濱ビル株式会社  
HOME コンセプト 新提案 Viareマンション Haman Resort オンラインショップ 会社概要 お問い合せ

ボンジョ~ルノ!!    MILANOの街並みとBALIの空気が大好きな男。四十代のテーマは、『熱く生き切る。』           濱ビルCEO濱口茂樹のブログです。
by viare
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
イケてる編
ちと真面目編
いい感じ編
毒吐き編
つぶやき編
イカした不動産編
新規物件ing編
飲み屋編
とほほ編
恋愛編
常識を疑え
優位に立つための心理トリック
モノの値段
奥山清行デザイン論
エスプリ編
成功への道筋
Today’s Wine
ショートストーリー
イタリア小話
驚き編
モテるための理論と戦略編
独り言編
Baliの話
以前の記事
2013年 12月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
ブログパーツ
その他のジャンル
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧
ムダ話
今日は、大学生の頃、僕が、

よく歌っていたをどうぞ。

まだ、きちんと先が見えていない頃で

「ベンツに乗りたい」

「社長になりたい」

「財布の中身を気にせず、飲みまわりたい」

こんなんが、夢でした。

本当は、夢ではなく

欲望なのにね・・・。

運がよく、10年後には、

すべて叶ってしまって

調子に乗っていましたね。

やはり、その後、オチましたね・・・。(笑)

簡単にやり始めた事業の失敗、

博打、お金を使い込まれたり、

人に騙されたりと・・・。

でも、元々運の良い僕、

良い仲間と出逢い、

良い人生の先輩たちと出逢い、

そしてなんといっても、

時代の流れのおかげで、

なんとか踏ん張って行動していたら

なんとか超幸せに暮らせています。

書きながら思い出したのですが

後は、浜省の「MONEY」。

この2曲が、僕の自分への応援歌でした。

ベッドで、ドンペリなんて、真似しちゃったりして・・・。

あれから20年ぐらい経ってしまったね。

かわいい坊主でしたね。ははは。

これからは、自分の欲望というよりも、

周りが、楽しくなるような事業で、

がっぽり稼いで、周りも潤うように

しっかり使いますよ~~。

では、タイトルです。

僕は、けっこう一人で行動をする。

例えば、ジムへは、週3回程度の割合で

7年目に入る。

けっこう、人に対して明るく接する僕なのだが

ジムでは、お店の方とも会釈するだけで、

いつも顔を合わせる会員の方たちとも一言も話さない。

なぜなら、仲良くなると

ムダ話の時間が増えるだけだからだ。

僕にとって、ジムはムダ話をする場所ではなく、

身体を鍛える場所、

お酒を抜く場所、

アリバイを作れる場所

頭の中で価値創造する場所なのだ。

僕の多くの友人は、

一人で行動できる人。

すなわち、運がいい人。

一人で行動できない人は、

話し相手がいないからです。

一人で行動していると、

興味のないことは、

退屈するので帰ることが出来る。

興味のない場所には居続けない。

興味がないということは、

自身にとって

出逢うべき何かがないということなのだ。

時間の無駄になるので

相手に気を使い居る必要がない。

ところが、友達と私語をしていると

なんとなく間がもつので

興味がないところでも居続けてしまいます。

運の悪い人は、

大切なところで私語をするし、

大切なときにいません。

興味のないところにいるのです。

運のいい人は、

「この日に会いましょう」

「今から会いましょう」と言われた時に、

その日、今からの時間が空いているのです。

運の悪い人は、その日に予定が入っています。

忙しいのではありません。

予定が入っている人は、

興味のないところでムダ話をしているだけです。

入れなくてもいい予定を入れているだけなのです。

他人の私語に

まきこまれないように

しないといけない。

               Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2008-03-31 00:58 | イケてる編
モノの値段Part33
もちろん、良い仲間と飲むと楽しいのだが

