「ほっ」と。キャンペーン
  濱ビル株式会社  
HOME コンセプト 新提案 Viareマンション Haman Resort オンラインショップ 会社概要 お問い合せ

ボンジョ~ルノ!!    MILANOの街並みとBALIの空気が大好きな男。四十代のテーマは、『熱く生き切る。』           濱ビルCEO濱口茂樹のブログです。
by viare
カテゴリ
全体
イケてる編
ちと真面目編
いい感じ編
毒吐き編
つぶやき編
イカした不動産編
新規物件ing編
飲み屋編
とほほ編
恋愛編
常識を疑え
優位に立つための心理トリック
モノの値段
奥山清行デザイン論
エスプリ編
成功への道筋
Today’s Wine
ショートストーリー
イタリア小話
驚き編
モテるための理論と戦略編
独り言編
Baliの話
以前の記事
2013年 12月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
ブログパーツ
人気ジャンル
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧
バカにつけるクスリはない
今日は、19時に10分の座禅から始まり

2時過ぎまで26名ほどで、決意取り。

毎年この時期の恒例行事である。

説明するのは、面倒なので、

決意取りの意味は、書きません。

塾関係以外の方は、

タイトルまでとばしてください。

ダメな奴は、前に出ただけで空気が悪い。

こちらまで、気分が悪くなる。

もう、8年目に入る。

いい加減にしてほしい。

ちょいと前なら、

話を聞いたが

なるべく話を聞かないようにした。

決意を言わされ、その場から逃げ、

結果も成果も毎年だせず、

負け犬同士で、

袖摺りあうような仲間はいらない。

孤高になってもいいから、

磨砂になる仲間たちとだけ

自分を信じながら強気に

生きて生きたいと感じた。

では、タイトルです。

昨日のエントリを書きながら

思い出したことがあった。

僕よりけっこう年上で

某大手不動産屋の店長で、

今は、肩書き格下げになっている元バカ店長に

新築時、うちのマンションの募集を頼みにいった。

他の不動産屋からは、

ぼちぼち申し込みがはいるのだが、

その店舗だけ、問い合わせさえもなかった。

まず、電話で聞いたら、

アホな答えが返ってきた。

『近くにうちの会社の借上物件があるんですよ。

どうしても、

そちらが先に決まってしまうんです。』と・・・、バカ店長。

めんどくさいので、

そのまま電話切ってしまったが・・・。

いやいや、その物件は、うちより、2~3割ほど安く、

どこにでもあるマンションじゃん。

比べること自体がおかしい。

ビジネスホテルとシティホテルの値段比べるか?

近くを通った時に、

店舗に顔をだしてやった。

案の定、

普通の案内の張り紙、

物件名と間取りと家賃と最寄駅と設備。

誰が見ても、高い、決まらない物件である。

他の店舗は、きちんと自社でPOP作って

やってんのにさぁ。

イタリア建材とか天井高とかの説明も

なかったら決まるわけねぇじゃんよ~。

バカにつけるクスリはない。という言葉があるが

本当にそうで、何をいってもわからない奴だった。

目も死んでるし・・・。

だから、その店舗に電話しても

そのバカ店長がでると、

社員に電話変わってもらったもん。(笑)

会社名と肩書きに騙されてはいけない。

でも、選挙の結果をみると・・・ですね。

いくら有名人・著名人でも

あの顔つきの人たちが当選するとは・・・。

大丈夫か。日本は・・・。

                     Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2007-07-31 03:48 | イカした不動産編
当たり前
久しぶりに不動産系の仕事で

面白そうな社長とお逢いしました。

紹介してくれたのも、

仲のいい建築系の友人。

名古屋で、ソコソコ見栄えが良くて

こだわりがあり、

かっこいい系の物件だけ、

社長が選び、扱っている。

うちのマンションのことも知っていてくれていて

『なんで、営業こないんだよ。』と聞いたら

『いつも満室だったようで・・・。』・・・と、彼。

確かにそうなんだけど、

そんな控え目なところも、いい感じでした。

8つ、9つほど年は、離れている。

もう少し、イキってイケイケでも、良いと思うのだが

礼儀正しい。

そういえば、半年間ほど

僕の所属している勉強会にも所属していたそうで、

その頃は、従業員でなかなか時間がとれなくて

やめてしまったと、

言っていた。

また、落ち着いたら入ればいいじゃんね。(笑)

