「ほっ」と。キャンペーン
  濱ビル株式会社  
HOME コンセプト 新提案 Viareマンション Haman Resort オンラインショップ 会社概要 お問い合せ

ボンジョ~ルノ!!    MILANOの街並みとBALIの空気が大好きな男。四十代のテーマは、『熱く生き切る。』           濱ビルCEO濱口茂樹のブログです。
by viare
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
カテゴリ
全体
イケてる編
ちと真面目編
いい感じ編
毒吐き編
つぶやき編
イカした不動産編
新規物件ing編
飲み屋編
とほほ編
恋愛編
常識を疑え
優位に立つための心理トリック
モノの値段
奥山清行デザイン論
エスプリ編
成功への道筋
Today’s Wine
ショートストーリー
イタリア小話
驚き編
モテるための理論と戦略編
独り言編
Baliの話
以前の記事
2013年 12月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
ブログパーツ
人気ジャンル
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧
全然、ちゃう
良くわかりませんが一昨日から気分のいい日。

やっぱさぁ、僕は、・・・・・・。

まぁ、天災(笑)(本当は天才、こっちね。)とか

すンごいとか書くのを止めますね。

いつものごとく酔っぱですので・・・。

Sちゃんナイスなセミナーありがとう。

毎月楽しみです。

では・・・。

先日、人に言われた。

『濱ちゃんは、

いずれ有名なデザイナーとかに依頼して、

デザイナーズマンションを作るんでしょう。』って。

知り合って数年たっているのにね。

そういう感性だから、

こいつ金儲けヘタなんだよなぁ。

いくらかっこいいマンションができようが、

それは僕の作品ではなくなる。

そんなのイヤだよ。

僕が、調達したお金で

土地を買い

建築するんだよ。

なんで、誰だかわからない

有名デザイナーだか

知らないけど、

そいつの作品集の中に入るのは、ごめんだよ。

僕が住みたいマンションを企画して

少しでも良い物件を

価値より安い価格で貸したいから

やれることは、自分で全部やるんだよ。

楽しいしね。

わっかんねぇかなぁ。

まぁいいや。

                     Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2007-11-30 02:48 | イカした不動産編
・・・みたいになりたい
ど~でもいいけど、

想定外(なんかなつかしい言葉)に飲みました。

飲みすぎましたので

また・・・。

では、タイトルです。

よく、誰々、みたいになりたい。と、いうヤツがいる。

例えば、僕は、郷ひろみは好きで

良い心の持ち方を真似したいと思っている。

いくつになっても、

見た目のスタイルも、変わらず

アイドルとしてのスタイルを全うしているところが

好きなのである。

髪型やかっこつけてる仕草や

服装を真似したいわけではない。

きっと、表面だけ見て

郷ひろみみたいになりたいと、

思ったその瞬間、

一番遠いところにいっちゃうんだと思う。

                  Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2007-11-29 00:58 | いい感じ編
モノ
11月中旬の退去のお部屋。

今日、申し込みが入る予定がドタキャン。

流れ的に、80%以上は、

もしやと思っていたら案の定。

勘がさえてるねぇ。(笑)