一昨日の友人は、仕事話が、普通にできる。

そして、生の情報をいつも教えてくれる。

収入とか今後の方向性とかの話も普通にする。

そして、お金の支払いもお互い気にせず遊べる。

結構飲んだのだが、あまりにも良い時間だったので

昨日は、1日超テンションが高かった。

この元気さが、怖いですわ。

では、タイトルです。

ドラマや映画のポスターに、

「友情出演」と銘打つ場合がある。

視聴者や観客にとっては、

その俳優が映画関係者の誰かに

”友情”を感じて出演しようかどうしようか、

関係のない話だが、

映画の製作者側にしてみると、

この「友情出演」という言葉には、

なかなか意味深なところがる。

ポスターに並ぶ出演者の順番は、

即、出演者の格付けを意味する。

たいていは、主演者がトップに来て、

2番格は”トメ”と呼ばれて最後に名前が来る。

ところが、出演者のなかに格としては、

一番手にも二番手にも、

劣らないような役者がいたとすると、

「さあ、困った」ということになる。

役者は格にうるさいのだ。

そこで利用されるのが「友情出演」という言葉である。

プロデューサーが菓子折りでも持って

「友情出演ということでお願いできないでしょうか」と、

役者に頭を下げて納得してもらうのだ。

したがって、この場合の友情値段は、

ゼロなんていうことはなく、

規定よりも多い額を払っているケースもある。

いっぽう本物の友情出演もあり、

自主制作映画などに有名俳優が、

安い値段で出ることがある。

同様なものに「特別出演」がある。

実際に特別に出演してもらうこともあるのだが、

タイトルに出す名前の序列の都合上、

どうしても「特別出演」とせざるをえないことがある。

たとえば、大御所俳優がワンシーンにだけ

顔を出している場合。

まさか、その他大勢の出演者と

名前を並べるわけにもゆかず、

「特別出演」の冠をつけてタイトルに流すわけだ。

こうすれば大御所もゴネることがない。

芸能界における「友情」や「特別」というのは、

だいたいそういうことだ。

                      Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2008-03-30 00:01 | モノの値段
泥棒の論理
昨夜は、飲みすぎました。

いやぁ、楽しすぎました。

もう、18時には、超絶好調。

僕が、非常に頼りにしている方なのだが、

少し入院していた。

土地も最近、仕入れれて

運のいいことに同じ時期に着工もする。

快気祝いもかねて、の二人の飲み会。

何本飲んだのか、いくら使ったのか

じぇんじぇん、わかりませ~~ん。(ウソ)

今、領収書見て笑っております。

まぁ、お店が少しでも潤えばいいでしょう。

ヤヴァイ。かわいすぎ

では、タイトルです。

泥棒の論理って知ってますか?

こういうことなのですが、

泥棒は警備システムのシールの貼り付けた家を

避けるとは限らずむしろ金持ちだと考えて狙うこともある。

と、いう。

捕まれば、盗んだ金額に関係なく刑罰を受けるからだそうだ。

どうせやるなら、でかいほうがよい。

今では、外国人の荒い犯罪が多いが、

日本人の泥棒は、

侵入しても、家人がいると、

逃げる傾向があるという。

危害を加えると、

窃盗から強盗に変わり罪が重くなる。

プロの泥棒は、適当に犯罪に手を染めるのではなく、

法を念頭に損益計算書を頭に入れて

犯罪を犯すのだ。

そう考えると

一般の人は、どれだけ堅実な決断を下ろしているのだろう。

常に、「最悪の場合」を計算しながら

判断をしているだろうか?

経営者は、その点、

結果が不透明でも

この世にない商品やサービスを開始する時は、

大金をはたいても新事業に乗り出す時がある。

成功する確率なんてわからない。

失敗したら、どんぶり経営、

ギャンブル経営、独裁者などと、批判される。

成功すれば、開拓者、カリスマ経営者、時代の寵児などと

神様のように崇められる。

どちらにしても、決断するしかない。

さいころ丁半で5割の確率でも

長い目で見た確率は5割でも、

1回1回の確率は、不確実である。

5割の確率でも失敗する時は

失敗する。

ならば、泥棒の論理のように

どうせなら金持ちを狙おうと

失敗を見越して判断できるかどうか

そうでない人は、

いつまでも、

「こんなはずじゃなかった」とクヨクヨ悩む。

決断が成功するかは

確率だけの問題ではなく、

リスクをどれだけ見越せるかで

結果は決まる。

もちろん、プラス思考は、良いことだが

決断する時は、常に最悪の場合を考えておく。

                     Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2008-03-29 08:38 | ちと真面目編
♪あなたな~~らどうする
ど~でもいいですが、

初体験でした。

塾の大先輩の会社の中でのプライベートサロンでの加圧トレーニング

今年に入ってからずっと、いきたかったのだが、

中々予約がとれない。

他の場所もあるのだが、

やはり僕は、お金を払いたい人の所へいきたい。

最終的に、大先輩の大橋社長にお願いしてしまった。(笑)

そうしたら、予約とれました。

月2回いくことにしました。

次回は、4月の半ば。

よっしゃ~、HIROMI GO目指して、

益々パワーアップじゃぁ。で、

ジャピァ~ンじゃなくて

シャンピァ~~~ン!