自分の30歳の頃と比べると

僕には、目上の人と会っていても

こういう空気は出せなかったなぁ。

つ~か、その頃、業者の奴らで、

僕より年上で、たいした奴出逢わなかったから

まぁしゃ~ないんだけどね。

今では、丁寧な応対をするように

なったと思っておりますが、なにか。

名古屋で、いい感じの物件をお探しの方

良い会社だと思いますよ。こちら

うちもぜひ、載せていただきたいので

資料を出したからそのうち

友人のマンションと僕のも載るでしょう。

素直な社長で、これからの方向性の話をした。

もちろん、利益をきちんと出すのは当たり前で

でも、こだわるところには、こだわって、

やっていってほしい。

普通の不動産屋のHPでは、

案内がされていないことも出ている。

この発想は、不動産の出では、わからないでしょう。

どの業種にも、当たり前がある。

しかし、この当たり前が、

当たり前ではない時代なのだ。

そんなところに経営のヒントはある。

そういえば、

某代議士と結婚した女優さんMMを

CMに起用したPハウス。

高級物件だけ扱っているプレミアム

いい感じのHPを作っていたけど

名古屋は、メールの応対がとくに遅く悪かった。

(他は、知らない。)

自社のお客の入らない企画物件の

営業も大変だったのだろうね。

CMに金かけて中身がともなっていない

こういう会社は、むかつく。

一部の社員のせいなんだけどね。

企業は人なり。

                    Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2007-07-30 00:40 | イカした不動産編
大人のクイズPart60
夏ですねぇ。

昨日は、朝からビリー。

汗をだすのは、気持がいいです。

ちょっと、出来なかったので

しばらくはりきろう!!

では、タイトルです。

イギリスの首相だったサー・ウィンストン・チャーチルは、

政治家に不可欠な条件として、第一に

「将来なにが起きるかを予言する能力」をあげました。

では、その次に彼はなにをあげたでしょうか。

1、ゆりかごから墓場まで、国民を幸せにする能力

2、国際政治の場で、常にリーダーシップを発揮する能力

3、予言が当たらなかったとき、それを弁解する能力













す。

Ans・3、予言が当たらなかったとき、それを弁解する能力

チャーチルは名宰相でしたが、

同時にジョークの名手でした。

あるとき、女性議員が皮肉をいいました。

「もし私があなたの妻だったら、

あなたの飲む紅茶に毒を入れるでしょう」

するとチャーチルは、平然と答えました。

「もし私があなたの夫だったら、喜んで

その紅茶を飲むでしょう」

女性議員はとってもくやしがったそうですよ。

それはともかく、未来を考えることは常に重要。

自分の予言を手帳にでもメモしておいて

あとで当たったかどうか、星取り表を

つくってみると良いでしょう。

大人の論理 弁解するときは堂々とやること。

                     大人のクイズ 逢沢明著より

ウイットにとんだ返しは、いいですよねぇ。

そういえば、日曜日の大人のクイズ来週で最後です。

ネタなくなっちゃいました。

なんか探さないとなぁ。

                     Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2007-07-29 00:18 | エスプリ編
自分探しの旅
昨日は、普段はあまり食べないランチを誘われたので

若社長と自分で言いながら、見た目と体型は、

おっさんの4代目若社長と・・・。

うちのマンションのイタリアンを選んでくれた。

4代目若社長は、車でしたので飲めない。

そうなると、僕はつまらないので、

その上層階の店子さんの大馬鹿会会長もお誘い。

運のいいことに、ちょうど会社にいるんだよなぁ。(笑)

昼間に食べるオリーブ系のシンプルな味つけには、

キンキンに冷えた

白ワインが最高なのだが、

まずは、スプマンテから・・・。

最初は、シュワシュワじゃん。

で、白ワインへと・・・。

よっしゃ~、最後は、赤ワインだけど

さすがに、昨晩も遅く

また、昼間から、これではヤヴァイ。

なので、赤だけは、ハーフにした。

周りは、ランチタイムの最中、

酒盛りは、幸せですねぇ。

それにしても、昼間のお酒は、酔いますわ。

大馬鹿会会長の口車にのらされ、

若社長が支払っておりました。(笑)

通常ならランチ3名で3,000円のところ

15,000円ほどお支払いでしたね。

ほんの少しだけカンパしましたが・・・。

若社長、ご馳走様でした。

年下に奢らせるところ、ステキでしょ。(笑)

