濱ビル株式会社  
HOME コンセプト 新提案 Viareマンション Haman Resort オンラインショップ 会社概要 お問い合せ

ボンジョ~ルノ!!    MILANOの街並みとBALIの空気が大好きな男。四十代のテーマは、『熱く生き切る。』           濱ビルCEO濱口茂樹のブログです。
by viare
カテゴリ
全体
イケてる編
ちと真面目編
いい感じ編
毒吐き編
つぶやき編
イカした不動産編
新規物件ing編
飲み屋編
とほほ編
恋愛編
常識を疑え
優位に立つための心理トリック
モノの値段
奥山清行デザイン論
エスプリ編
成功への道筋
Today’s Wine
ショートストーリー
イタリア小話
驚き編
モテるための理論と戦略編
独り言編
Baliの話
以前の記事
2013年 12月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
ブログパーツ
その他のジャンル
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧
深夜の電話
夜中に見知らぬ携帯番号から着信アリ。

この場合、飲み屋の誘いか、

間違い電話か、住人さん。

けっこう、心臓は、ドキドキする。

『部屋の鍵が開かないんですけど・・・。

で、中に身内がいて、中からも開かないのですが・・・。』

う~ん、10年以上この商売をしているが、

初めてのパターン。

流石にいつもの仲間の皆様に電話をかけれる時間帯では

なかったので、24時間の会社へ電話。

結構、社員さんが、出払っている会社が多く、

いくつか回された。

電話があった住人さんのマンションから

3,40分の距離の会社ならすぐ来てくれるとのこと。

住人さんの電話番号を教えて、やり取りをしてもらった。

知り合いの業者さんではないし、流石に、お任せには

できないから、めんどくさいが、僕も、現場に立ち会った。

う~ん、結局、原因は、単純な理由で

あきらかに入居者様のミス。

この場合は、もちろん費用は、住人さん持ち。

この部屋は会社契約なので初めて入居者様と

お会いしたのだが、真面目そうな若いサラリーマンの子でした。

業者の言いなりの料金だし、

深夜料もつくし、ちと気の毒に思い

『半分払ってあげるよ。』と、言ったら

業者も粋な人だった。

『本当は、規定で○○円ほしいんだけど、

修理もしなくて、ドア開いたので、

僕も、おまけしてあげる。』と・・・。

その後、初めての業者さんだったが、

『きちんと夜中でも立会いに来る大家さん

すごいね。』と、褒められました。てへへ。

ただ、この日は、飲みにいってなかっただけ

ですが、ホッホホ。

そんなこんなで、業界の裏話いろいろ教えてくれた。

一杯いきたいところでしたが、お互いが車。

もしが、あるならまたの機会に・・・。

めんどくさいときもあるけど、現場は楽しいわ。

そういえば、面白いことに、

祭日とか夜中とか業者さんに連絡がつきにくいときに

限って、なんかあるんだよなぁ。

                       Shigeki HAMAGUCHI

  
[PR]
by viare | 2007-02-28 05:37 | イカした不動産編
ストレス
昨夜は、勉強会の運動ゼミ。

ちと飲んじゃいました。

ゼミなので先輩、同期、後輩と時間と過ごします。

だから面白い。

皆様、素敵な時間をありがとうございます。

では、タイトルです。

僕は、ストレスが全くない。

本当はあるのだが、気づいていないだけかもしれない。

いい意味で、ストレスを感じることは

とても大切だと思います。

何かを達成するプロセスにおいて

ストレスは、いい意味での緊張感になります。

だから、ストレスだから、悪いと決め付けるのではなく

見方や考え方を変えて

前向きな意味に変える。

そして、自分の中で消化させ

うまく役立てることができれば

ストレスという言葉、知らないうちに

なくなっていると思います。

                         Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2007-02-27 01:50
考え方
牛角の『やみつきキャベツ』、けっこううまいのだが、