夜は、会話ゼミの後、

先輩のお気に入りのお店へ・・・。

どうも、生意気だったので

先輩、お気に入りの女性(ママ)を泣かしたようで

叱られました。とほほ。

今日は、あやまらないといけません。

本当に良い先輩なので、

そいつの態度にむかついたのですが、

僕が、言うことではなかったです。

いかんいかん。

記憶がありませんが・・・。(イイワケ)

ちと、人格者のように

していますが、元々はドSな僕。

しゃ~ない。しゃ~ない。

では、タイトルです。

会社勤めのあなたは、

いつかは、自分のお店、

わかりやすいように、

今回は、Barにしましょう。

Barを持ちたいと思っています。

ある晩、よくいくBarにいくと、

オーナーから

『実は、家族の事情で、

田舎に帰らなければいけなくなった。

誰かにお店を譲りたいのだが、。』と、聞いた。

さて、あなたな~~~~ら、どうします?

まぁ人の考えも行動も

正解は、ないので答え合わせはいらないでしょう。

きっと、僕が思う、成功する人なら、

すぐに、会社を辞めて、

どうにかして、融資を集め、

店を手にするだろう。

真剣にBarをやりたいと思っていたら

こんなチャンス考えるまでもないでしょう。

もしくは、睡眠時間、遊ぶ時間を削るだけだから

会社と掛け持ちもアリですよね。

夢が、口だけの人は、

『この仕事にケリがついたら』

『長女が小学校に入ったら』とか

イイワケが、先にくる。

まぁ、気がついたときには、

すでに他人のモノ。

結局ね。

決断した時点で、会社や今の生活は、過去なのだ。

成功したければ、

決断力をつけなければいけない。

「もし」「たら」「れば」「今度」とお化けは、

この世にはないのです。

                    Shigeki HAMAGUCHI



[PR]
by viare | 2008-03-28 05:28 | つぶやき編
宇宙の法則
久しぶりにゆっくりリアルタイムでNewsを観た。

桑田選手、引退を決めたようで

お疲れ様でした。

僕より1つ年上だが、確か4月1日生まれなので

1日違えば同級生。

野球にはあまり興味はありませんでしたが、

陰ながら応援していました。

年下の僕が言うのもなんですが、

彼の人としての成長は、すごいですね。

それにしても、昨日は、

1日いつも以上に超いい日でした。

少しの判断のせいで、

数分時間が違えば

なかったことが、いくつも・・・。

で、運がいい元気なBlogを書つもりでしたが、

それにしても、世の中殺伐としたNews多いですね。

内容は、僕の運が落ちるので書きたくもない。

これなら、飲みにいったほうが体力的にはきついが、

精神的には、良かったかもね。

まぁ、たまには、世間を見なさ。ということだと

思うので、いろいろ考えたいと思いました。

では、タイトルです。

今日の内容は、好きではない人も多いと思います。

あしからず。

神道のこころ」 葉室頼昭著を勉強会のO塾長に

いただいた。

最初、なんだか宗教チックだなぁ。

多分、僕が、好きではない本だろうと思った。

だが、まずは、受け入れることが大切だと

塾で学んだおかげで、素直に読むことが出来た。

ハッシーのBlogにも、紹介されておりびっくり。

福岡の古澤社長も読んでいたらしく、

同じ世代で、きちんと生きている人たちは、

同じように学んでいるのだなぁと思った。

多分、この本読んでも、

そんなアホなと思う方も多いと思うし、

題名だけ見ると

変な宗教にはまってないかぁとも、思われると思う。

実際、美容室の従業員には言われた。

だから、あまり人にはこの本は、勧めない。

でも、そうじゃないんだよな。

ただ、人それぞれなので、いいのですが、

きっと楽しく仕事をしていて、

それなりに、稼げていて

志があり、

私って、僕って幸せだなぁと思って

生活している人が読めば、

すっと心に入ってくる本だと思いました。

今は、「神道 感謝のこころ」は、読み終え

神道 見えないものの力」を読んでいます。

だぶるところも、ありますが、

1冊だけではなく、

この著者の本をもう少し読みたくなったのは事実です。

興味のある方だけに少しご紹介しましょう。

「感謝のこころ」の目次からですが、

・・・感謝のこころと光の反射・・・

・・・正しい生活を送っている人が

なぜ不幸になるか・・・

・・・いのちないものは滅びる・・・

・・・見えない心を知る・・・

・・・よみがえりの力・・・などなど

54話の話があり、非常にわかりやすい。

ただ、作者のことを知らなければ

「はぁ?」となるので、最初の1冊にはどうかなぁと思う。

まだまだ、未熟な奴ですが、

身体に余分なモノを入れないようにして、

身体を動かすようにして、

人として当たり前のこと、

例えば、挨拶をする、

靴を揃える、

トイレをきれいにするなどなど

シンプルに生きだしたら

周りの友人にも恵まれ、

仕事にも恵まれ、

入居者様にも恵まれ、

相方にも恵まれ、

ガキも、五体満足に生まれてきて、

時間も自由に使えて、

身分相応にお金を使うので

あまり財布の中を気にせず遊べて、

おねぇちゃんにも

モテすぎて困るぐらいに

幸せな生活を送っている。

この前、島田紳助がTVで、若手芸人に

『一番、やっかいなのは、なぜ売れているか

わからん奴。

売れなくなった時もなんで、

売れへんのかわからん。』

今の僕が、読むべき本だったのだろう。

このおかげで、僕が、

幸せな生活が送れる理由が

なんとなくだが、わかった。

これなら、もし、自分がオチてきたとしても、

なぜ、自分が、

ダメになってきたのかが、わかると思う。

ここさえ、理解できたら

また、這い上がれる。

後は、人と話していて、

だからこの人は、成功しているのだ。

だからこいつは、ダメなんだなぁと、

勘ではなく、頭で理解できるようになった。

宇宙の法則です。

O塾長ありがとうございました。

                   Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2008-03-27 00:08 | ちと真面目編
ポジネガ
やはり、少し飲みすぎた次の日は、

身体がだるい。

夕方からどうも、錦は暇な様子で

ママたちからお誘いの電話にメール。

僕が、営業電話嫌いなのは、

知っているのでかけてこなかったが、

最近では、知ってた上かけてくる。

よほど、暇なのだろうということで

顔を出すのでまた、かけてくるという理由。

自業自得じゃん。(笑)

