「ほっ」と。キャンペーン
  濱ビル株式会社  
HOME コンセプト 新提案 Viareマンション Haman Resort オンラインショップ 会社概要 お問い合せ

ボンジョ~ルノ!!    MILANOの街並みとBALIの空気が大好きな男。四十代のテーマは、『熱く生き切る。』           濱ビルCEO濱口茂樹のブログです。
by viare
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
カテゴリ
全体
イケてる編
ちと真面目編
いい感じ編
毒吐き編
つぶやき編
イカした不動産編
新規物件ing編
飲み屋編
とほほ編
恋愛編
常識を疑え
優位に立つための心理トリック
モノの値段
奥山清行デザイン論
エスプリ編
成功への道筋
Today’s Wine
ショートストーリー
イタリア小話
驚き編
モテるための理論と戦略編
独り言編
Baliの話
以前の記事
2013年 12月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
ブログパーツ
人気ジャンル
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧
敬語
ここのところ、週1回ぐらいしか事務所にいかないので

作業がたまってて、しょうがない。

昼過ぎに、主要取引の金融機関の本部から電話。

『会う時間あります?』・・・と。

言葉の高低さから悪い内容ではないと思ったが、

一応、最悪は考える。

『不動産がよくなくなってきたので、

来年着工のマンションの融資は延期。』

頭の中で、いろいろ考える。

もし、そう言われても

僕なら必ず計画は実行できるだろうと確信していたが・・・。

月末近くということもあり、

普段の作業に加え、美容室の給料の用意もしなくてはいけない。

後は、個人会社の月末締めに加え、

濱ビル本体の月末締めもしなくてはいけない。

けっこう月末あたりと月頭は、やること増えるんですよ。

支店のほうは、ちょいちょい行くが

15時過ぎに、本部に到着。

『どうしたんですか。悪い話?』・・・と、いきなり切り出した。

『いやいや、最近、顔見ていないし、

内部の人事が変わったので少しお呼び出ししてしまい

すみませんでした。』と・・・。

ここの金融機関とは、子供の頃から付き合いがあるが

仕事をきちんとやり出してから14年ぐらいになるのだが、

その頃から肩書きのある人には、ずけずけ言っていたが

新入社員さんとかの外回りの人たちには、

優しく接していた。

だって、僕が、年をとった頃には、

肩書きのある奴らなんて、もういないし

若い世代がその金融機関を担っていくのだからね。

最近、本部にいくとけっこう肩書きのついた彼らから

声をかけられる。

今日もかけられたのだが、

昔の赤い名刺を出してきて

『昔、外回りの時、お世話になりました。』

ははは、恥ずかしい・・・。

10年以上の歳月が流れているのだが

覚えていてくれるのはとてもうれしい。

Blogを読んでくれている知人のフェイシャルエステの娘から

『ちょいと黒すぎません?