その味を家でいろいろ調味料をいれて真似していた。

最近、体重がいい感じなので、久しぶりに牛角へ・・・。

ちと、味比べをしてみたら、僕が作ったほうがうまい。

ちと、満足。

そりゃ自分で創ったものは、自分の好みだからうまいよね。(笑)

家に帰ってウトウトしてしまい

ちょうどTVをみたら、熊川てっちゃんが、出ていた。

こいつ、いい男だよね。

姿勢と立ち振る舞いと空気感が好き。

人として型ってあるじゃん。

その型があって、破ってる奴は、「型破り」だから好き。

でも、型もないのに、大柄に振舞って「型破り」を演じてる奴は

単なる「型なし」だから好きではない。

で、お風呂いってTVつけたら、今度は、KING KAZZが出ていた。

立て続けに、ナイスな同性が画面を通じて見れました。

同世代の粋な奴らをみると、自然と気愛が入ります。

今日は、いい日になりそうです。

では、タイトルです。

自信のない人って大体さぁ、

『何か、なんか少しでも、実績ができれば

自信がつくのに・・・・』とか言うよね。

でも、現実は、逆なんだよなぁ。

実績をつくるために、自信は必要なのだ。

実績が先なら、永久に無理だよん。

                    Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2007-02-26 00:01 | いい感じ編
大人のクイズPart38
一昨夜は、飲みにいっちゃいましたが、

なんと、夜ご飯を早めに食べて、

夜のお酒を飲まなくしたら、

1週間で、体重がいい感じに戻った。

半断食いかなくても、よさそうだな。

これで10万ぐらい浮いた。

この金で、飲みにいこう!!

Yeah!Yeah!

そういえば、クラブへいったら、

5分ぐらい待たされそうだった。

ちょうど、クラブの斜め前に

知り合いのお店OPEN1日前で

スタッフが、ガラス越しに見えた。

待ってる時間もったいなかったので、

オーナーの顔でも見ておこうと思い、

挨拶を兼ねて3名引きつれお店の中へ。

個室もあり、座らしてくれた。

調子こいて、『シュワシュワおろせる?』

『えっ、い、いいですよ。』・・・と、オーナー。

スタッフも飲むか?とOPEN前のスタッフにも

振る舞い、かっこいい僕。

でも、邪魔なお客ですねぇ。すんません。

15分ぐらいで退散したが、

ははは、このお店、初めてのお客だぜ!!

このオーナーとは、夜のお店で知り合ったのだが、

彼もイタリア好きで、それが縁で仲がよくなったのよ。

錦にBar(バール)が誕生です。

では、タイトルです。

トモくんは、ボートで川を上流へと漕いでいました。

ところが途中で帽子を流してしまい、

帽子とボートがちょうど3キロ離れてから

それに気づきました。

流れにないところでボートを漕ぐ速さが時速3キロ、

一方、川の流れが時速2キロとして、

トモくんは何時間後に帽子に追いついたのでしょう?













す。

Ans.1時間後。

流れは、ボートにも帽子にも同じ影響を与えています。

だから、トモくんは3キロ分を漕ぎ下ればいいだけです。

一見、複雑そうな問題ですが、流れに乗って考えれば

ごく簡単だったわけですね。

世の中には、流れを無視して考える人が多いです。

それではビジネスがうまくいくはずはありません。

また、相手の立場を推し量らない人というのは最悪。

相手と同じ流れに乗って、

相対距離をだんだん詰めていきましょうね。

大人の論理 流れに乗れば、よい発想が生まれる。

                    大人のクイズ 逢沢明著より

『時流を読んで時流に乗る。』

一時、僕の好きだった言葉。

最近は、考え方、物の見方が、どうも一周しちゃったような感じ。

うまく伝えにくいんだけど、

わかる人います?

