「ほっ」と。キャンペーン
  濱ビル株式会社  
HOME コンセプト 新提案 Viareマンション Haman Resort オンラインショップ 会社概要 お問い合せ

ボンジョ~ルノ!!    MILANOの街並みとBALIの空気が大好きな男。四十代のテーマは、『熱く生き切る。』           濱ビルCEO濱口茂樹のブログです。
by viare
カテゴリ
全体
イケてる編
ちと真面目編
いい感じ編
毒吐き編
つぶやき編
イカした不動産編
新規物件ing編
飲み屋編
とほほ編
恋愛編
常識を疑え
優位に立つための心理トリック
モノの値段
奥山清行デザイン論
エスプリ編
成功への道筋
Today’s Wine
ショートストーリー
イタリア小話
驚き編
モテるための理論と戦略編
独り言編
Baliの話
以前の記事
2013年 12月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
ブログパーツ
人気ジャンル
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧
芭莉芭莉路薫'狼琉(バリバリろっくんろうる)
今日のタイトルは、いつの時代だよ。って感じですね。

勘の良いかたは、お分かりですが

GW前に、ちと、海外に・・・。

人と違う時期は、安いしね。

2月に行ったところだが、

非常に好きになりました。

つっていっても、

シャンパーニュに、苺に

うまい料理で、

プールサイドで、

たらたら飲んでるだけなので

昼と夜を変えれば

日本にいるのと大差がないですが、

暖かいところだと、

暑くなったらプールに入って

本当に最高です。

僕がいなくても、判断して作業してくれる

業者さんたちと携帯電話のおかげです。

感謝しております。

今回の目的は、コンラッドバリの見学と

友人のスパのオープニングセレモニー

日本人が、100名以上来ていた。

ウブドにある迎賓館を、

ホテルに変えたところで、ガーデンPartyをしたのだが、

非常に良い時間でした。

社長が若いので

当然、友人たちも若い。

9,10歳ぐらい違うのかなぁ。

バンドの音が非常に頭に響く。

ありえないぐらい若い頃は、

ディスコ好きだったのだが、

大きな音が、とても疲れる。

流石に元気な僕も、途中で退散。(笑)

マタハリスパの運営母体・(株)メディカムの橋口社長と・・・。

彼は、なんとこのPartyを利用して、

彼女にプロポーズ。

断られなくて良かったね。

こっちが、ドキドキしたよ。(笑)

マクロビ料理家のちえさんと・・・。

ちえさんのおかげで、

今まで僕の知り合えなかった人たちと

出逢わさせていただいております。

ありがとう。

パスティ社の丸尾社長とも、再会できたし、

幸せになるゾウ」作者の水野君とも

会えたし、いい時間でした。

そういえば、影でコンテストがありました。

クドい顔選手権。ウソ。

ダントツ1位が向かって右側の、

(株)メディカム取締役の関口君。

スーパーイリュージョンでは、

ないですからね。(笑)

2位が大差をつけられ僕。ウソ。

今日は、なんだか、単なる旅の感想Blogになってしまいました。

今、僕のアンテナは、3つだけ・・・・。

ビリビリインプットしすぎて、

言葉では書けません。

さてと5月は、芭莉芭莉路薫'狼琉で、いきますわ。

そういえば、名古屋に着くなり

向かった場所がありました。

アホですねぇ。

そのうち、また手抜きの内容になりますが、

すみません。

金があっても、時間がなければ意味がないし、

時間だけあっても、金がなければ淋しいし、

なんだかなぁ。

両方ほしいね。

                       Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2008-04-30 00:01 | いい感じ編
優位に立つための心理トリックC
いいアイデアがあるのに、

