濱ビル株式会社  
HOME コンセプト 新提案 Viareマンション Haman Resort オンラインショップ 会社概要 お問い合せ

ボンジョ~ルノ!!    MILANOの街並みとBALIの空気が大好きな男。四十代のテーマは、『熱く生き切る。』           濱ビルCEO濱口茂樹のブログです。
by viare
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
イケてる編
ちと真面目編
いい感じ編
毒吐き編
つぶやき編
イカした不動産編
新規物件ing編
飲み屋編
とほほ編
恋愛編
常識を疑え
優位に立つための心理トリック
モノの値段
奥山清行デザイン論
エスプリ編
成功への道筋
Today’s Wine
ショートストーリー
イタリア小話
驚き編
モテるための理論と戦略編
独り言編
Baliの話
以前の記事
2013年 12月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
ブログパーツ
その他のジャンル
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:とほほ編( 98 )
人生とは、
いかん。今日もまた・・・。

1件少なかったけど・・・。

2人で、始めて気がついたら6名。

では、月曜日の話です。

きっと皆、数十年ぶりのディスコじゃないのかな。

名古屋に新しくできたので、

『ちょっと、いってみない?』ということで、いってきました。

アホなおっさん達で、視察。

e0090744_1044288.jpg


平日にもかかわらず、予想以上には、お客入ってたんだけど、

昔の娘さんばっかりじゃん。

あちらから、みたら、僕らも、昔の兄ちゃんだけど、、、。

こんな時は、

踊る阿呆に見る阿呆、

同じ阿呆なら、踊らにゃソンソン。ということで、、、、。

e0090744_1085156.jpg
e0090744_109314.jpg


e0090744_1095613.jpg
e0090744_1010156.jpg

e0090744_1011248.jpg







なんかちょうど、80年代ユーロDAYだったようで、

いい曲ばっかりだったなぁ。

VIPで、シャンパン3本、あれやこれや頼んでも、

一人1万円もしない。

昔なら高いけど、今となれば安い遊びだね。

でもさぁ、後輩、特攻隊として

呼んだのだけど、お役にたちませんでした。  e0090744_10343569.jpg

予定としては、

『ちょっと、あちらで静かに、飲みませんか?』

な~んて、後輩に口説かせて連れて

来てもらう予定が、

防火の法律が変わったせいか、VIPと一般の席のガラスがないのよ。

うるさい。うるさい。(笑)

それに、マジで、昔の娘さん

場末のスナックよりひどかった。

コリャだめよ。

でも、場所は関係なく、いい仲間といると、マジ楽しいわ。

e0090744_10393996.jpg

後は、いつもの、錦へ。

記憶をたどると全部で、6件ほど徘徊したような。

今日も、よく飲んで、よく語った。

よ~し、次回は、キャバレーいくぞ!!

花園とか太平洋とか。(笑)

人生とは、挑戦である。

                   Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2006-08-31 02:18 | とほほ編
非日常な世界
名古屋に帰ってきたら、、また楽しいこと満載です。

でも、ネタがありすぎるので今日は書きません。

けんすけ君、小銭稼いでね。

けんすけ君は、会計士なんだけど、伸びシロがある若者。

きついこというけど、がんばりや。

伸びシロなくなったら何も言わないからさぁ。

永久に僕は、抜けないけどね。

星野さんもありがとう。

またね。

では、東京ネタで、。

英一郎東京LIVEの2次会は、大人数のため、

カラオケ付の大会場。もちろん酒は飲み放題。

で、こういう場合の酒は、まずい。

酒っていうより、ただのアルコールだからね。

飲んでも悪酔いしてしまうので抑え目に飲んでいた。

英一郎東京コンサート2次会が、3時ごろお開きに、、、。

で、おいしい酒が、飲みたくて

道具としてのファイナンス』著者の石野さん主導のもと

エナちゃんと、3次会へ。

石野さんは、同じ年。

エナちゃんは、僕と同じ血液型で27歳。

知り合って1年ぐらいなのだが、

最近、少し太ってきて、昔の若さがなくなりつつあり、

最近は、ヨゴレ。(笑)

