濱ビル株式会社  
HOME コンセプト 新提案 Viareマンション Haman Resort オンラインショップ 会社概要 お問い合せ

ボンジョ~ルノ!!    MILANOの街並みとBALIの空気が大好きな男。四十代のテーマは、『熱く生き切る。』           濱ビルCEO濱口茂樹のブログです。
by viare
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
イケてる編
ちと真面目編
いい感じ編
毒吐き編
つぶやき編
イカした不動産編
新規物件ing編
飲み屋編
とほほ編
恋愛編
常識を疑え
優位に立つための心理トリック
モノの値段
奥山清行デザイン論
エスプリ編
成功への道筋
Today’s Wine
ショートストーリー
イタリア小話
驚き編
モテるための理論と戦略編
独り言編
Baliの話
以前の記事
2013年 12月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
ブログパーツ
その他のジャンル
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:優位に立つための心理トリック( 11 )
優位に立つための心理トリックK
自分のアイデアなどについて、

本当はどう思っているのか、

相手の本音を聞きだすのはなかなか難しい。

そんな時は、トリックを使ってみよう。

まず、あるアイデアについて、

その人が好感を持っているという言質をとる。

ただし、「気に入らない」と言うのであれば、

それは本音だから何もする必要がない。

一方、「気に入っている」と言われたら、

それについてとやかく言ってはいけない。

たいていの人はここで失敗する。

「本当に好きなの?」などと問い詰めてしまう。

これでは、相手は、

「実は、それについては・・・」と

切り出しにくいので、本音を引き出せなくなる。

そこで、相手の意見を認めた上で、

まだ改善の余地があることを示す。

すると、相手はコメントを求められていると思って

喜んで答えてくれる。

例えば、販売キャンペーンに関するアイデアを

気に入ったと言われたが、

本当かどうか確信が持てない時---

Q「新案は気に入っていただけたでしょうか?」

A「ああ、とても独創的でよかったよ。」

Q「では、もっと良くするには、

どうしたらいいでしょうか?」

これなら皆、本音で答えてくれるだろう。

                   Shiegki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2008-06-14 13:00 | 優位に立つための心理トリック
優位に立つための心理トリックJ
昨夜は、勉強会の僕の苦手なゼミ。残り2回。

とにかくなぜ、好きでないかずっと、考えていた。

結論として、空気が陰。

ここで、輝いている?人たちと僕とでは

例え同じ人間とはいえ、

生きる世界が違うのでしょうがないのだろう。

せっかく一昨日の講演会で

パワーをもらったのだが、

一気にテンションが下がる。

その陰のおかげで早く家に帰るつもりが・・・。

流石に、連日連夜で、泡系は、無理。

T店長おいしいカクテルありがとう。

で、帰るつもりが、もう1件よってしまった。

Sシェフのうまい料理に、Wちゃんナイスなセレクトワインありがとう。

ナイスな人たちのおかげで

いつものご機嫌で

仕事もプライベートも絶好調の僕に戻りました。

ただ、僕、少し昔話が多かったかも・・・。

いかんなぁ。

では、タイトルです。数日手抜きします。

すみません。

相手が隠し事をしているか否かは、

「類似シナリオ」という心理トリックを使えばわかる。

これはまず、何かをやったことで相手を責めるのではなく、

それに関することをそれとなくほのめかすような

質問を相手にぶつける。

そして、相手の反応から隠し事の有無を見分ける。

例えば、販売員の一人がどうも事務所の備品を

盗んでいるらしい時、

「会社から盗んだだろう!」と

単刀直入に聞いたのではダメだ。

「販売部の誰かが会社の備品を持ち帰って

私用に使っているらしいんだが、

こんなことをさせないためには、どうしたらいいか、

何か名案はないだろうか」。

何もやましいところがなければ、

自分なりに解決法を提案するだろう。

逆に、盗みの張本人なら、

落ち着きがなくなり、そんなことは絶対にしていない、

など言い張るに違いない。

誰かがよからぬことをやっている疑いがあれば、

同様のシナリオを使って確かめるといい。

                      Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2008-06-13 02:58 | 優位に立つための心理トリック
優位に立つための心理トリックI
ネットで少し知っていましたが、