誰も話しを聞いてくれない。

そんな時、「得する話」より「損するリスク」を

伝えれば、相手が誰であれ、あなたの話に必ず

耳を傾けてくれるはずだ。

宝くじの販売会社が、

「あなたもきっと当選者になれる」

長い間、このキャッチフレーズで儲けていたが

その後、

「あなたは、当選者になるチャンスを捨ててはいけない」に、

変えた。

これで、また業績が伸びたという。

なぜなら、キャッチフレーズが書かれた

封書入りのダイレクトメールを受け取った人が、

すでに手にしたモノを「失う」ような気がして

不安に駆られるようになったからだ。

以前のキャッチフレーズだと、

『新たなモノを手に入れる』感じだったが、

変えた後のキャッチフレーズだと、

『何かを失う』リスクにさらされた感じになる。

従って、アドバイスする場合は、

「何かが得られる」ことよりも

心労を取り除くとか、

お金の節約になるなど、

何らかの損害や損失から

救うことに焦点を当てるとよい。

                     Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2008-04-29 13:40 | 優位に立つための心理トリック
優位に立つための心理トリックB
どんな相手でも、思い通りの行動を

とらしやすい心理トリックがある。

まず、1つは、相手に選択肢を与える場合は、

選択の幅を狭めておく。

選択肢が多すぎると、

ほとんどの人はなかなか決められない。

したがって選択肢は、3つまでにする。

第2に、何かをしてもらう時は、

締め切りを設けておくこと。

たいていの人は、

必要に迫られない限り、動こうとしないからだ。

第3に、人の心への「慢性の法則」の利用。

「運動している人間はそのまま運動を続け、

静止している人間は静止し続ける」と言える。

よって、物理的、精神的に簡単で面白いことに

誘導できれば、その人は、ずっとその道を

進むと考えられる。

人間は、自分の行動に一貫性を求めようと

するからだ。

例えば、小さなことを頼まれ、

それをいったん承諾すると、頼みごとが

さらに大きくなっても、

際限りなく受け入れることになる。

したがって、大きな依頼をする場合、

まず小さなことを依頼して相手にやってもらい、

一貫性を求めようとする

無意識的な欲求を引き出すことだ。

最後は、「おまけ」をつけるということである。

CMや買い物番組でもおなじみだと思いますが、

相手に行動を起こさせたいなら

おまけをつけるだけで抜群の効果がある。

                     Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2008-04-28 09:30 | 優位に立つための心理トリック
モノの値段Part37
さて、日曜日の手抜きネタですが、

今日で終わりです。

思いつくこともないので

しばらく、テキトー日記にしようかな。

では・・・。

政治家や実業家は、

汚職や脱税で捕まっても、

億単位の保釈金を支払って、

簡単に拘置所からでてきてしまう。

一方、庶民は安い保釈金でも親族から

かき集めてやっと釈放、ということになる。

いや、「犯罪を犯したものに貸すカネなんぞないわい!」と、

ソッポを向かれる可能性すらある。

保釈金は、刑事事件で起訴された被告人が、

裁判で有罪が確定するまで、

自由の身でいるための保証金のこと。

裁判中の逃亡防止のための制度で、

命から2番目に大切なお金を国に預けさせておけば、

裁判を控えた被告人が逃げ出すことはないだろうと、

設けられた制度である。

したがって、保釈後、裁判所の決めた住所に

住んでいなかったり、

正当な理由なく裁判に出廷しなければ、

保釈金の一部、あるいは全額が没収される。

しかし、裁判が終われば戻ってくるし、

被告人が裁判途中で死亡するようなことがあれば、

その段階で返してもらえる。

保釈金額に関しては、

被告人の財産や経済状態が考慮され、

そのうえで起訴事実と照らし合わせて

「このくらいは払わなければ保釈できない」と、

いう額で決定される。

                       Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2008-04-27 09:15 | モノの値段
優位に立つための心理トリックA
サメとライオンが格闘したら