がんばれ。分岐点だ。

ここは、乗り切っておかないと、マジでおっさんになっちゃうよ。

たまには、口うるさい先輩もいいでしょう。へへへ。

それにしても、世の中には、すごい場所があるね。

新宿のゴールデン街。

TVで、見たことがあったけど、まさか

この場に自分が、来るとは思わなかった。

人生には、3つの坂があるようで、

上り坂、下り坂、まさかのまさかである。(笑)

石野さん大学時代よく飲んでいたらしい。

年をとる度に、なかなか『ハッ』とすることが無くなってきますが、

異次元の世界に突然きて、何かビンビンしました。

あやしいのだが、悪い空気ではない。

ある焼酎のお店で飲みだして、気がついたら朝でした。

いい酒すぎたのか、いい仲間と飲んでたからか、

異次元な空間で緊張してただけか、酔わなかったなぁ。(笑)

この日は、新宿のホテル、帰ったら、7時過ぎ。

名古屋へ戻る日だったけど寝坊で

チェックアウト1時間も、過ぎちゃった。

でも、延長金取られなかった。

日頃の行いが、よっぽどいいのだろう僕は、、、、、。

                       Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2006-08-29 03:28 | とほほ編
ピーマンの中身は?
何か、Blogしりとりらしい。

1、阪本啓一先生(1984)

2、田中靖浩先生(帰省)

3、WAKAちゃん(ぐるぐるピーマン)

4、僕

意地悪な先輩(ウソ)WAKAちゃんから、

『ぐるぐるピーマン』というタイトルで、Blogを書けということか?

そんなんで、書けるかい。(笑)

意味が、わからん。

でも、先輩の言うことは聞かなければいけない。とほほ。

まず、阪本先生、話したことはないのだが、

僕の尊敬する榎本さん主催で2005年5月に

社長卒業と50才BirthdayINブルーノートで、

『えのさんと300匹の猫たち』という

タイトルでPartyをした。

参加者300名、お金は、会場代含め

飲食代金すべて榎本さん持ちなのだが、

全員猫のメークとコスプレ、そして出し物をすることが

参加条件だった。 

会場で300名が着替えもメークもできないから、

各自、別会場で・・・・。

栄の街中、この格好で歩いて会場入りだよ。(笑)
e0090744_0192158.jpg   
その中、「矢沢ネコ見参!!」で、

超ハイテンションYAZAWAなおっさんがいた。
(すみません。)