日本は、超寒くなっていたのですね。

朝、日本に着いたのですが、

TシャツにGパン姿の奴ら、

うちら馬鹿家族ぐらいでしたよ。

そうなんです。先月末にバリから帰国した足で

HISに行き、即座にGW明けの安くなる時を狙い

また、バリにいってきました。

明るい時間にKUDETA

昨日、帰国するなり

大切な打ち合わせが2件。

そこは、天才な僕、(すみません。)

やはりうまくいきました。

儲けすぎました。(フェラーリぅん台分ぐらい・・・。)

流石にうれしいし、

おっそわけも大切です。

で、

2件で、両手ほど、シャンパンを空けてしまいました。

で、酔っ払い。

後は、友人たちにちょいと、

仕事を紹介。

以前の僕なら紹介料だけでも、

結構な金額になるのでほしいところ。

今では、皆が儲けてくれれば

後で回ってくるでしょう。と、思ってしまう。

バリに行ってる間に

うまく契約が取れたらしくて

お金をもらうほうも、

払うほうも喜んでいましたよ。

だから、僕もうれしいです。

まだ、酔っ払いです。

今日も、午前中に2件予定があるので

今からジムで、酒抜きです。

走るのきっつい。(笑)

10kmかぁ。とほほ

手抜きネタですみません。

では、タイトルです。

本当は、本不利な時に時に有利なように見せて

有利な時に不利を装う。これが、はったりだ。

従って、はったり屋は実際に気がかりなことが

ある時は気にしていないふり、

全く気にかけていない時は、

気にしているふりをする。

いずれにせよ、

本心を隠すため偽りの印象づくりを

しているので、過度に演じてしまう傾向があり、

気をつけてみると、結構、目に付く。

ポーカーなどのはったりも、

弱気なところを見せたくないから、

さっと、お金を出す。

手がいいと、自分に自信がないように、

ゆっくりお金を出す。

こうしたことは、あらゆる場面にあてはまる。

反応が極端に速く、

自信満々の時は、たいてい実際とは逆で、

そう見せかけているだけである。

                         Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2008-05-13 06:50 | 優位に立つための心理トリック
優位に立つための心理トリックH
相手が、本当のことを言っているのはどうかを

見破るには、「謎かけのトリック」を使えばよい。

すなわち、ある事実をでっち上げ

相手がそれにどう反応するかを見るのである。

例えば、友人と映画を見に行ったと夫は、

言っているが実際には、女性とデートしていたのではないかと、

妻が疑っている場合であればこう言う。

「映画館のすぐそばで事故があって、

ものすごく渋滞したんだってね。」

恐らく事故などなかったと思われるが、

夫が映画を見に行っていないのなら、

事故があったかどうか知る由もない。

夫がもし、

「事故はあったけど、

それほど渋滞はしなかった」と答えたら、

実際は映画を見ていたわけではないことがわかる。

もっとも、どんな答え方をしようが、

こうした謎かけに対し、ウソつきが

必ずすることが1つある。

どう答えようか決めかねて躊躇するのだ。

本当に映画を見ていたなら

すぐに「そんなこと何もなかったよ」と

答えるはず。

だが、ウソをついているときは、

その場にいないので言葉に確証が持てず

答えに詰まる。

話は、詳しければ詳しいほど信憑性がある。

つくり話は、曖昧なことが多い。

もし、ためらったり、話題を変えようとしたり、

するようなら、相手の話はウソということになる。

                Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2008-05-12 00:08 | 優位に立つための心理トリック
優位に立つための心理トリックG
数々の研究によれば、

外敵が現れると、内部分裂が解消されることがわかっている。

外的要因により、お互いに手を組む必要が生じると

一致団結しようという気持ちが高まるのである。

手っ取り早く、グループ内に協力の輪を

広げたければ

「外部に脅威となるものをつくる」とよい。

あるいは「何かの形で競争させる」など、

他のグループと対抗させるだけでもいい。

共通の敵をつくれば、

敵対していた者同士が素早くまとまる。

グループの結束を固めるテクニックとしては、

これが一番効き目が早い。

                  Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2008-05-10 09:08 | 優位に立つための心理トリック
優位に立つための心理トリックF
人が手を貸してくれるか否かのカギを握る要因として、