                      Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2007-02-25 00:08 | エスプリ編
世界が・・・だったら
気がついたら朝でした。

では、タイトルです。

もっと、うまくひねれる方いると思いますので

教えてください。

では、タイトルです。

世界が100人の村だったら、という本がありましたね。

世界が100人の大家だったら、

行って来いじゃん。

                     Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2007-02-24 09:38 | つぶやき編
でっきるかな
本当なら不動産の友人達と今日から韓国でした。

一人が、ある大会に出るから

『濱ちゃんもおいでよ。』と。

いやぁ、嫌いじゃないんだけど

もう、その遊びは、引退したのよ。

勝っても負るまで終わらないからさ。

ドキドキ感はサイコーだけど、

タマが無くなったときのヒンヤリ感は

サイアクですからね。

だから、焼肉だけ食べにいこうとも思ったけど

なんか飛行機がいっぱいで、

(某教会の人たちで押さえられているらしい。)

大会に参加すればチケットは

押さえれるそうですが、

止めちゃいました。

数年前、韓国着いた初日に、お金全部なくなって

皆から数万ずつ借りて、10万だったかな。

それで、過ごした思い出がある。

僕のように人生が博打の人間は、

博打をしたらいけませんね。

では、タイトルです。

たいして勉強もスポーツも得意でない僕が、

偉そうにいえないが、

日本の教育の原点は、すべて失敗しない、

間違いを起こさないためのモノのように思います。

大切な子供には、

どんどん、やりなさい。

そして、そこから学びなさい。

失敗なんてないんだよ。と、

教えれるぐらい心にゆとりを持とう。

わかっていても、

でっきるかな。

でっきるかな。  byノッポさん

                     Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2007-02-23 00:01 | とほほ編
味付け
昨日は、携帯を持って出るのを忘れた。

いやぁ、本当に困りますね。

ちょいと前の時代なら、

仕事のやり方変わってたねぇ。

てなわけで、仕事にならないので、

ドライブも兼ねて、こんなところにいってきました。

きれいな場所でしたが、

e0090744_22405352.jpg


夜を甘くみすぎた。皮のジャケットの下は、Tシャツ。

ビールで、体は冷えるわ。

(運転手は、僕ではないので飲んでも大丈夫でした。)

疲れました。

また、錦へ出ず、最近は、いい子ちゃんな僕でした。

では、今日は、ちと真面目に・・・・。

常に売上前年対比○%成長、

毎年○○店舗出店、

年○棟、○世帯、購入などなど

いつもいつも、拡大路線の話の多い経営者が多い。

でも、会社でも、人でも限界は必ずあります。

『限界が見えてきたら、味付けを変える』

では、限界ってどこで判断するのか。

それは、2つあります。

1つ目は、売上や出店数、

取得数に陰りが見えてきた時

そして、もう1つは、やってることに飽きてきた時です。

そこで、疑問がでませんか?

陰りが出てきたときはわかるけど、

飽きたときもなの?まだ、儲かっているじゃない、

まだ、味付けは、変えなくていいよ。と思いませんか?

でもね。

大事なことは、うまくいっている経営者は、

そのほとんどは、長続きしている事業を選んでいるのです。

長続きするものでなければ、うまくいくまで、

耐えられることができないからね。

そして長続きする仕事と言うのは、

好きな仕事ですよね。

経営者が、飽きたときは、好きな仕事が

好きでなくなったことを意味しています。

好きでなくなれば、耐えることができなくなり

新しい明日へ挑戦するための創造力もなくなります。

だから好きじゃなくなったら味付けを変える。

そしてやめることを決断し、次のものを追い始めるのです。

『成功する経営者は決めると早く動く。

ダメな経営者ほど決断できずに動きもしない。』

今の仕事を捨てる、という決断も、

時として経営者には必要な前進なのです。

                        Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2007-02-22 00:08 | ちと真面目編
3低
ジムへきちんと通っていても、