お手入れしますよ。』と、メールを頂いていたので

昨日、1時間たっぷりしていただいた。

少しは、うるおい肌になったかな。

ありがとね。

気持ちは若いが、年齢的にはおっさんなので、

若い娘からのメールには、ほいほい、ついて行く。

書きながら気になる二人が目に浮かんだのだが

38歳以下までは若い娘ですからね・・・。

ここを書かないと、

『若くないから最近、来てくれないのね。』

なんてメールがきそうで怖かった。

では、タイトルです。

先日、ツルんで遊んでいなかった

同級生から20数年ぶりに電話があった。

時間を作って僕に、会いたかったらしい。

その前に、別の同級生と

ばったり地元で会うことがあった。

『○○が、会いたがってたぞ。』と、聞いた。

名刺をだして、

携帯だと日時を合わせるのが面倒なので、

メールで3日ぐらい、都合のいい日時と場所

送ってくれるように言っておいて・・・。

タイミングの悪いとき、

夜の打ち合わせ中に着信アリ。

その時点で、少しむかついた僕。

元々、やんちゃな同級生でしたので、

『なんか、調子いいらしいなぁ。

飲もうぜ。』

『ただ、飲むだけの時間はないよ。』・・・と、僕。

『そんなこと言うなよ。』

『今さぁ、新規事業について話してるんだよ。

メールでくれ、って聞いてない?』・・・と、僕。

『同級生なんだからどうでもいいじゃん。

お前が、どんな仕事していようが

関係ないんだよ。』

元々、最初から相手の話し方に

険があるのは、わかった。

相手からみると、

調子が良く見えるようで

年齢が近く同じような価値観がない人には、

嫌われる傾向があるのはわかっている僕。

大人気なく、カチンと、きてしまった。

『大変申し訳ありませんが、

何年もご無沙汰で

ただ同じ年というだけで、

そこまで、馴れ馴れしくされる覚えは、ございません。

お昼にあなたの会社に伺いますので、

いつがよろしいでしょうか?』・・・と、敬語で返答。

僕は、もともと、小・中・高と地元なのだが、

どうも、昔から地元の付き合いが苦手。

ずっと名古屋・東京の方に目が向いていた。

だから、変わり者と言われることも多々あった。

相手からすると、

仲間っぽくない僕にむかつくことも多いと思う。

でも、こちらからすると

井の中の蛙で、外の世界をあまり知らない地元の人と

話すと、マジでむかついてしまい

精神衛生上よろしくない。

もともと、敬語は、他人行儀なもの。

彼も努力して現在では、

自分がTOPで、仕事をしている。

敬語の返答に気づいたらしく、

『またな。』と、電話を切られた。

これ、夫婦でも同じ。

たまに敬語が出る夫婦は、

離婚が近いのだ。

近い人間同士の間で使われる敬語には、

相手に対する憎しみ、攻撃が投影されている。

でも、離婚した夫婦で面白いのは、

離婚が成立して他人になれば

以前のように普通にしゃべるようになるそうだ。

(僕は、ありえなせんが・・・。)

人間心理の不思議である。

                    Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2008-07-31 00:49 | ちと真面目編
違い
カンブリア宮殿見ましたか?

以前、勉強会でお話をしていただいた

株式会社いろどり代表取締役・横石 知二 (よこいし・ともじ)氏でした。

内容は、説明するまでもないが、

人としていかに生きるかの原点が、

この村にはあり、知っている話でも

とても感動してしまった。

昨日は、1日予定がなかった。

いつもの僕なら何かしら予定をいれるのだが、

一昨日も書いたように

けっこう頭の中は忙しい。

そういえば、ここのところガキと外で

遊んでいないし、また来月も

1週間ばかり家を空ける。

少しだけ午前中はジムへ行き

急遽、昼からガキを保育園を早退させ

流れるプールや波の出る地元では有名なナガシマ

連れて行った。

まっ、楽しかったのだが

相方に、『その辺のチャラ男より黒いね。』と、笑われた。

どかっと仕事がうまくいった時や

口説いたおねぇちゃんが遊んでくれた時とかよりの

よっしゃ~~、と言う気持ちより感動はないが、

家族で過ごすなんでもない時間が

ガキが大きくなった将来、

こういう時間が、かけがえのない時間だったんだなぁと、

思うのだろうな。

(別に、虎舞竜のロードのパクリじゃないですから・・・。

書いた後、松本零士とマッキーの裁判思いだしました。クス。)

では、タイトルです。

名前は、出せないが、僕の友人で変態な奴がいる。

僕も、彼に負けじとおねぇちゃんは好きでエロいが

変態ではない、と思う、大変だが・・・。

(ヘンタイとタイヘンをかけました。

説明いりませんでしたね。笑)

エロいと変態って、なんとなく違うのは、

解るが言葉で説明するのは難しいでしょう。

説明の仕方を教えましょう。

例えば、学生の頃、

赤い羽根もらいましたよね。

それを使うとしましょうか。

女性の体を赤い羽根で

刺激をするのがエロい奴。

同じ羽根を使うとしても

ニワトリを丸ごと使うのが変態。

こんなん、どう?

わかります?