仕事の流れで、飲みにいくのならいいのだが、

ふわふわ生きていそうに見えるのだが、

けっこう来年着工のマンションのことで

頭がいっぱい。

ここだけは、外せないからね。

だから、ただ、飲みにいっても全く楽しくない。

今は、頭の中で創造している時間のほうが、

とても楽しい。

てな理由で、夜は、ジムにもいかず、久しぶりにビリー。

いい汗でました。

ここのところ、売出し価格の話し次第では、

半額前後になりますよ。と、

いう案内物件が数件あった。

すごいと、思われた方、間違い。

売出し価格が異常なのだ。

どの物件も、うん億円で、

なかなか普通の人では融資がおりない。

売主は、ほとんどファンドや開発業者

高値で購入したが

早く手放したいのだろう。

場所が好きではないので、

見てすぐ終わりだが、

ファンドの買いの話を年末あたりから

聞かなくなったということは、

10年前のような値段には、

戻らないと思うが、

そこそこ、買える値段に落ち着くだろう。

僕のイメージにピッタリのホテル用地も

5年以内に購入と余裕を見て探しているので

まぁ、買えるだろう。

だって、僕は、運がよく、

ツイていますから・・・。

では、今日は、心理学のお話です。

心理学に、『意識の法則』というのがある。

どういった法則かというと、

「あるものに対する意識は、

それを抑えつけたり、

否定したりといった抵抗を受けて

初めて明確に生じてくるというものだ。」

これでは、あまり意味はわかりにくいです。

では、少しわかりやすいように・・・。

かつて放映された『ヒッチコック劇場』の冒頭の

CM導入部にこれを応用していた。

ユーモラスなヒッチコックおじさんが出てきて

話し始めるのだ。

『番組の一部を、放心状態で見ることについての

スポンサーからのお話です。

ほかのことを考えている人もいますし、

もっと無遠慮な人になると、そのあいだ、

見るのをやめてしまいます。

しかし、つまらないものでも、

楽しそうに見てやるべきです。』

こうして、CMが始まるのだが、

「番組の一部」というのは、

もちろん、ほかならぬこのCMのことである。

つまり、CMについて否定的なことを言って、

逆にCMを意識化させ

視聴者の注意を引きつけようというわけなのである。

あるでしょう。心理学の反転図形。

黒い地に、白いトロフィーを

おいた図形をじっと見つめていると、

トロフィーにも見えるし、

二人の人間が向かい合った顔にも見える絵。

このことからわかるように

僕たちが見ているのは、物自体ではなく、

物と背景との関係なのだ。

これは、いわゆる、

ポジ(陽画)とネガ(陰画)の関係と言っていい。

否定を持ち出すことによって

かえって強く肯定を浮き彫りにして

印象づけることができるのだ。

この原則にもとづいた表現方法は、

いろいろなところに応用されている。

例えば、最愛の人に

『会いたくない』と言ってしまうのは、

この原則の自然な表れだろう。

何か試験を受け

受かったことがわかり、

妻や彼女に電話をする。

『なんかさぁ、あ~あって感じ。』

『えっ、ダメだったの?』

『やっぱ、うかったよ。』

かつがれた相手は、一瞬、怒るが、

次の瞬間、反動的に喜びが胸にこみ上げ

それ以後も忘れられない思い出になるだろう。

                   Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2008-03-26 00:08 | ちと真面目編
