君・・・「濱さ~ん、後、40分ぐらいで着くそうです。」

S、俺のことなめてやがる(笑)。

この日からSさんが、Sクンをとび越え

S~~になった。

                            Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2009-03-24 01:33 | 独り言編
ヌガラから北ルートで、

キンタマーニを超えて

ウブドに向かう途中、虹がでていた。

とってもきれいでした。

今日、知り合いの二人が帰国。

本当なら僕も帰国でしたが、

飛行機が混んでるようなので、止めました。

                           Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2009-03-23 00:08 | 独り言編
本のこと
友人のBlogに紹介されていて

おもしろそうだったのでこちらに持ってきた。

「源氏物語の女君たち」瀬戸内寂聴著と、

ついでに購入した「源氏物語の男君たち」。

まず、「女君たち」を読んだというか

見たのだが、

全く文字が頭に入らない。

学生の頃から歴史系は苦手のようで

数学は、90点以上しか取ったことがないくらいだったが、

いつも社会は、1桁点、良くて20点ぐらいだった。

良く卒業できたなぁと思うけど

赤点だと、再試験あるでしょう。

いつも、再試験は同じだったから答えだけ丸暗記して

なんとか卒業してたんですよ。

僕は、幸せ者ので

自分の世界で、俺、天才かもとか言っているが、

こういう本が読めない僕は、

やっぱ世間的には、アホだなぁと再確認できます。

光源氏、こいつすごかったかもしれないが、

まっ、僕も負けていないのでいいでしょう(笑)。

つ~か、架空の人物と闘ってどうする。

あいかわらず、おバカです。

今日は、「男君たち」も、一応チャレンジしてみよう。

                        Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2009-03-21 21:10 | 独り言編
foot

Copyright © 2005 HAMABUILL. All rights reserved.