                    Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2008-07-30 00:22 | 飲み屋編
80%は、当たっているでしょう。
昨日はお久しぶりにえのさんとランチをしながら近況報告。

初めて経営の勉強を僕に教えてくれた社長さんで

未だに尊敬している。

ちょいと、今後の方針を話したくなり会っていただきました。

ありがとうございます。

濱ビルの方向性は、今のような感じでいいのだが、

最近、僕とファミリーの今後を考えると

このまま、この日本だけでの生活で良いのだろうかと疑問が残る。

物価は高いし、殺伐とした事件も多いし

何より人口の低下は、国力が下がることと同じなのだ。

思い立ったら即行動なので悩むことはないのだが、

将棋のように相手の出方を考えてその都度

次の1手を考えていると

1日があっという間に終わってしまう。

そして、ぐったり疲れてしまう。で、

なんか飲みに行く気にもならず、良い感じなのかな。

人に伝えることを考えているより

今は、自分とファミリーのことを考えていると

Blogの内容を熟成する時間もなく

アクセスしてくれる方に申し訳ないが

ここのところ、どうも冴えん。

とにかく仕事が楽しくて

生きているのが楽しくてしょうがない分

言葉にできない。

後、3日ほどで40歳になるのだが、

今の行動がイケてる形になると

素晴らしい40代が待っていることだろう。

では、タイトルです。

名刺交換しますよね。

名刺ホルダーを見ていて

それで気づいたのだが、

難しい名前の人ほど

英語でフリガナが、書いていない。

簡単に読める人ほど

英語でフリガナが書いてある。

皆様も名刺ホルダーで調べてみてください。

これ、マジ。

                Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2008-07-29 00:08 | つぶやき編
重要な言葉
昨日は、お久しぶりの友人とランチ。

場所も時間もすべてお任せ。

中目黒という全く縁のない場所でしたが

良い空気感のお店でした。

イタリアンで2本空けてしまいました。

ほんまに、楽しゅうございました。

また、ご飯いきましょうね。というか、

僕、一人で話してた(笑)?

そのまま名古屋に帰ろうと思いましたが、

昨日の写真のハゲは、きっと一人で

寂しい日曜日だろうなと思い連絡。

ビアバーと24時間の居酒屋で、5,6時間談笑。

ハゲだが、イイ奴です。

こんな書き方は失礼ですね。

髭は濃いがイイ奴です。

これも失礼ですね。

ハゲだが、胸毛はボ~ボ~で、イイ奴です。

じゃあ、またな。

では、タイトルにはいりますが、

今日のネタはどうなんだろう。

昨日のBlogのスピーチつながりということで・・・。

モーゼの十戒は297語で、

リンカーンのゲティスバーグ・スピーチは266語である。

アメリカの独立宣言は300語だし、

般若心経は262文字だ。

大体、重要な意味をもつ内容というものは、

300語内外のものではないだろうか。

人に要点をきちんと伝えるためには、

短く簡潔に・・・。

                      Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2008-07-28 00:30 | つぶやき編
疲れた・・・
東京にきています。