大馬鹿会会長は、15時から歯医者だったらしく

この予定がなかったら、

お店を変えて飲んでました。

あ~ヤヴァかった。

一人寂しく、その後、ジムのプールでお昼寝。

起きたら17時。

1件かる~く、打ち合わせにいったが、

いう間に1日が終わった。

幸せな男ですねぇ。

少し口の中は、痛いが

夜は、久しぶりにビリーで、酒抜き。

今日のタイトルですが、

ナカタかよ。って感じですね。

あまり好きではない言葉。

何が自分探しだよ。って。

ただ、

人が、この世に生をうけたことは、

なにかしら意味がある。

自分の使命とは、と

一度考えてみることは必要である。

これが、自分探しの旅ってことかな。

                      Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2007-07-28 00:28 | つぶやき編
クウカン
ども、やっちゃいましたねぇ。

まだ、ケガが完璧に治ったわけではないのですが、

軽~く一杯のつもりが・・・・・。

だって、1件目いい気分ででたら、

外まだ明るかったんだもん。

で、連れに電話したら、同伴中。

酔ってお店に襲撃。

で、そのままおねぇちゃんの店へまんまと連れて行かれ

その後は、いつものごとく・・・。

楽しい夜でしたが

飲みすぎ禁止です。(笑)

記憶の奥では

夜中にめずらしくカレーうどん食べたっぽい。

ヤヴァイ。

今日は、手抜きネタです。

では、タイトルです。

業者から話を聞いて

あるマンションをみにいった。

『このエントランス広いでしょう。』と・・・。

広々した空間があった。

ははは、

でも、それは、無駄な空間だった。

無駄とゆとり、

はき違わないようにしなければいけない。

                  Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2007-07-27 06:01 | イカした不動産編
いい人生だった
昨日は、いろんなことがありました。

書ききれないので少しだけ・・・。

あるマンションのゴミ捨て場に

ダンボールの山。

防犯カメラで調べると時間がかかるので

ゴミの中から手がかりを探した。

ある会社がわかりその会社で調べてもらったら

わかった。

『個人情報の法律で、

誰だかわかりましたが、いえません。

うちで、片付けます。』・・・と、担当者。

『わかるけど、あんたが片付けても意味がない。

規定を守らない奴が悪いので

あんたからそいつに連絡をしてくれ。

あんたのところのような大手は、

がたがた規定がうるさいので

しょうがないのはわかる。

捨てた奴に片付けさせてくれ。

あんたに言っても意味がないが

バカを守る法律という取り方もある。』・・・と、僕。

たま~に、うちにも、

金を踏み倒して逃げた奴とか

何か悪さをした奴を探すために

電話がかかってくることがある。

『個人情報で・・・。』な~んて僕が、言うわけがない。

全部、わかることは教えてやる。

もちろん、十分に内容を聞いてからだが・・・。

それに基本的に、

名前の通った会社か

桜田門からの電話以外は

何も話さないし、

僕に迷惑をかけていない住人さんのことは

話さない。

もし、それで、罰せられるなら本望だ。

逃げる奴が悪いと僕は、信じている。

そういえば、昨日も契約はしませんでした。

いい人=どうでもいい人で

最終的には、会社対会社ですので

率も金銭的な部分も変わりませんが、

どうも気に入らん。

簡単にいうと、

カローラを個人で数年買っていた人間が

セルシオを法人で買うときに

全然知らない法人担当者と契約するようなモノ。

同じセルシオを、買うのでもなんかむかつく。

僕は、多少高くてもカローラのときの担当者から買いたい。

で、今回は、値段は高いわ、担当者は、いい人だけで、

人対人の意味が全くない。

一応、会社の中で、仕事のできるもっと上の奴がくるか、

(もう契約することは大体決まっているので???だが・・・。)

かわいいおねぇちゃんの担当者にしてと言ってある。

(スケベだねぇ。僕ちゃん。)