年齢のせいもあると思うが、

体重がいまいち落ちにくい。

ここのところ、少しスケジュールを変えてみた。

ジム→飲み屋を、飲み屋→寝る→ジムに・・・。

おやつの時間帯に

昼飯と夕飯を兼ねて

つまみ&酒。

もち、日によっては、イタリアン&ワインもある。

そうなると、

もう一件、という気持ちでも

おねぇちゃん系のお店もBarもやっていないので、

17時頃には、一旦、寝に帰る。

19時頃もそもそ起き出して、22時頃からジムへ。

う~ん、いい感じである。

では、タイトルです。

たまたま、仲の良い知り合いと

TVを見る機会があった。

まぁ、くだらないワイドショーが流れていた。

今日は、このくだらない話からBlogネタにしたので

深い内容ではありませんからね。

いつも、深いのかよ。という

突っ込みはなしね。

僕は、褒められて伸びるタイプですので・・・。

あしからず。

昔、3高と言う言葉があった。

高身長・高学歴・高収入。

今は、3低だそうだ。

アホらしいけど、こういう言葉作るのはすごいね。

低姿勢=レディファースト

低リスク=安定のある職業

低依存=束縛しない

おお、まさに、僕のことだと思い、

『なぁ、僕のことじゃん。』と

知り合いに声をかけたら、

『ははは。そうかなぁ。』と、ほざきやがった。

『お前、俺ぐらい低姿勢で、

安定間のある職業で、

束縛しない男いないだろう。』と、・・・僕。

『低姿勢なのは、やましいから、

それに頻繁に逢わないでしょう。

職業は、一見、安定感あるっぽいけどね。

で、束縛しないのは、

自分が束縛されたくないからだけじゃん。』・・・と、知り合い。

さすが、僕の仲の良い知り合い

よ~くご存知で・・・。

コメント欄に、どこで、TV見たのとか

知り合いって誰?とかいう

コメントはなしね。

僕は、既婚者ですので削除します。(爆)

                     Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2007-02-21 00:50 | 飲み屋編
勝手にリンク-華麗なる一族編-
見ていますか。