港区白金台にあるブルーポイントで友人の結婚披露Partyがあったのだ。

140名の人が集まり、MacとAYAちゃんをお祝い。

懐かしい友人たちの顔をみれたり

新しい出逢いもありとても、いい日でした。

司会者も最高で、

Partyは、笑いもあり、感動もありとにかく良かった。

ほとんどの方は、スーツでしたが、

日々リゾート感覚で生きている僕は、TシャツにGパン。
e0090744_063095.jpg

礼儀知らずで、すみませんでした。

さて、全く結婚した二人には、問題ないのだが

僕の格好もひどすぎるが、

この会場ひどすぎる。

東京では有名かも知れないが

最悪である。

従業員の接客もなっていなければ

食い物もひどい。

目で見るだけで、味がわかるので

一口も食べなかった。

1800円のバイキングでも

こんなひどい料理はない。

後、夢のある披露宴会場なのに、

よけいなものが、目に入る。

お客の目線で、内装が仕上がっていない。

15,000円の会費のうち、8割は場所代だろう。

人が多すぎたということもあるが、

会場の導線もなっていない。

こんなひどい仕事で金が稼げれるとは

一体なんなのだろう。

有名とかいい場所とかだけのブランドで

お客は、本物を見る目が腐ってる。

まぁ、いい勉強になりました。

めずらしく非常に疲れてしまい

AYAちゃんの友人のきれいな娘たちと

お話をしたかったのだが、

2次会も、同系列のお店だということで参加をやめて、

渋谷で「神座」のら~めんを食べROYAL PARK汐留の宿に・・・。

僕にしては、本当にめずらしいことである。

このまま、繁華街あたりで宿をとっていたら

気が狂ってしまうぐらいイライラしたことだろう。

あまりにも、日々ストレスがなく

幸せに暮らしていると

少しでも悪い気のあるところにいると

とても疲れてしまう。

2泊するつもりでしたが、

体調が悪くなる前に退散・退散。

さてと、今日は目も心も保養ができる娘さんとランチをして

名古屋に帰ることにしよう。
e0090744_0242599.jpg

後ろのハゲが、邪魔だが

さんとお久しぶりにパシャり。

そういえば、板さんがパスタを服につけてしまい

トマトソースが服についてしまった。

こういう時は、ソーダ水でとると良い(本当かどうか忘れましたが・・・。)と

いうことを思い出し、

店員に『ねぇ、トマトソース服につけちゃった人いるから

あればソーダ水、なければお水持ってきて・・・。』

2時間経っても、なしのつぶてでした。

怒る気にも叱る気にもならず

僕も放置プレイでした。

スピーチが、バドワイザージャパン初代会長の近藤さん

そして、板倉さん、田中先生と、素晴らしいメンバー。

Macの人柄がこれでわかるのだが、

ちと、若者が多い披露宴

話を聞く態度が悪すぎる。

話すほうも嫌になるよね。

これ、馬鹿なリーマンが多い披露宴とか

クソオヤジが多い披露宴でもあることだけど・・・。

きっと、人前で話したことがないのだろうね。

いずれ自分が人前で話す時がきたら

学べるのでしょうね。

もったいないよなぁ。

お金出さないと聞けない人の話なのにさ。

昨夜も学ぶことがいっぱいありました。

ありがとう!!Mac&AYAちゃん。

とにかくMac寝なさい。疲れすぎ・・・。

                       Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2008-07-27 00:48 | つぶやき編
最近お気に入りの言葉
昨夜は、久々に飲みすぎた・・・。

二桁は、ワインに、モエと飲んでしまった。

朝からクラクラです。

ちょうど、土曜日の今日の番組ですが、

ROOKIES』(ルーキーズ)というドラマがある。

今の時代からするととてもくさいが、

なんか録画して見てしまう。

今日が最終回でございます。

全くそちらの系はないが、

阿仁屋役の役者、若いが、いい男である。

久々に骨っぽい子で

こういう奴、好きだわ。

その中の台詞が最近好きである。

本当は、目指せ甲子園と続くのだが・・・。

夢にときめけ

明日にきらめけ

目指せ!!幸せな金時持ち

                             Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2008-07-26 09:18 | いい感じ編
男と女性の認識のずれ
昨日、2社友人の会社を訪問。