重なったので1つ断ったのに・・・。

一応、断ったほうの仲介業者に連絡をしたが

きっと、気分悪いからダメそうなんだよなぁ。

やはり、会社の大きい・小さい・有名・無名にかかわらず

判断力のある人と話さなければ意味がないと再認識できました。

いくら雇われ店長や雇われ社長が良いと思っても

決断権のある人がダメと言ったらダメなんだよなぁ。

まぁ、顔晴って決めますわ。

話し変わって、香川の事件犯人捕まりましたねぇ。

一人だけの犯行かまだ、わかりませんが・・・。

罪のない子供さんは、本当に可愛そうですが

きっと、殺された方、金銭問題でよほど恨みを

かっていたんだなぁと思います。

僕も、仕事柄、金にだらしない人との

お付き合いがありますから

金銭的なことで、『この野郎!!』と思うことはあります。

もちろん、理性がありますから

今のところ犯罪はしておりませんが、

許せない奴は多々います。

こういう奴らは、口だけか、

ケツを割って逃げちゃうのがほとんど。

そうなると、その憎しみは、

本人だけではなく

関係ないといっても、生んだ親や

そいつが大切にしている家族も同罪だ。てな具合まで

憎む気持ちもわからないではありません。

最近にしては、とても興味をひかれた事件です。

人それぞれ

いろいろな意見があると思いますので

この話は終わり。

では・・・。

「『モノ』には、

「生活のために必要だから仕方なく買う物」と

「必要ではないけれど欲しいモノ」とがある。

もう、必要だから仕方なく買うモノを

創るべきではない。

いらないけれど欲しくて仕方がないものを

創らなければいけない。

そういうモノのほうが、

人生を豊かに

長年にわたって使われるからである。」

これは、奥山さんの本の一節なのだが・・・。

アホぐらい新規物件ができてる今後、

これからの賃貸業は、

部屋を借りるつもりのない人が

借りたくなる物件を

創っていかなければ先は見えない。と思う。

                     Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2007-11-28 00:35 | ちと真面目編
グッとこらえて
昨夜というか今日も楽しい1日でした。

うまい料理に、うまいイヤイヤ・・・

きれいなおねぇちゃんに

うまいシュワシュワに、

良い会話。

あかん。楽しいですわ。

では・・・・。

元々、商売人の家系に育った僕。

幼い頃から保育園にいかされていた。

で、うちのガキもそうしている。

1歳に満たないときから預けている。

で、1歳を過ぎた頃に

土曜日は、ホテルのプール教室にいかせるようになった。

これは、土・日は、家で、相方が、

ガキを見る負担を少しでも

少なくしようと思ったからだ。

1年以上経ち、最近は、保育園を休ませ

水曜日にいかせるようになった。

理由を聞いたところ、

土曜日は、混んでいて平日のほうが

人が少ないらしい。

前なら、

『馬鹿じゃない。お前。何の為に、いかしたと思ってるんだ。

それじゃぁ、プールいかした意味がない。

クソガキごときが、セレブな家庭じゃあるまいし

市民プールいけよ。辞めちまえ。』と、

言ってしまう性格の僕。

で、きっとケンカになったことだろう。

でもね。

女性が、一番。


グッとこらえて、

『君の体が心配で、

土曜日教室のあるプールいかしているのだから、

頼むよ。』と、言ったら

『そうする。』ってさ。

ははは。

家でも女性の扱いがうまくなったもんだ。

失敗してみるもんだなぁ。

(理由がわかる人には、わかる。

わかる人は、コメントに書かないように・・・。)

                        Shiegki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2007-11-27 08:08 | つぶやき編
粋な別れ
面白いです。

このBlogをルー語に変換してみました。

すぐに、クドくなりますが・・・。

では、タイトルです。

僕は、粋という言葉が好きである。

格好がいいとかと違い

本来、日本人がもっていた美意識が

伝わってくる言葉だからだ。

粋な仕事をして

粋な遊びで楽しんで

粋な人生を歩みたいと思う。

ただ気をつけなければならないのは、

今日のタイトルなのである。

粋な別れなんていうものはない。

別れで50/50っていうことはありえない。

どちらかに多少の恨みつらみ残る。

だから別れるときは、

粋な別れより

無事な別れが大切なのである。

                       Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2007-11-26 00:18 | いい感じ編
モノの値段Part15
連休の真ん中、意外と営業しているお店は多く

調子に乗って飲みすぎました。

では、日曜日ネタです。

物価の優等生といわれるのが、ニワトリの卵。

ここ10年どころか、20年以上も

その値段のほとんど変わっていない。

これほど長く変動がないのは、

ニワトリの飼い方が、

ずっと進歩しつづけてきたからである。

まず、改良されたのが、ニワトリを飼う場所。

昔は、平飼いといって、土の上に放し飼いにされていたが

ニワトリをアパート状にして飼うケージ飼いが一般的になった。

これによって、土地の利用効率が飛躍的にアップした。

さらに、自動的に卵を集めパックするというシステムが

確立して人の手間がかからなくなった。

すると当然、人件費が節約できるからほかの商品のように

値段を上げる必要もなかったのである。

また、エサについての研究も進み、

栄養分を落とすことなく、

コストを抑えることに成功。

これに、ニワトリ自身の品種改良で

卵をよく産むようになったことが重なって

何年にもわたり、卵の値段はそれほど変わらなかったのである。

ただし、ニワトリをゲージに入れて運動不足にしたことで、

卵の味は落ちたという声もある。

また、卵の値段が上がらないので

小さなニワトリ農家は、それだけでは十分な収入が稼げない。

とくに、猛暑がつづくと

ニワトリがバタバタと死んで

その影響で倒産するニワトリ農家は年々増えている。

                         Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2007-11-25 11:22 | モノの値段
やるしかない
さて昨日は、名古屋シティマラソン(10km)でした。