プレミアム戦略
昨夜は、地元でお世話になっている一部の方をお誘いして

うちの弟の焼肉屋で夕食。

僕は、べジタリアンでもマクロビアンでもありませんからね。

昨夜は、少し肉を食したのでいつもよりイケイケモードで・・・。

うざいのは、野菜を人より多く食べたり、

どう見てもまずそうな(身体に悪そうな)肉を食べないだけで

「変わってる」、「ベジタリアン」などと言われる。

こちらからしたら、人に迷惑をかけず

健康できちんと暮らしていればどうでもいいことで、

僕が、勉強して行動した中では、肉は必要ないと悟った。

だから食べないだけ・・・。

もちろん、食べたい時もありますよ。

口が覚えていますからね。

とにかく、人のことをてめぇの尺度で決めてほしくないだけ、

ほかっておいてほしい。

いかんなぁ。

うちの弟の焼肉屋なので、信用できるのでうまい。

だから、昨夜は、少し肉を食べた。

これだけで、ちとケンカ腰。

経験上、最近の性格と体調に戻るのに4日間かかる。

そんなもんです。

「そんな馬鹿な。」と、いう方、

僕と同じ行動をしてみてください。

それ以外わかりませんから・・・・。

車で名古屋に戻るので

酔い醒ましにカラオケに・・・。

今の若い子は、歌がうまい。

リズム感がちがうなぁ。

Nさん、また聞かせてね。

M社長は、またご臨終でした。ははは。

話変わって

この藤田社長のBlog熱くていいねぇ。

楽にお金を稼ごうと株を始め、

板倉さんから企業価値を学び、

やはり経営者は、きちんとわからないことに

投資していてはいけない、

自分に投資するべきだ。と、思ってからもう1年以上前に、

株は、すべて売却してあるので

マクロの世界で見れば、大変なことだが、

ミクロの世界で見ると

僕には、全く関係がなく

今の相場でも、のほほ~んと生きている。

以前、藤田社長の会社の株は、

けっこう持っていたからね。

本当にたまたまなのだが、

ライブドアの強制日の前の日に

いったん、すべて売却してあったのは

運が良かったのだが、

その後に買い込んだのがいけなかった。

よ~け、損しました。(笑)

まぁ、しゃ~ない。

生きてるだけで丸儲けだもん。

では、タイトルです。

今日は、すみません。

自分のメモ用な内容で手抜きです。

これからのモノ創りの方向性は、

プレミアム戦略でないと、勝ちにくくなる。

プレミアムとは、富裕層を対象にした

ものではない。

今までと全く違った価値観を持つ消費者を創るのだ。

自分のメモとして、戦略と原則を書いておこう。

プレミアム戦略は、

①「たくさん売ろう」としない。

②「カスタマー」ではなく「ファン」と作る。

③「ストーリー・テリング」を大切にする。

はずしは、ならない原則は、

①「作り手の主観」こそが命。

②常に「モダン」であり続ける。

③派手な広告・宣伝はしない。

④飢餓感・枯渇感を醸成する。

⑤安易な拡張は行わない。

⑥販路を絞り込む。

⑦細部にこだわる。

⑧グローバルを目指す。

大小企業も同じだと思うが、

濱ビルも、良いモノを創り

残していくのは、これしかない。

                        Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2008-03-25 05:18 | ちと真面目編
継続は力って本当?
東京からの帰り、丸ビルにいったのだが、