どちらが勝つでしょうか。

言うまでもなく、

戦う場所によって違いますね。

あとは、自信がない慣れないことを

人前ですると、さらに出来がわるくなるという

心理実験の結果がでている。

そこで、競争相手があなたより熟練者の場合、

誰もいないところで戦う。

逆に自分の力が上の時は、

人が周りで見ているところでする。

歴史上でもっとも偉大な戦略家の一人、

孫子の言葉を要約すると

「相手の裏をかいて、不意打ちをかける」のがいい、となる。

敵を欺き、奇襲する。

これは相手を混乱に陥れるための極意だ。

意表を突く行動をとれば

敵の態勢を崩すことが出来る。

難攻不落の相手に攻撃を

仕掛けるときは決して手を緩めない。

そして、攻撃するときは決して手を緩めない。

そうすれば、敵はへとへとになるはずだ。

                           Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2008-04-26 09:48 | 優位に立つための心理トリック
目指すもの
同じような価値観の人たちと

心底遊んだ次の日でしたので

非常にテンションも高く良い1日でした。

その代わりジムは、きつかったよ。

別にBlogに反応してほしいわけではないですが、

昨日のBlogのように自分の中で

どう?反応どう?みたいな時に限って

ほとんどありません。

つまんねぇ。

ふぅ~んという感じです。

まぁ今日も機嫌が良いです。

毎日読んでる方はうざいと思いますが、

マジで、僕は、運が良いです。

先日の大失敗を回避できそうだし、

会話ゼミの後、運良く

僕の好きなきれいなおねぇちゃんの近くで

泡系も飲めました。

ど~でもいいけど

きれいなおねぇちゃんは、

それだけで利益です。

うちは、超幸せなのでまだ

いりませんが、

失楽園の世界は、将来あこがれます。

だって金とか資産なんて

いくら残してもしょうがない。

死ぬ間際に大好きな女性の近くで

この世から消えたいと心底思います。

それが今の相方ならいいですが、

そんなことは正直わかりませんからね。ははは。

では、タイトルです。

人間というのは、2度死ぬと言われています。

一度目は、自分の肉体が滅びた時。

そして、二度目は、自分のことを知る人が

いなくなった時です。

ほとんどの人は、二度目の死で終わりですが、

わかりやすいところでいえば、

美空ひばり・尾崎豊などは、

まだ、生き続けています。

運良く僕は、貸ビル業に携わっていて

自分で建物を企画して建てています。

別に売却目的で建設したり

目先の利回りで建設しているわけではなく、

ヨーロッパにある何百年も大切にされている

建物のように

僕の生まれた日本で、

大切に何百年もその場所にあってほしいと

願って建設しています。

未来永劫とは、いかないまでも

僕が、死んだ後も

僕の建物を見て

何か人が、感じてくれるようだと

うれしく思います。

出資などのお金でなく、

自ら調達したお金で、

好きなようにもっと、イケてるモノが、建てたいなぁ。

マジで、俺やるぜ!!
                   Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2008-04-25 02:38 | ちと真面目編
フェラーリとトヨタ
昨夜は、仲の良い同年代の友人と深夜徘徊。

今、目をつぶりながら思い出すと

四件ほど・・・。

シュワシュワ・ワインとよ~け飲みました。

どのお店を誰が払ったかわかりませんが、

まぁちゃんちゃんでしょうね。

皆様、俺が払う、俺が払うばかり・・・。

で、ダチョウ倶楽部のように

最後に俺が払うと、言う奴の支払い。(笑)