いざというときは、

ぜ~~~んぶなしにして

○○をきちんと収めるだけでOKなので

強気です。

そういえばそいつらBlog読みましたと

言っていたが違うな。

見ただけでしょう。

だってお前らのことが書いてあるのに何も反応なし。

言われたことだけをやり、

出世と役職だけが目的のリーマンは、

苦手ですわ。

まぁ、相手も僕のこと苦手だと思いますが・・・。

ちょいと前なら人は変わると思い

年上として熱く語りましたが

0の奴は、いくら時間も金も使っても0で

ここ数年で無意味だということを悟りましたので

何も叱りません。

もう、目みれば、大体わかりますよ。

僕も客観的に見て良い所、後10年以内ぐらいじゃない。

人生も残り少ない・・・だから、

僕の運気が下がるような人は、もう周りにいらない。

では、タイトルです。

年齢を増すごとに

周りの大切な人が亡くなった話を聞く回数が増える。

人は、死ぬ前、最後に思うことは、

どんなことなのだろう。

『やりたいことをやって

人にも迷惑をかけず

少しでも人に喜んでもらえたら、

いい人生だったなぁ。』と、

最後に思えたら

最高ではないのだろうか。

こんな風に思えなかったら、

この世に生を受けた価値が

ないのではないだろうか。

日本人は、よく人の目を気にする。

もちろん、モラルとして、

周りを気にすることは、悪くはない。

そんな話ではなく

「他人がどう思うかではない、どう生きるか」

これだな。

                   Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2007-07-26 00:17 | ちと真面目編
長期的なスタンス
昨日は先約があり

勉強会の予定は却下。

義理とか感謝が先に来ると

本当はよくないのだが、

誰が何と言おうが

時間は僕のモノ。

で、まぁ大切な予定を優先。

用事があって昨日は保険屋さんがきていた。

うちの○○○の紹介で・・・。

保険屋さんの知り合いは数しれず知ってるが

まぁ急ぎだったので・・・・。

某大手だが、社員に魅力は感じない。

やっぱ金を払うときは、

こいつに儲けさせようと思えないと

気分が悪い。

昨日は名刺を渡し

今日もうちの会社に来る。

普通は、HPも見るでしょう。

で、

このBlogを読んでいなければ契約を止めようかなぁ。(笑)

ぼちぼちな単位の契約だからね。

こういうときは、大手とか弱小とか会社名はどうでもいい。

何もしていない、

こいつらに契約料の%が入るのがムカツク。

自分からだけ見て

税金面とかを考えるといいのだが、

僕の生き方がへたなだけかもしれないけれど

何も価値も生まず

会社名だけで、ぬくぬく金を手にするリーマンはむかつく。

超・・・。

陰口は、嫌いなので本人達の前で口頭でも話した。

話変わって・・・

『情熱大陸』で、

夕張市の新しい医院長がでていた。

病院は病気をなくすところではないと話していた。(多分)

で、注射を打つよりプールで歩いたほうが良いと言っていた。

夕張市のババァから

『じゃぁ、病院にプールを作って・・・。』と。

先生は、

『そのお金は?』

こんな質問する自体それぐらい馬鹿な住民である。

そのババァだけが、悪い訳ではないが

何でも人に頼るこの思考能力

破綻して当然である。

やっぱ世の中いろいろおかしいよね。

では、タイトルです。

これからの時代、

戦略性のポイントは、

長期的なスタンスに立つことだと思う。

長期ほど戦略の幅が広がり、

負けにくい。

能力の高い人間に勝つには、

戦略性は必要である。

能力のある人間は、

往々にして怠惰である。

「器用貧乏」と言う言葉があるように・・・。

能力は先天的なものだが、

努力と戦略性は

後天的なもので自分自身で決められる。

自分には、能力はないと知り、

たゆまぬ努力と戦略性により、

自身の人生は、

自分で、

人生をきりひらいていくのだ。

                   Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2007-07-25 00:15 | ちと真面目編
幸せ
楽しい大馬鹿会でした。

おいしい海鮮料理を堪能したのだが、

口の中しみりまくり・・・。

日頃の行いは、大切ですねぇ。

なんだか、旅行中

『コンプリート』が、ちと流行。

飲んでだらだら、すると、財布から

カードがなくなる。

それで、お会計を全額させようとする。

こんな馬鹿な遊びが・・・。

プラチナカードをブラックカードにする

『コンプリート』では、

プラチナカードをライターで炙ろうとする。

ハゲのおっさんアホです。

ゴルフでは、

1位だけ優勝賞金が○万円。

でも、優勝すると名誉は得れるが、

金がなくなる。

なぜって、優勝賞金の2倍は、

飯をおごらされる。

それがまた、人の金だと思うから

皆、好き放題頼む。

お会計は、笑ってしまう。

こんな馬鹿になって遊べる友人達は

そうそういない。

継続できるように、稼ごっと。

では、タイトルです。

金・女・名誉という己の欲の達成が

経営者の幸せだという意見は否定しません。

きれい事ばかりいってても、

己の欲の達成がなければ

途中で、くじけちゃうし、

単なる偽善者。

いい車を手にいれる

いいおねぇちゃんを連れ歩く

全身ブランドで、かためる。

でも、いいんだけどね。

そんなことは、とっくに達成した

魅力のある経営者と

お話して感じるように

なったのだが、

経営者の幸せとは、

自分でしかできないこと

つまり

Only oneとは、なんぞやということを

創りだすことかもしれない。

と、最近は、感じる。

                     Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2007-07-24 00:35 | いい感じ編
乾杯の意味
北海道は、湿度が少なく気持がいい。