例えば、次のようなものがる。

まず、直前の頼み事は思いの他プレッシャーになる。

従って、相手に何かをしてほしい時はできるだけ

前もって頼んでおく。

また、頼る人が他にいないことを告げるのも

重要である。

誰にでも頼むことができるとなると、

相手は、「別に自分じゃなくてもいいのだ」と

思うため、責任感が薄れてしまう。

あるいは、「人と同じことをしたい」という心理を

うまく利用するのも手である。

他人が「正しいことをした」のを知ると、

人は無意識のうちに同じことをしたいと思う。

例えば、約1万人の高校生に

献血を呼びかけたところ、

高校での献血場面などの写真を見た生徒の方が、

見ていない生徒よりも献血率が

17%高かったという。

他人がやっているところを見せられない場合は、

その代わりに似たような話をしても効果的だ。

また、研究結果によると、

一般に6回目には応諾する人が多いという。

従って、1,2回頼んでもダメでも諦めず、

6回まで粘ってみよう。

                    Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2008-05-09 09:36 | 優位に立つための心理トリック
優位に立つための心理トリックE
昨夜は、大学時代のバイト先のオーナーと飲みに・・・。

4つ年上なのだが、今でも年に1、2回は会う。

非常に楽しい時間を過ごしました。

そのオーナーは、0時前後に帰宅しましたが、

その後、近くに住むSちゃん社長に電話をして

呼び出し、また、飲みました。

いつのもごとく、最後は記憶がありません。

いかんなぁ。

最近、車を変えてから変わったことがある。

むかつくのだが、

どうも、車の車線変更が、しにくくなったようだ。

ちっちゃい車だし、

若そうな兄ちゃんが、乗りそうな車に見えるのか

なんか、なめられている感じがする。

ただ、本人は、小回りが効くし

超シンプルな作りの車なので

気に入っているのだが・・・。

では、タイトルです。

頑なな人間の心をこじ開けるのは難しい。

だが、次のような心理作戦を使えば、

どんな相手でも説得できる。

まず、相手が頑として自分の立場を変えようと

しない時でも、変えられるものが1つだけある。

それは、相手の生理機能なのだ。

人の感情は身体的な状態と密接な

つながりがあり、同じ姿勢を続けていると

心まで固まってしまう。

そこで、身体を動かすように仕向けてみる。

相手が座っているなら、

部屋の中を歩き回らせる。

立っているなら座らせる。

これで、気持ちが変えやすくなる。

次に、相手に再考を迫り、

同意を求める時は、

新しい情報を与えるようにする。

というのも、新たな情報を得たわけでもないのに

意見を変えたら、一貫性のない奴だと

見なされるかもしれないからだ。

誰だって「優柔不断」とは思われたくない。

そこで、同意を求める前には必ず、

新しいデータなどを与える。

これなら、新情報をもとに

新たな決断を下したことになる。

                   Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2008-05-06 07:38 | 優位に立つための心理トリック
優位に立つための心理トリックD
昨日は、朝から超元気で、ジムへ・・・。

それから、本社にしてある半田で、作業でもしようと

高速に乗ったのだが、

セントレアに向かう車が多いのか

海に向かう車が多いのか、超大渋滞。

一気に作業をする気がなくなり、

高速を一周回って降りた。

で、「がんばれ元気」を読みにいこうと

漫喫へいったのだが、置いてなかった。

これで、名古屋では、2件目である。

2時間ぐらい時間をつぶし、

相方に電話をいれ、ランチへ・・・。

男と女性の相性の多くは

食事が大切で、

電話で、「今日、仕事やめた。

帰るわ。ランチいこ。」と電話をいれて

「どこに、しようか。

気分は、ブロンコのサラダバーなんだけど・・・。」

「私も、いくならそのつもりだったよ。」と・・・。

で、まぁ、ワインを飲むわなぁ。

昨日も昼からいい気分で、

助手席でご帰宅でした。

家に着いたのが、14時頃なのだが、

もう、やることがないのだ。

ジムに漫喫にワインでしょう。(笑)