非常に面白い。

そういえば、

後輩が錦の真ん中でモツ鍋屋とOPENしたそうです。

クラブで、その話を聞きました。

この後輩は何も言わないので

晩飯で、ワイン4本ぐらいで、

クラブで1本の後でしたが、

お祝いを兼ねて

一人クラブに残し

3人で4人前のモツ&おじや+モエ2本、いきました。

食いすぎました。

モツ鍋屋に、モエがあるところが、うれしい。

最後は、お気に入りのBarで

かる~くシャンパーニュにいちご。

良い仲間ときれいなおねぇちゃんとシャンパンに

囲まれ幸せな1日でした。

そして家に帰っても

きれいな相方がいるしね。

ちなみに、シュワシュワ&ワインは、

僕が頼むだけで、

他の人は、ビールに焼酎にブランデーですけどね。

そういえば、クラブに

連れのチャンスボトル(意味わかります?)があった。

ぼちぼち、高いやつなので

空にぜずにいたらしい。

クラブは、2倍から3倍になるからね。

一人残された友人は、

どうせならということで、そのボトルを下ろしておいてくれた。

値段を聞いてびっくりしたらしい。(笑)

ははは。

でも、感想は、どうりでいつのもヘネシーより

うまいなぁと思ってたよ。だってさ。

また、払える友人だから笑えるのだ。

ちょっと、馬鹿騒ぎをしたのには、

理由があって、

昨日は、僕に先祖からのDNAを受け継がせてくれた

大切な人の14回目の命日。

しんみりしたくなかったのだ。

ざっと、思い出すと早い年月でしたが、

ひとつひとつの出来事を思い出すと

長かったような気もします。

神道のおかげだと思いますが、

手を洗うのではなく

手を清める。と、いう意識。

神様にお願いではなく、感謝。と、いう意識で

お寺に行くと

今までと違った景色になりました。

では、タイトルです。

先日、お付き合いして、

10年以上の車屋さん(社長)との会話で、

フェラーリとトヨタの話になった。

僕は、基本的にあまり車に興味がない。

だって、CFが、マイナスになるからね。

でも、フェラーリは、格好良いというのはわかる。

そんな車に興味のない僕でも

僕より8つほど上なのだが

なぜ、その車屋さんと仲が良いのか

答えは簡単、

お互いにおねぇちゃん好きなのだ。

ちょっと、遠いところにある車屋さんなので

たまにしか名古屋で飲まないが、

飲むととても楽しい。

そして、お互いがまだ、若い頃

数名で、写真がたくさん貼ってあり、

指名制のキャバに行った時

一番に写真からタイプの娘を選び指名した。

先輩やお客さんや後輩がいても

その時は、全く我、関せず。

さすが、オークションで鍛えているだけのことはあり、

選ぶ時は、マジだと感心したことを覚えている。

そして、その車屋さんは、女性にモテる。

顔がいいとか、

お金持ちとかいうのではなく、

何ともいえない雰囲気があるのだ。

だから、友人たちに女を紹介しろと頼まれるのだが、

無理だといっていた。

僕も理由はわかる。

そこで、車屋さんならではの良い話をしてくれた。

紹介しよう。

『濱口さん、(一応お客さんなので、敬語を使ってくれる。)

フェラーリとトヨタの違い知ってます?

お互いにF1に出ているでしょう。

フェラーリは、F1に出るために

車を売っているんですよ。

でも、トヨタは、車を売るためにF1に出てるんですよ。

500億ぐらい使っていると言っていますが

それは、あまりにも勝てないイイワケで、

本当は、その倍ぐらいF1に使っているとも言われています。

ヨーロッパでは、F1の成績で、

車の売上が左右されますからね。

濱口さんもそうだと思いますが、

おねぇちゃんに使うために稼いでいるでしょう。

僕もそうなんですよ。

でも、紹介してくれっていう奴らは、

自分のために稼いで

そして、余った分をおねぇちゃんに使おうとするでしょう。

違うんだよな。

まぁ、どっちが良い、悪いじゃないですけどね。』

ははは、

やっぱ僕の好きな人の発想は、面白い。

さて、男性諸君、

フェラーリになるか、トヨタになるかは、

自分の意思だけですね。

まだまだ、車種はいろいろありますが、

今日は、日本人がいかにも好きそうな

VSの二者択一の話ですので・・・。

あしからず。

                     Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2008-04-24 07:58 | いい感じ編
あえて怒らない
ガキが、回転する寿司屋さんに行きたがっているらしいと、