今年で3年目、少しづつですけれど

毎年タイムが良くなっています。

年齢と逆行してうれしい。

ただ、皆のレベルも上がってきており

もっと僕も、顔晴らないといけないと感じました。

もちろん、タイムが伸びた人は、

必ず練習をしています。

それに加え、タバコを止めたり、

食事を変えたりして・・・。

そして、いい成績の人から良いところを学んで自分のモノに

していくのです。

塾は、自己啓発と相互啓発の場。

毎年、自分の進化と同志の進化が楽しみになってきました。

継続は、力ですねぇ。

さて、一応、このBlogは、経営者向けとなっています。

残念なことに、マラソンの参加者の何名かは、

事前にキャンセルだったり、ドタキャンがあったりしました。

もちろん、体調のことは、自分でしか、

わからないので何かあっても、自己責任ですので

『走らない。』という判断も時には、正解なのでしょう。

仕事の感覚で話すと

『走る、走らない』の世界でいいでしょう。

しかし、経営者の感覚で語ると

『走る、走らない』の判断はなく、

やるしかない。』世界なのです。

自分で決めたことですから・・・・。

体調が悪いから、どうしようか

行こうかなぁ、休んじゃおうかという世界と

『行くしかないじゃん。』という世界は別物なのです。

わかりますよね。

僕の次回の新規物件ですが、入居者は、

『入るかなぁ、入らないのかなぁ』という世界と

物件完成前に満室は、当たり前で

入れるしかない。』という世界は別物でしょ。

経営者は、

やるしかない。』のです。

最後は、いつものサウナで打ち上げ。

これまた、なお楽し!!


                       Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2007-11-24 00:08 | ちと真面目編
ウケました。
只今、戻ってまいりました。

急に寒くなり、

夏に蓄積した太陽熱がなくなりましたので

充電してきました。

それにしても、今年の1月にも、

同じような日程で

太陽の光を浴びにいったのだが

その時に比べて体調の良さが異様にわかる。

おそるべし半断食。

今日、早速、10kmだけど名古屋シティマラソン

去年より、いいタイムがでるといいなぁ。

なんか、余計なことをしたら

皆様のコメントが消えてしまいすみません。とほほ。

書くことがありすぎて困っておりましたが、

帰ってきて、数百通のメールの中に、

1通テンションの下がるメールが・・・・・。

僕は、その方に全く興味がなかったので

7年間強、一言も話したことはないが。

理由があって、退塾になっていたのだが、

先日、41歳にして自らの命を絶ったそうだ。

話したことはないとはいえ、

知っていただけに、複雑な気持である。

彼の心の中などわかるわけもないが、

どのような気持ちで命を絶ったのだろうと

考えてしまうと

『俺は、いつ死んでもいいように行動しているぜ!!』と、

言っているが、(本心で思っている。)

現実で考えてしまい、妙に怖くなってしまった。

でも、きっと、この怖さが、

僕にとっての剛さになると思います。

故人のご冥福をお祈り申し上げます。

太陽とシャンパンと昼寝で、

超ご機嫌だったのだが

困ったもんだ。

元気なので、ズバッと飲みにいきたいところだが、

マラソンだしさぁ。

前フリが長くなってしまいました。

少し気分が落ちてしまいましたので、

今日は、ほのぼのした話にしましょう。

では、行きの空港での話です。

ビジネスラウンジに、

2歳ぐらいの子供を連れた夫婦と両祖母がいた。

席は、僕の後ろのソファーで一家団欒で

飛行機を待っていた。

子供が、食べ物らしきものを持って遊んでいた。

子供の母親が、

『パパの所に、持っていってねぇ。』と優しく声をかけていた。

2歳の子供は、何を思ったのか、

僕のところに持ってきた。

『すみませ~ん。』と、子供の母親が捕まえにきた。

一瞬シーンとしたので、

僕は、2歳の子供に向かって

『身に覚えがないからきっと、

キミのパパじゃないと思うよ。』と、

言ったら二人の祖母が大爆笑で、

旦那苦笑いでした。

Yeah!!