e0090744_0204468.jpg



この人、すげぇパワフルだぜ。とか思っていた。

それが、阪本啓一先生。

9月8日に名古屋でセミナーがある。

WAKAちゃんのご紹介ということで早速、申し込み。

けっこう楽しみにしている。

そうしたら、先日、福岡で田中先生とお知り合いになったら

なんか阪本先生ともお知り合いのようで、

で、WAKAちゃんは、両方知っててとなんかぐるぐる回ってる。

で、この次は、『名経営者がなぜ失敗するのか』監訳、

パートナーシップ・マネジメント』著者の橋口寛こと、

ハッシーに、渡すのだが、

板倉さんも僕も、まだ橋口さんに会ってない頃に

東京と名古屋を、電波でつないだ空間上にいたのだ。

名古屋で板倉セミナー中、板倉さんの電話が鳴る鳴る。

結局、日時を橋口さんが間違えていたのだが、

その時の電話のことは、なんか鮮明に覚えている。

橋口さんと話すようになってから、

『えっ、あの電話、ハッシーなの?』って感じで。

で、橋口さんと田中先生は、お知り合い。

こっから、どうオチにもってくのよ。WAKAちゃんさぁ。

じゃぁ、ぐるぐるピーマンつながりで、

ピーマンの中身のことを創造するね。

では、いつもモードのタッチで・・・・。

きっと、ぐるぐるしたピーマンの中には、

剛くて、そして優しい人たちが、つまっている。

社会に出て、だんだん自分の個性が、

出せなくなる、なくなる人が多い中で、

圧殺されるのを拒否して生きている人たちだ。

本当の自己責任の意識をしっかり持ち、

既存の組織・システムに頼らず生きている人たちだ。

心を豊かに、「生きる」領域を広げながら、

模索し続けている人たちだ。

一見、バラバラに見えるかもしれない。

しかし、それは、社会に価値を提供していこう

という志につながっている。

楽しみながら・・・・。  

橋口さん~、バトンよろしくです。

                           Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2006-08-21 00:20 | とほほ編
うまい
さてさて、月末です。

今月を締めくくるために、

ちょっと、真面目な話。

って、フリってわかるじゃん。(笑)

ではでは。

子供って、親の知らない間にいろいろな言葉を覚えます。

『ねぇねぇ。「キ」のつく言葉で、何を知ってる?』

笑顔で

『キ・ン・タ・マ』

さすが血は、怖い。アホです。

『そんな言葉いったらダメだよ。

もっと、きれいな言葉で考えてよ。』

『う~んと、わかった。』

『えらいねぇ。頭いいねぇ。何?何?』

         ・

         ・

         ・

         ・

         ・

きれいなキンタマ

とほほ。

でも、義務教育では、アホだけど、社会に出たら

こんな感じでいいんだよ。

                     Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2006-07-31 00:05 | とほほ編
親バカ?バカ親?
世間は連休のようなので、とても暇人。

めずらしく部屋で酒を飲みながら

現在と過去をいったりきたり。

いつもお得意の未来は、全く考えず。

ほとんど、部屋では飲まないのだけれども

飲んでるお酒は、前回、福岡で作ってる方にいただいたお酒『茂作』。

名前、最高じゃん。茂樹が作る。なんてね。

じゃなくて、水みたいに飲みやすくこれは、うまい。

通販で買えるようなので芋焼酎好きな方おためしください。

今日は、酔っ払いでだらだら書いていますので、

文章長いかもしれません。ではでは・・・・・。

僕は、子供の頃、親にあまりおもちゃを買ってもらえなかった。

近所の一人っ子の家に遊びにいくと

おもちゃが、いっぱいでとてもうらやましかった。

親の教育方針だったのだが、おもちゃのような

無駄なモノは、買い出したらキリがない。

がまんしなさい。と、言うことだった。

祖父母が、商売をしていた人なので

手に入れたいモノがあるなら、

お金を自分で稼ぐということは、小さい頃から

当たり前のことのように感じていたように思う。

小学生4年生頃から、

週間マンガを、兄弟や近所の子に貸し出し、

たしか1冊180円だったと思うが、10円で貸しだして

いたのだが、18人に貸せばチャラと自然に考えていた。

単行本とかは、30円とかで貸し出していた。

後は、鯉を池で釣ってきて、近所のペットショップに

売りに行ったりしてお金を稼いでいた。

衝撃だったのが、500円で買ってもらった鯉が、

3000円で売ってたこと。

あくまでも小学生の感覚なのだが、

これが商売かぁ、なんて感じた。

今、思えば死んじゃうリスクとか売れずに資金をねかせることとか

維持管理費を考えれば

当たり前っていったら当たり前なんだけどね。

中学生の頃の小遣い稼ぎの話は、あまり良くないこと

なので、書けない。

この頃に、善意の第三者って言葉覚えたし。(笑)

高校生は、部活の柔道が大変で、3年目だけ自然にバイト。

大学生の頃は、

誰からも教えてもらったわけではないのだが、

女の娘と話していたら、今、時給800円で、

なんかいいバイトないかなぁ。

飲み屋さんにいくと(先輩に連れられて)