相方から聞いた。

最近、朝の子供向けTV番組とか

子供向けの本に回転寿司がよく出てくるのよ。

僕は、親戚のガキに対してもそうなんだが、

うちのガキにも、厳しい。

挨拶をしなかったり、

靴を揃えていないと

大声で怒叱る。

で、平気で、顔とかお尻を平手で叩く。

だから、僕に直接、頼みにくいのだろう。

本心でいうと、あのさぁ、僕はね。

ファミレスとか廻るお寿司屋さんは、

あまり好きではないいですよ。

そういうところに、行きたくないから

顔晴って、お金を稼いでいるのもあるんですよ。

でも、いつも、自由気ままにさせて

いただいているので、

相方に言われお付き合い。

ガキは、初体験で、超喜んでました。

そのうち、

「そんな廻る寿司屋いきたくねぇよ。」と、

可愛げのない野郎にならないことを祈ろう。(笑)

廻っているのは、

食べたくないので

板さんに作ってもらう。

でも、手渡しでもらうと意味がないので

いちいち、手前から流してもらい

ガキがうれしそうに、取っていた。

と、言うわけで

ワインやシャンパンもあるはずがなく、

昨日の夕食は・・・・でした。

で、一人で、パスタでも食べに行こうと思っていましたが、

なんとなんと、湯葉のお鮨とかコンニャクのお鮨とかあって

ワリと食べれました。

僕の幼い頃は、

外食は、大体月1回。

鮨といえば、ご飯の量が多い、

マグロと卵とイカとカッパ巻きでしょう。

今の子たちは、贅沢ですね。

3歳になったばかりのクソガキが、

「ぷちぷち食べる~~。」って、

イクラ5皿も、食いやがった。

ありえへん。

回転でなかったら、シバいていました。

こういうお店は、子供連れにとって

ありがたいですね。

感謝です。

僕は、行きませんが・・・。

だって、テンション下がるもん。

では、タイトルです。

先日、あるマンションを見に行くと

ビルの一角に、車のぶつけた後が・・・。

たまにあるのだが、

防犯ビデオに映っておらず

車やバイクを修理されると

犯人がわからない。

もちろん、ちょこちょこ

マンションを見回りにいくので、

どの車・バイクがあやしいかわかるが、

写真やキズのついた車両などの証拠がなく

相手が認めないと、こちらもなんとも言えない。

いちいち、車両を修理に出したか

調べるもの面倒くさい。

まっ、保険で直るしね。

この時は、運の良いことに

ぶつけた車がそのまま駐車場に入っていた。

みっけ。写メで、証拠をとり

入居者さんに電話。

まず、怒られると思っていただろう。

開口一番。

『ぶつけちゃった?

怪我大丈夫だった?

保険入ってる?』と、・・・僕。

『はい。すみません。

保険入っています。』と、・・・入居者さん。

『了解。

仕事忙しいでしょう。

後、やっとくから

保険屋さんから電話を僕のところに

かけるようによろしく。』

これで、終わり。

やっちゃったことをいちいち、怒ってもしょうがないしね。

もう1つ別のマンション、

可動式の駐車場の空いているところに

車が駐車してあった。

大体、目星はついていたが、

その車のワイパーに手紙を入れておいた。

「少し聞きたいことがございます。

濱口まで電話いただけますか?