とにかく、トイレが、汚かった。

紙コップ、マックの紙袋、本、雑誌などなど

手洗い場とか洋式トイレの中にあった。

ゴミ箱がおいてないこともありますが、

お客のマナーがひどすぎますね。

と、いうことで、このビルでは、

食事はしませんでした。

昨晩、録画しておいた金スマ

ホームレス中学生』の著者・麒麟の田村君を観た。

感心したり、そうだよね、と思ったり・・・。

別に彼に興味はないですが、

彼の思考は、いい。

週刊マガジンに連載されていた(僕も読んでいた。)

野口英世のマンガを読んで

僕も教科書に載れるようになれば

きっと、亡くなった母親が褒めてくれると素直に思い

『将来、教科書に載れるようになろう。』と、決めたそうだ。

とても、素直な彼でしたので

本気で思っていたと思う。

お笑い芸人になった時点で、

まさかですよね。

この本、内容を抜粋されて教科書に載ってるようですね。

意識は現実を創ります。

では、タイトルです。

僕も、郷ひろみの真似をして

週3,4回ジムに通いだして早7年。

昨日、郷ひろみの

お嫁サンバ→2億4千万→アチチのLIVEを

5回も観てしまいはりきっていたので

大体、ほとんどの重りの重さが、

いつもの9kg増しで、運動しました。

疲れました。

僕は、ワリと意地っ張りなので、

きちんと決めると維持でも継続してしまう。

今、思いつくのは、

18歳~22歳、25歳~現在、

毎月決めた日にちに決めた金額の定積。

これは、金融機関に信用力を高めるには必要な行動。

だって、あなたが、お金を貸すのに

今月は、儲かったから50万、

出費が多かったから今月はなし。

儲からなかったから今月は、2万円。

という人と、

毎月、同じ日に10万円、

定積する人どちらにお金貸しますか?

いろいろな人と逢うので、大体相手の接し方で

こいつ、妬んでるなぁとか気が合うなぁというのは、分かる。

そんな時、『僕は運が良くて、金融機関のTOPの人が

気に入ってくれてお金を融資してくれたから

今の僕があるんだよ。』と、話す。

ほとんどの人が、

『へぇ、運がいいねぇ。俺もそういう人と出会えれば

ビルぐらいもってたね。』てな返答がくる。

めんどくさいので、『そうだね。』と返しておくが・・・。

運は、自分で呼び込むものなんですよね。

TOPの人、いいましたから、

『濱口さん、見た目と違い、

きちんとしてますね。

何年間も、収入の○割を毎月、

決めた日に定積していただいてますね。』 

この継続は大事です。

後は、煙草。これは、37歳から禁煙中。

朝のうがいは、まだ3ヶ月ぐらいかな。

朝の梅醤番茶は、7ヶ月。

トイレ掃除など、もう少し考えれば

まだまだ、あるけど、まぁおいておいて。

あぁ、Blogもそういえば、

3年弱ぐらい毎日続いてるなぁ。

今のところ、年下の経営者もしくは、

経営者を目指す人に

僕が学んだことで、

感じたことや

読んでほしいので良書から抜粋したことを

読んでいただき、そして、

しっかり社会に価値を提供しながら

儲けてくれよ。という想いで書いています。

もちろん、自分の勉強にもなっています。

まだ、決めていないが、

今イメージしている年下の経営者たちが、

成長してきたり

いつまでも成長しないようなら

毎日の継続は、そのうちにやめると思う。

成長している人からしたら

こんな当たり前の内容読んでもしゃ~ないし、

こんな当たり前のことが、

いつまでもできず成長しないようなら

永久に無理だから、

書くだけムダだしね。

それに、毎日アップしていることが、

当たり前だとは、思われたくないからね。

大切なのは、今、この瞬間。

だから、継続が力だとは、思っていない。

意味のない継続は、

力ではなく、ムダなのだ。

継続するべきか継続しないべきかを

判断することが大切なのである。

                        Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2008-03-24 00:24 | いい感じ編
モノの値段Part32
家に帰り、たまったビデオをチェックしていたら