宿泊しているホテルには、オープンテラスがついていた。

だから朝は、気持ちよ~くオープンテラスで食事。

朝から野菜をたっぷり食べると1日とても体調が良い。

アンチョビや卵やカリカリに焼いてあるベーコン、アスパラなど、

野菜の上にのせるモノを変えながら

大体、3~5皿食べます。

基本的に味付けは、オリーブオイルとソルト&ペッパー。

気持の良い朝飯だったが、、タバコは、室内禁煙なので

オープンンテラスでは、おっさん達が、スパスパ・・・と。

(まぁ、僕も年齢的には、おっさんなのだが、)

超、ウザい。

気持いい風の匂いに、タバコの臭いがまざる。

殺意を覚える今日この頃。

くどいようだが、タバコぐらい吸えば良いと思う。

そんなに好きなら、ケムリ吐くなよなぁ。

ケムリが迷惑なんだよな。

では、タイトルです。

本日は、以前、紹介した

『シモネッタのデカメロン』からのネタである。

ワリと使えるので、(使い方は、自身で考える。)

記憶しておくと良いかもね。

しゃれっ気のある彼女とデート中に使うとウケますよ。

イタリアで、乾杯の掛け声は、

『チンチン』

グラスが合うときの音をもじった擬音語である。

『なんで、飲む前にグラスを鳴らすか知ってる?』

『う~ん、わかんない。』・・・と彼女。

「まずグラスをたなごころで感じてごらん。

冷たい薄いガラスの感覚だ。

ゆっくりと振ると、香りが馥郁(ふくいく)と立ち上げる。

色を楽しもう。

透き通った美しいルビー色だ。

次にゆっくりと口に含む。

なめらかな舌触り、

こくある半甘口だ。

ここまで使ったのはね。

触覚、嗅覚、視覚、味覚を使ったね。

欠けているのが聴覚だ。

そこでグラスを鳴らして耳でその音を楽しむ。

イタリア人は、いつもこんな風に五感をフルに

楽しませながら人生を生きているんだよ。

そして今夜、

僕は全ての感覚を使って

君を味わいたい」

クサいよね。

でも、クドいようですが、ワリと使えます。

                  Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2007-07-23 01:10 | 飲み屋編
大人のクイズPart59
昨日は、お昼のセントレアから飲みすぎでした。

新千歳空港に着き、

電車で札幌まで、大人10名で・・・。

札幌に着き、ホテルまで

3台に別れタクシーで移動。

ホテルに着き

チェックインをしていたところ、

一人の携帯が鳴りました。

年齢50歳弱・新塾長に抜擢された

Mちゃんから・・・・。

寝過ごしたようで小樽からTeL。

誰にも気づかれず、

(降りる前には、起こしたんだけどなぁ。)

久々の大爆笑でした。

もう、腹がよじれそうでした。

では、タイトルです。

田舎をハイキングしていた一家は、

小船で川を渡らなければならなくなりました。

この船は、150キロの重量まで運べますが

夫と妻は体重がそれぞれ150キロずつ、

二人の息子はどちらも75キロずつ、

そして犬1匹が50キロでした。

どうやったら、彼ら全員が川を渡ることができるでしょうか。













す。

Ans・次のようにすれば可能です。

まず息子2人が渡り、1人が戻ります。

つぎに夫が渡り、もう一人の息子が戻ります。

それから2人の息子が渡り、1人が戻ります。

つぎに妻が渡り、もう一人の息子が戻ります。

それから2人の息子が渡り、1人が戻ります。

最後に犬を連れて、息子の1人が川を渡ります。

大人の論理 3歩進んで2歩下がっても

前には進んでいる。

               大人のクイズ 逢沢明著より

今日のゲームは、

しっかりチョコレートとられちゃうなぁ。

でも、コレをとると大変。

たか~~い、鮨屋のお代金を払わされる。

                  Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2007-07-22 00:08 | エスプリ編
foot

Copyright © 2005 HAMABUILL. All rights reserved.