電話が場合は、ナンバーから

持ち主を調べさせていただきますので

よろしく。」と・・・。

案の定、電話が

『すみません。駐車する場所間違えていました。』

『そうなんだ。

でも、君の場所にも駐車してあったよ。』と・・・、僕。

しどろもどろなので、

『まぁ、いいや。

駐車しないようにね。』と・・・、僕。

『実は、車が2台になりまして、

もう1台駐車場借ります。』と・・・、入居者さん。

『まいどあり。

今までの分は、何も言わないから

来月から家賃にプラスでよろしく。』と、・・・僕。

ここも、いまさら過去に

さかのぼってお金のこといってもしゃ~ないしね。

怒られると思っていた相手を褒める。

褒められると思っている相手を叱る。

相手は、いっぺんに不安感にとられる。

上役が、人事管理などに良く使う手だが

使い方によって、お客様とか女性相手に

使えないことはない。

                     Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2008-04-23 00:28 | つぶやき編
世界で一番幸せな男とは
詳しくは、書かないが、

久しぶりに仕事でヘタこいた。

ちと反省。

待てない自分のせいでした。

また、勉強になりました。

話を変えて、

あさりの酒蒸を相方が作ってくれた。

『はまぐりが、なかったけど

ぼちぼちイケるでしょう。』と・・・・。

たいしたあさりではないが、

確かに、今まで食したアサリの酒蒸の中で、

最強にうまかった。

食べ終わって一言。

『あっ、そういえば使っちゃったよ。』

ってさぁ、おい

値段はともかく、手に入りにくいんだからさぁ・・・。

もう、うまいわけだよ。

今日のタイトル。

これ、何年か前にゴルフ場へ向かう途中で

さんに聞かれた。

何の迷いもなく、

『僕のことですか。』と、返答したら

『ははは、そんなこという奴、初めてだよ。』ってな感じで言われ

例え話でいうのだけど、

『アメリカの家に住み、

イギリスの給料をもらい、

ドイツ車に乗って、

中国の食事をとり、

日本人の妻を持つ男。』と、

(少し違ってたかも知れないが、こんなニュアンスでした。)

言っていた。

ネットで見てみたら、たくさんあるんですね。

リンクしておきましたので、どうぞ。

けっこう、笑えました。が、

日本人がオチですね。

今日のタイトルですが、

どう考えてもやはり、僕ですね。

僕が、あまりにもウキウキ

毎日過ごしているので

家事や育児で忙しい相方に、

『いいねぇ。いつも幸せそうで・・・。』と、言われます。

そんな時は、

『あったり前じゃん。

世界で一番幸せですよ。

君といるんだよ。』

こんで、終わり。

                   Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2008-04-22 01:33 | いい感じ編
利口になる方法
昨日は、TV番組を観ながら

考えさせられることが多かった。

たまたま、チャンネルを回していたら

元19というグループの男の子が「みゅーじん」に出ていた。

あまり知らない子だが、デビュー10年で

道を見つけるために全国47都道府県を一人旅でライブをしていた。

もがいているのが、青春でした。

一所懸命さは買うので嫌いではないが、

大体、タレントで売れて(=会社がうまくいって)

落ちていく奴は、共通している。

プライドと頑固の違いがわからず

謙虚さがない。

後は、「情熱大陸」の野村選手。

彼もまた、4度目のオリンピックに落選して

今後の道を模索していた。

まだ、やれるだろう。

期待しています。

そして、「世界うるるん滞在記」山本太郎ちゃんは、

いつも最高である。

アフリカの子供たちの笑顔の裏に隠されたいろいろな思い。

お父さんが、肌の色が違っても

血の色は同じだ。という言葉が印象的でした。

僕も、2年後、次のステップにいくために

きっと、もがくのだろうと思う。

でも、そこから這い上がるとまた別の道が見えてくる。

だって、知ってるんだもん。

何度も経験しているからね。

では、タイトルです。

人間というのは、

成功物語では、

利口にならない。

自ら失敗して

懲りたり

人の失敗を見たりして

利口になっていく

生き物である。

僕も、今までに

いくらの授業料を払ったのだろう。

まぁ、しゃ~ない。

少しでも利口になるためには・・・。

                     Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2008-04-21 00:58 | つぶやき編
foot

Copyright © 2005 HAMABUILL. All rights reserved.