ドリームLIVE2008に、郷ひろみが・・・。

イケてるなぁ。

さてと、今日はジムでみっちり汗をだそう。

では、タイトルです。

かけそばの中に卵がドボンと落っこちて、

ナルトやワカメが乗っかっている月見そば。

とろっとした卵がそばを優しく包み、

卵とそばとの相性の良さを味わえる一品である。

そばだけでは、心細いという人には、

卵が重要な栄養源として腹を満たしてくれもする。

ところが、月見そばの値段ときたら600円~700円が相場。

かけそばが400円くらいがいいところなのに、

卵1個落とすだけで、

どうして値段がハネ上がるのだろう?

立ち食いそば屋なら、生卵1個はせいぜい50円程度。

かけそば400円に50円を足したら450円。

具のナルトとワカメ分と手数料を加えても、

せいぜい500円が妥当というものだろう。

しかし、そば屋にいわせると月見そばというのは、

単にかけそばに卵を落としただけの代物ではないという。

卵を落としてから少し火にかけ、

白身がうっすら白濁したところを客に、

出すのがポイントなのだとか。

”黄色い月にかかる白い雲”それでこそ、

月見そばなんだと。月にかかる雲を作るには、

絶妙なタイミングが必要で、

その技術料が高くなるのだとか。

                     Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2008-03-23 00:18 | モノの値段
平凡な話題も逆なら・・・
まだ、東京です。

神座は、やっぱうまい。

完璧にはまっている。

僕は、どうも汐留辺りが落ち着く。

僕の好きなコンラッド東京

なんだか、2割ほど値上がったようで、

僕の思う価値よりも価格は高い。

ぞくぞくとできる外資の高級ホテルの値段に

対抗しているようだが、

どうだろうね。

僕は、今の値段では泊まれない。

ちょいと前に友人から

『安くていいホテルあるよ。』と、聞いていた。

で、今回は、

三井ガーデンホテル汐留イタリア街に宿泊している。

後、宿泊を決めたのは、ちょうど部屋の広さが

来年、着工のマンションと同じ広さ。

頭の中で、いろいろと創造できて

楽しいです。

東京に来た理由は、

図面のチェック。

昨夜は、先生とアシスタントの方を連れカシータへ・・・。

皆様、喜んでいただけたようで

お店に感謝です。

そして、いつものごとく飲みました。

そういえば、東京のタクシー初乗り710円

ありえん。

では、タイトルです。

イギリスの文豪バーナード・ショーは、

ウイットに富んだ数々の名言を残している。

演技力よりもむしろ美貌で評判だった女優が、

ショーに熱をあげたことがあった。

彼女は、いったん惚れたら何が何でも

モノにしないとおさまらない性格で、

これまでにも、その美貌を武器にして

大胆に男に言い寄っては、

そのつど勝利をおさめていた。

彼女は、自信満々、とっておきの殺し文句で

ショーを口説きにかかった。

『あなたの才能と私の美貌を受け継いだ

子供が生まれたら、

とっても素晴らしいことだとは思いませんこと?』

文豪は、すかさず、

『きみの才能と私の容姿を

受け継いだ子供が生まれたら

どうなるんだい。』

この女優は、二の句がつけず、

すごすごと退散するほかなかった。

ここからの学びは、

言葉の順序をいれかえるだけで、

印象が全く異なるということ。

「犬が人に食いついたのでは、ニュースにならない。

しかし、人が犬に食いつけば、

立派なニュースになる。』というのは、

ジャーナリストの心得として有名なものである。

この原理を日常に応用すれば

聞き手に新鮮な衝撃を与えることができる。

では、ひとつだけ例を挙げておこう。

『僕は、君を愛している。』と

言っても全くとりあってくれない恋人に対して

『君は、僕を愛している。』と攻撃戦術を

変えてみたらどうだろう。

この言葉に不意をつかれた彼女の心には、

あなたのことが、

あざやかに刻み込まれるはずだと思う。

                      Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2008-03-22 06:58 | つぶやき編
foot

Copyright © 2005 HAMABUILL. All rights reserved.