結句、昼寝。

相方も笑っていました。

話変わって、ちょうど『ウルルン滞在記』を見終わった。

イタリアだった。

『早く、行きてぇ。』

あの空気感とシンプルな料理にワイン。

最高である。

今年は、次回の物件の図面ができたら

行くつもりなのだ。

毎度のミラノは、当たり前なのだが

今年は、ヴェネチアも、行こうと思っています。

時間があるようなら、シチリア島も

行きたいのだけど、

ミラノの友人に

『シチリアもヴェネチアも

おねぇちゃんいないと夜つまんないよ。』と聞いている。

相方といくと、ガキももれなく、ついてくるので

流石に、仕事と感性磨きには、マジで邪魔である。

イタリアまで、

連れて行きたいおねぇちゃんもいないし、

さてさて、困ったもんだ。

では、タイトルです。

約束を破らせないための心理トリックとしては、

「あなたは絶対に約束を守る人だ。」という具合に、

相手を信じていることを示すのが一番だ。

「あなたの○○の才能にはいつも感心している」

「あなたの○○なところが好き」・・・。

こんなことを言われた相手は、

約束を守らざるを得なくなる。

なぜなら、人は自分の目で見た自己イメージと

他者のの目を通した自己イメージとが

一致するように演じたがるのだ。

イメージダウンにならないよう、

期待に応え、

その仕事にいそしむことは間違いない。

                  Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2008-05-05 00:18 | 優位に立つための心理トリック
優位に立つための心理トリックC
いいアイデアがあるのに、

誰も話しを聞いてくれない。

そんな時、「得する話」より「損するリスク」を

伝えれば、相手が誰であれ、あなたの話に必ず

耳を傾けてくれるはずだ。

宝くじの販売会社が、

「あなたもきっと当選者になれる」

長い間、このキャッチフレーズで儲けていたが

その後、

「あなたは、当選者になるチャンスを捨ててはいけない」に、

変えた。

これで、また業績が伸びたという。

なぜなら、キャッチフレーズが書かれた

封書入りのダイレクトメールを受け取った人が、

すでに手にしたモノを「失う」ような気がして

不安に駆られるようになったからだ。

以前のキャッチフレーズだと、

『新たなモノを手に入れる』感じだったが、

変えた後のキャッチフレーズだと、

『何かを失う』リスクにさらされた感じになる。

従って、アドバイスする場合は、

「何かが得られる」ことよりも

心労を取り除くとか、

お金の節約になるなど、

何らかの損害や損失から

救うことに焦点を当てるとよい。

                     Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2008-04-29 13:40 | 優位に立つための心理トリック
優位に立つための心理トリックB
どんな相手でも、思い通りの行動を

とらしやすい心理トリックがある。

まず、1つは、相手に選択肢を与える場合は、

選択の幅を狭めておく。

選択肢が多すぎると、

ほとんどの人はなかなか決められない。

したがって選択肢は、3つまでにする。

第2に、何かをしてもらう時は、

締め切りを設けておくこと。

たいていの人は、

必要に迫られない限り、動こうとしないからだ。

第3に、人の心への「慢性の法則」の利用。

「運動している人間はそのまま運動を続け、

静止している人間は静止し続ける」と言える。

よって、物理的、精神的に簡単で面白いことに

誘導できれば、その人は、ずっとその道を

進むと考えられる。

人間は、自分の行動に一貫性を求めようと

するからだ。

例えば、小さなことを頼まれ、

それをいったん承諾すると、頼みごとが

さらに大きくなっても、

際限りなく受け入れることになる。

したがって、大きな依頼をする場合、

まず小さなことを依頼して相手にやってもらい、

一貫性を求めようとする

無意識的な欲求を引き出すことだ。

最後は、「おまけ」をつけるということである。

CMや買い物番組でもおなじみだと思いますが、

相手に行動を起こさせたいなら

おまけをつけるだけで抜群の効果がある。

                     Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2008-04-28 09:30 | 優位に立つための心理トリック
foot

Copyright © 2005 HAMABUILL. All rights reserved.