そういえば、ジムも2回いってしまった。

全くアポを取っていなかったが、

久しぶりにお話できた。

家で夕食のつもりだったが、

急遽、四川料理へ・・・。

普段、ビールはほとんど飲まないのだが、

この暑さのせいか、3杯も生中を飲んでしまった。

それにしても、暑い中での四川料理は最高である。

いいお店を紹介してもらった。

外観からして、うまそうなお店でなかったが、

見かけによらないぐらい、うまかった。

外見からして優しそうでないのに

見かけによらず優しい

K社長、ありがとやんした。

S社長ちゃんも、突然の訪問に

対応いただきありがとやんした。

僕の自慢・・・いやいや本当の話にもお付き合いいただきました。

びっくらこいたでしょ(笑)。

では、タイトルです。

今回の内容は、1度や2度の体の関係ではなく

ネンゴロ(言い方、古~~~い)の関係で

相手が、『奥さんと別れてよ。』とか

『あなたの子供がほしいの。』と、

ヤッヴァイ状態になぜなるのか

書いてみましょう。

そういわれると大体の男は、

「家庭があることは最初からわかっていただろう。」と、

独身の女性をなだめますが、

恋する女性には通用しません。

もちろん女性も付き合い始めた当初は、

相手とずっといたいと思ってはいなかったのですが、

時が経つにつれ独占したくなるのは、

愛が深ければ深いほど当然なのです。

まっ、僕の経験上、

あまり多くはありませんが、

女性は、男に対して何かメッセージを出したはず。

そこで、男は、気軽に『うん。』とか『いいよ。』とか

女性の気持ちスイッチを押してしまったのだ。

友人たちで、メッセージって何?と、

気になる人は、飲んだ時にでも

教えましょう。

仲の良い友人たちを修羅場にしたくないですからね。

話戻りまして、男と女性では

愛に対する認識が多少ずれがあることを

忘れてはいけません。

女性は、メモリーだけではなく、

愛している証として、

結婚という事実や二人の子供が欲しいといった

具体的な実を求めるのです。

これに対して男は、

二人が愛し合っている事実だけが必要で、

それから先の現実的な問題からは逃げようとしているのです。

もちろん、女性からすれば卑怯なことです。

でも、考えて見てください。

気持ちスイッチを押させた男が悪いのは

絶対ですが、ちょっと、このあたりの話は置いておいて

恋において男は花だけで満足なのに

あるいは、花であるから求めているのに

女性はその先の実をほしがるようになってきます。

結婚をしている男は、すでに妻や家族という実をもってはいるが、

それは花とは程遠い殺風景なものだけに

実とは違う花を求めているわけなのです。

この感覚を女性にわかってもらうのは難しいですね。

まっ、遊びたい人は、

うまく遊びましょう。

男には、外に出て狩をし、

食べ物を家に持ってくる狩猟民族のDNAが

刷り込まれているので、

こればかりは、男のせいではなく、

神様がこのように創ったのでしょうがない。

                     Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2008-07-25 03:38 | 恋愛編
経費
昨日は、よく動いたぁ。

人間、金のことを考えると本当に疲れる。

金・金していると本当に顔つきが変わるのだと思う。

でも、どうしても、上を目指すなら

少し無理をしてでも金・金しないといけない時もある。と、思う。

とにかく新しい道に一歩を進むことができた。

少し僕が話をした

仲の良い友人には結果を報告しました。

ちょいと、規模が大きい話でして、

コソっと、調子ぶっこくので

知らない人にはあまり知られたくない。

ほとんどの方は、何のことかわからないと思いますが、

ご了承ください。

周りの知り合いに言われるのですが

何か僕の顔が、いつも以上に

イキイキしてるようです。

でも、実際は、ドキドキ・ワクワクで

脳ミソフル回転です。

では、タイトルです。

経営者をしている人には、

経費の意味合いを

説明する必要がありませんが、

雇われている方たちとお話しする機会があると

全く持って話が通じない。

『いいねぇ。経費で飲み代が使えて・・・。』

いくら同級生でも意味のない奴らと

過ごす時間はないので、今でこそないが、

会社設立の頃は、よく言われた。

『経費使えるんでしょう?奢ってよ。』

まったくもって、下らな過ぎる奴らである。

先日、たまたま

僕以外の5人は、サラリーマンをしている

同じ年の奴らとご一緒する機会があった。

「いいなぁ、お前の会社は経費を使えて・・・。」

「そうだね。給料は少ないけど

経費が使えるからいいのよ。」

彼らが言う経費とは、

空出張費や単なる自分の飲み代のこと。

言い方をかえると、

これ、業務上横領じゃん。

もちろん、売上を利益を出すための

経費なら当たり前に使うべきなのだが・・・。

少ない給料なので、

わからなくもないが、

お金に対して不道徳なことをすると

しっぺがえしは、必ず来ると思う。

話は、それるが、

たまに、億単位で業務上横領をしてしまう人がいる。

仮にバレないところに、隠しておいて

自由に使えるとしよう。

そうなると、一生遊んで暮らさないといけなくなります。

仕事ができなくなる。

こんな人生は、嫌だなぁ。

もう、昔の話に聞こえるが

まだ公判中の

ホリエモンこと堀江君。

百億ぐらい資産があるらしいが、

幸せなのかなぁ。

自分の信用と引き換えで

手にした(稼いだとは書きません。)