ママが、『いい女の娘いないかなぁ。

時給2300円以上は払えるから。』

女の娘に、『時給1800円でいいバイトあるよ。』

差額の500円×時間×人数が僕の利益。

今になって思えば人材派遣業という商売なのだが、

19、20歳で、勉強したわけではないのだが、自分で思いついたので、

僕、天才じゃんとか一人で思っていた。

人に話すと真似されるとか思って他人には黙っていた。

アホですねぇ。

後は、バイトもしていたり、いろいろ考えて

お金を儲けていたのだが、よく遊んだ。

どうせ、男は、一生仕事。

金があっても、忙しくて遊べないなんて意味ないしね。

ただ、大学卒業したら東京いくつもりだったので、

お金は、毎月必ず貯めていた。

つつましくすれば、2年ぐらいは、遊んで暮らせるぐらいは、

4年間で貯めたので、22歳で、初任給12万5000円でも、

世田谷の8万ぐらいのアパートも住めたし

それほど、同期の奴らよりは、お金には困らない生活ができた。

子供が出来る頃、子育てを考えたのだが、自分を振り返って、

親があまり甘やかさないほうが、子供の人生にとって良いとの

結論がでた。

先日、エンツォフェラーリのデザイナーの話をBlogで書いたのだが

エンツォは、車のライン一つ一つに意味がある

この言葉からEnzo Ferrariに、惚れてしまった。

現在の車は、未だに大学時代からほしかった車

20代後半で手に入れて以来ずっと乗っている。

こうみえて、意外と一途なのだ。

でも、車にというかCFを生まないモノに、あまり興味ないんだけど

しかし、惚れたら手にいれたくなるわなぁ。

エンツォ フェラーリは、399台が限定生産され、

そのうちの30台が日本で販売された。

今のところ、これ以上の台数を生産する予定はなく、

新車価格は邦貨換算7850万円とも言われているが、

そのプレミア性のために、1億円以上のプライスタグをつけることも珍しくない。

いやぁ、高いね。

買う前に、冷暖房付きの飾れる駐車場が先だし。

でも、これだけのお金があるなら、仕事に入れたほうがいいし、

まだまだ、マイナスCFなモノに、これだけのお金イヤですわ。

で、ネットでいろいろ見ていたら

いやぁ、無駄なお金使っちまった。

僕のよくないところは、飲み代と換算してしまうところ。

2回飲みに行かなきゃ安いもんじゃん。とかね。

エンツォフェラーリ・べダルカー

ペダルカーごときに高かった。

子供のプレゼントだけど、本当は、昔の自分に買ってるんだよな

ダメなのわかってるんだけど、、、。

子供にはよくないわ。とほほ。


e0090744_0161936.jpg





e0090744_0165672.jpg



買った後、占いみたら、衝動買いに注意だって。

当たってる。

教育ではなく、強育だぁ。なんて言ってるわりに、

親バカなのか、バカ親なのか

情けないと思いながらも、子供の喜ぶ顔をみると満足なんだよなぁ。

反省中。(3秒ぐらい)