華麗なる一族』。

いろいろな見方できて、面白いドラマです。

今回は、木村拓哉演じる万表鉄平目線ですが、

30年前のドラマだと北大路欣也演じる万表大介のようです。

こちらも見たいですねぇ。

では、タイトルです。

キムタク主演のドラマ『華麗なる一族』第2話で、

キムタクが、高炉建設に足りない20億の融資を

金融機関を回り、お願いするシーンが放送された。

どこも断られ、最終的には、柳葉が演じる頭取が

出すことになったのだが、、、、、。

今更の話なので、どうでもいいことなのだが、

番組を見ていてふっと思い出した話があった。

もう、5,6年前になるだろうか。

名古屋のオフィス街に、オフィスビルが売りに出た。

他には一切情報が流れていない話だ。

駐車場も、ついていて、立地も、造りも

数社の優良会社も入居中で、

完璧なビルだった。

今では、信じられない話だが、

築10年以内で、

10億売値で利回り20%ぐらいあった。

今のあやしい数字だけの利回りではなく、

本当の数字だった。

土地と建物で、最低でも15億はかかっていたと思う。

バブルの頃の建設なので、20億かもしれない。

僕が買うということで、

なんとか9億まで、値下げてもらった。

もちろん、金の当てなどないのだが、

意思表示は大事だ。

ちょうど、僕は、名古屋、第2弾のマンションを建築中で

融資先には、この話もっていけないと思い込んでいた

いろいろなツテを頼り、購入したい土地と建物を担保に

なんとか7億までの金は、出してくれる話までになった。

もち、日本の金融機関じゃないよ。

やつらアホばかりだったからね。一人を除いては・・・。

外資は、話を聞いてくれた。

今、たま~に、僕も君と同じ頃に賃貸を始めていたら

良かったといわれるが、

あま~~い。

その頃は、本当に融資がつかなかったのだ。

例えば、この物件、今なら叩き売っても15億、20億の価値はある。

じっくり売り先を見つけれたら、

とてつもなく、いい額つくと思う。

この物件に9億の融資がつかないんだよ。

わかるでしょう。

話は戻って・・・。

僕の中では、後、2億どうしても集めたかったが、

今になって思えば、無理だと思い込んでいたような気がする。

ドラマの中だが、キムタクのように

信念から活路を見出そうとしていたかと思うと

していないような気がするからね。

ちょうど、ハゲタカが、どこからか

この情報を聞きつけたのだろう。

詳しく書けないが

この裏には、ドロドロとした書けない話がいっぱいあった。

大きい金が動くからね。

怖い世界だなぁと漠然と思った。

でも、僕には、危ないことが、ふりかかって来ないと読めた。

でも、裏づけはなく、あったらあったで、

なんとかなるっしょ。ははは。

悪いことしているワケじゃないし・・・。

あまり時間をかけすぎても、売主や仲介屋に

迷惑がかかる。

でも、僕なりにこの物件に関しては、

時間を使ったので、

その分は金に変えないといけない。

方向性を変えた。

早速、この人ならお金もあるし、この物件の良さが

すぐわかる人を思いついた。

僕から直接より

ある人を通したほうが確率が高いと思い電話をかけてもらった。

そして、僕が、東京に概要をもっていった。

ほぼ即決で買ってもらった。

僕は、手数料が入った。

いろいろな携わった人にも

お礼はいるからね。

全部の手数料が僕のモノになったわけではないが

まぁ、時給をムダにしなかっただけで良しとした。

例えば、さっきの電話1本で、謝礼も1本。

あぶく銭は、皆で分ければいい。

1年後ぐらいに、この話を融資先の理事長に話した。

『お前、馬鹿だなぁ、後、2億の話だろう。

何でもってこないんだ。』・・・・と、理事長。

『だって、大きい金額の名古屋の融資決まったばかりで、

さすがに、怒られるかなぁと思って。』・・・と、僕。

『ははは、まぁ終わった話。

面白い話は、もってこいよ。』・・・と、理事長。

『はい。』・・・と、僕。

東京のその物件を買った人は、もうとっくに転売をしている。

数億以上は楽に儲かったことだろう。

不思議とくやしくはない。

だって、価値を生み出して手にしたお金じゃないし、

その時の僕のレベルで、もしこの物件が買えたら

多分、転売のあぶく銭、あほなことに使ってしまっているだろう。

自分の性格は、よ~く知ってるからね。

ちと、昔話でした。

注)不動産を買うときには、手数料、取得税などなどいっぱい

お金がかかります。

9億のブツは、9億では買えません。

細かい数字まで書くとわかりづらいし、

過去のど~でもいい話ですので

詳しく数字は、書いていません。あしからず・・・・。

                      Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2007-02-20 00:18 | イカした不動産編
いっしょ(う)懸命と違う
そろそろ、知り合いのマンションも竣工が、

いくつかある。

やっぱ入居率が悪い。

そこで、相談されるのだが、

物件を見にいくとソコソコは、住めないことはないが、

値段のワリに内装がよくない。外観も悪い。

(人の好みはいろいろですが・・・・。)

僕が、書きたいことは、

施主がこれなら、と建てているマンションであれば、

自ら動いて、少し宣伝して、ニーズを探れば

満室にはなる。(たぶん)

入らないのは、利回り先行のやつ。

利回りが、○%なら、建てるよ。として建てたやつ。

やっぱ入らない。

相談にのっても、家賃を下げるしかない物件だ。

新築から品売だなんて、よくないよ。

汗水たらせば、いいってもんじゃないけれど、

一所懸命、一生懸命、どちらでもいいのだが、

いっしょ(う)懸命仕事をするのと、

正しいと信じている仕事をしているのとでは、

全く意味は、別物である。

                     Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2007-02-19 00:08 | 毒吐き編
foot

Copyright © 2005 HAMABUILL. All rights reserved.