金にしてはすごい額ですね。

まぁ、幸せの度合いは、

自分で決めることだからいいんだけどね。

投資詐欺』という本を読んだら

ふっと、思い出してしまった。

                     Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2008-07-24 00:08 | つぶやき編
ありのままで・・・
来年に向けて無駄なお金は使わないと決めた僕。

でも、

昨夜は、どうしても行きたい・行ったほうが良いクラブ、2件へ・・・。

それにしても、お金を払う店ではモテる。

そんなもんです。

Blogに書いてないだけですが

流石にここのところ飲みすぎでいかん。

では、タイトルです。

どう考えてみても、

マイナスのオーラを発しているより

プラスのオーラを発している人のほうが魅力がある。

どうしたら幸せになれるか、

何年か前にふっと、答えが降りてきたのだが、

僕の結論は、「幸せだと思い込むこと」。

字だけ読むと大したことないのだが、

考え抜いて降りてきた言葉だけに本当は深い。

さて、人間、人生を重ねれば重ねるだけ

客観的に自分自身の人生を振り返ってみることが

できることでしょう。

心底、幸せで、生きていることに感謝しています。

それに僕は、ツイています。

しかし、本音で言えば

後悔していることも、とても多い。

「どうして、あんなことをしてしまったのだろう。」

「あの判断は、やはり間違っていた。」

もっと別の判断をしていたら、

もっと幸せになっていただろうと・・・。

だからこそ、子供や後友人には、

同じような過ちをしてほしくないために

必死に忠告をしてしまう。

しかし、歴史を見れば一目瞭然で

世代は交代しても

人間が起こす間違いは、絶えず繰り返されているのです。

人間は、自分で思っているほど

賢くないのです。

何が書きたいのか、

わからなくなってしまいましたが、

自分自身を客観的に素直に見て

失敗から学ぼうとする心は大切ですね。

いくら心の時代で、

何でもかんでも

「ありがとう」

「感謝します」だけでは、成長がない。

そんな時は、

とにかくありのままの自分を見つめる。

ありのままで・・・。

                 Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2008-07-23 06:28 | いい感じ編
夢を目標に変えて現実にする確実な方法
なんか焼きすぎてまるで、加藤鷹である。

間違えないようにしてね。

昨日は、後輩に誘われNGO法人・TOPの話。

地雷撤去とか少年兵のお話がメインのお話でした。

TOP、僕より10歳ぐらい年下だが、

思いを伝えて行動して立派な彼。

ただ、僕は全く興味がない。

自分の子供が、この彼のように

育ってほしくはないなぁと、漠然と思ってしまった。

そういえば久しぶりに勉強会、同期の知り合いと会った。

僕の顔をみて

『焼けてるね。日サロ?』。

返答に困ってしまった。

う~ん、100歩譲るとして冬なら許すが今は夏。

少しプールでも、いけば焼ける。

どう考えても、今の時期

『どこで焼いたの?』である。

色黒=日サロという認知度は、

彼の経営者としてのレベルはやっぱ低い。

思っていた通りである。

では、タイトルです。

人生の旅路には、近道も、魔法の絨毯もない。

家族そして周りの友人たちに助けられ

自分の足で、一歩ずつ歩いていかなければいけません。

え~、面倒くさい。

こんなゆっくりでは、実現なんて不可能だよ。と、

思うかもしれません。

しかし、焦ってはいけない。

小さな歩みの積み重ねが

相乗効果を生みだし、

己の努力によってさらに大きな結果をもたらすでしょう。

気が付いたら、信じられないぐらいの高みにいることでしょう。

個人の人生も

経営においても

『一歩ずつたゆみなく歩む』ということが、

夢を目標に変えて現実にする確実な方法なのです。

                   Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2008-07-22 00:27 | ちと真面目編
foot

Copyright © 2005 HAMABUILL. All rights reserved.