シュールでしたが、ウケました。

今日は、こんな感じで・・・。

                      Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2007-11-23 00:15 | 毒吐き編
奥山清行デザイン論(四)
【カーデザインとは何か】

(1)デザインは絵ではない。

デザインには絵以上のものがあって

デザインなのです。

しかし、プロセスとしての絵には非常に価値があり

それが再評価されています。

(2)デザインはアートではない。

デザインには、必ずクライアントがいて

そのクライアントが二重構造になっています。

目の前のクライアントは、自分に対して

給料や仕事の対価などを払ってくれます。

だが、真のクライアントは商品を買ってくれる

未来のお客様です。

しかし、お客様はどこにいるのかわかりません。

意見など持っていないし聞いても応えてくれません。

ここがデザインの難しいところです。

アートは、本来は自分のために作るものです。

しかし、今のアートにはアートディレクターが

しっかりいて、ギャラリーがついていて、

クライアントがいて

クライアントのために作るものがアートとなっています。

デザインとアートが

混合してきているのが今の世の中です。

日本の市場においてはよりアート的な色合いが

強くなっているように思います。

(3)デザインは閃きではない。

よく云われることに

「プロのデザイナーはよほど閃きがすごいでしょう」と

いうのがあります。

とんでもない話です。

アマチュアの方が閃きはあるともいえます。

プロはものを知っていて

1万枚から1枚を選ぶのがプロです。

デザインのための枠を作る、時間を作る、

予算を作る、人を集めるのがプロであり

このような仕組みを作るのがプロなのです。

(4)デザインはリーダーシップである。

よくある構図では、デザイナー対エンジニア。

デザイナーの意見にエンジニアが反発して意見が

対立することです。

実は、色々なエンジニアの要件が

お互いに矛盾しているケースが多いのです。

人間は不思議なもので視覚化して一箇所に

集めないと矛盾がわかりません。

そこで、視覚化されて全て集まるのが

デザインスタジオなのです。

だからチーフデザイナーが先導役と

なってまとめることが必要となります。

こうしてデザインの現場で実力をつけた

チーフデザイナーが将来の管理職となるのです。

(5)デザインは料理である。

私の所属していたピニンファリーナという

デザインスタジオには、昔から伝わる哲学と文化があります。

私は、いわば

「ピニンファリーナレストラン」の雇われシェフでした。

来店したお客様に対して「メニュー+α」の

少し味付けした料理を出すのが私の仕事です。

だから自分の文化(メニュー)を作ることが大切です。

お客様の知らない部分を見せてあげること

(食べたことのない料理のための新しいメニュー)が

重要なのです。

日本の企業に欠けているのは、

このメニューのように思います。

(6)デザインは農業である。

今日のデザインは狩猟型のデザインです。

商品開発のスピードが技術開発を

上回っていて、新しい技術が出きる前に、

同じ技術で製品が作られています。

本来は、新しい技術が出てきて機能性があって

製品が作られることが望ましいのです。

このため、今は技術の花や種が枯渇しているといえます。

物の価値は機能性と技術に裏づけられています。

「種を植える、機能性を開発する、製品を作る」

サイクルが重要です。

このような種を植えてくださいという提案を

デザイナーの人にやってもらいたいと思っています。

(7)デザインは創造と想像である。

日本人の良いところは思いやりの心を持っていることです。

これはイタリア人やアメリカ人と比べて

日本人の強みです。

デザインでは、人のことを想像(創造)することが大切です。

                    名古屋芸大グループ通信より
[PR]
by viare | 2007-11-22 11:09 | 奥山清行デザイン論
奥山清行デザイン論(参)
【プロセスと素材の違いが作品に及ぼす影響】

世界中のほとんどの自動車メーカーでは、

1/1スケールモデルを作るとき、

クレイと呼ばれる工業用粘土でモデリングするのに対し、

イタリアでは、エポウッド(木材と同様に切削できる合成樹脂)

を使います。

エポウッドで作成すれば固い素材なので、

ハードモデルの代用ににもなりコストダウンが図れます。

しかし、加工に手間がかかります。

加工は削るのみで、彫塑(ちょうそ)ではなく彫刻なんです。

彼らは大げさにいえば、ルネサンスの頃から

大理石を削って彫刻を作っていたわけですから、

塊から削る一方でものを造る技術があります。

加えて副産物として、一度失敗したら盛れないという

意識が、ものに対する緊張感として現れます。

プロセスや素材があってそれをコントロールすること、

そのことが面の張りや緊張感につながっていること

このことに気がついたときには

自分自身が大きく感動しました。

                       名古屋芸大グループ通信より
[PR]
by viare | 2007-11-21 15:55 | 奥山清行デザイン論
foot

Copyright © 2005 HAMABUILL. All rights reserved.