                       Shigeki HAMAGUCHI


       
[PR]
by viare | 2006-07-18 00:28 | とほほ編
ここまで疑うか
オリエンタルラジオの片割れ、赤坂御用地にパラシュートで

着陸したようです。

まあ、誰もケガがなくてよかったですね。

それにしても、運も強いね。

しばらく、リアル武勇伝ネタになりますよ。

今日は、同苗の中田選手引退の話題も入ってきましたね。

人間性の好き嫌いは、人それぞれあると思いますが、

別次元で、生きている彼、おっこと前だと思います。

ただ、僕があまり好きでない言葉『自分探し』がんばってください。

さて、今日のBlogは、武勇伝でも、おっとこ前でもないですが、

なんか思い出した話。では・・・・・・。

その女性とは、僕が24歳ぐらいのときに仲良くしていた。

それから5年ぐらい会っていなかった。

29歳ぐらいのとき、突然、他府県の警察が

自宅にやってきた。

『○○さんご存知ですよね。』

『はい。』と、僕。

『部屋にはいったことありますか。』

『はい。ただ、もう数年部屋にはいってないですよ。』と、僕。

『なんかあったんですか。』と、僕。

『新聞にも載りましたよ。

実は、強盗が部屋に入りまして現金・貴金属とられたんですよ。』

『本人は、大丈夫だったんですか。』と、僕。

『縛られていましたが、命は大丈夫でした。』

『よかったですね。で・・・。何か。』と、僕。

『○月○日どこにいましたか?』

『何、僕疑われてるの?勘弁してよ。』と、僕。

『いえいえ、部屋に入ったことある人の指紋を

集めています。』

『まあ、いいや。そうそう、釜山にいたよ。』とパスポートを見せた。

『何、これ僕、予定が入ってなかったら、なんか嫌な感じジャン。

日本にいなくてよかったよ。』と、僕。

アリバイを先につくっといて、人に頼む方法もありますよね。』

さすがに、笑った。

ここまで、疑うか?

相手の立場になれば、すべて疑って考えなければ

前に進まないしね。

そういえば、犯人みつかったのだろうか?

全く身に覚えがなくても、たま~に

火の粉がふりかかってるときがあります。

気をつけようがありませんが、

これもまた、人生。

Blogのネタになっただけで、ヨシとするか。

                           Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2006-07-04 00:01 | とほほ編
イメージとのギャップ
今日は、気づくと、歌を口ずさんでる。

♪百万本の薔薇の花をあなたにあなたにあなたにあげる~♪

e0090744_2229296.jpg
       ♪揺れる影、交じり合う吐息~♪
e0090744_22294641.jpg

♪このアメに君がぁ~~♪

♪坂道の途中で~~♪



英一郎LIVEが終わり、2次会、打ち上げの後に、

ほとんどご飯を食べていなかったので、食事にいった。

そこは、卸売市場の中なので夜の23時OPENで、昼ごろまで。

刺身とかが最高においしい。

3時すぎなのに、がっつり食べてしまった。

結局、寝たのは4時半頃。

結構、お酒を飲んだのだが、英一郎の歌声で酒が、

熟成されたのか朝、7時には目が覚めてしまった。

体重計乗ってびっくり。

昼から福岡チームとの食事の予定があったので、

それまで、ジムへ。

疲れた。でも、気持ちの良い時間を過ごした次の日は

本当に気分がいいね。

今日は、運動関連のネタ。

ゼミで、SAQトレーニングというのをした。

塾は、卒業すると好きなゼミを選べるんだけど

まあ、ほとんどが、スーツ着て勉強するゼミなんだけど、

僕は、経営者にとって、人間にとって基本の体を鍛えるゼミを

選んでいる。

2次会でもいろいろな普段、接しられない先輩達とも

いろいろな話もできるしね。

簡単に説明すると小学生の頃にした反復横跳び

これを前にむかって リズムよく 足を上下左右に動かしながら進むのだ。

先生がまずやってみて僕達がやるのだ。

スピードや俊敏性を養う運動らしい。

僕は中学生の頃はジャニーズのアイドルの振り付けが

わりとまともにできた。

高校生の頃からディスコへ通い、

ノリとダンスのセンスはよかったほうである。

イメージと現実のギャップ 。

現在、 鏡に映る姿は、リズム感のないおっさん。

自分でびっくり。

ゼミ長はじめ、周りのゼミ生にも、よ~笑われました。

2年前にエアロやりながら頭のなかではいけてるじゃん。

鏡みたらおっさんが 、へんな動きしてた。

見るのとやるのは、本当に大違い。

僕さぁ ダンサーを目標にしていなくてよかった~。

ダンサーの一番の成功例は、

小柳ルミ子の元旦那って言われることだしね。(笑)

塾生の人で、興味あったら遊びにおいでよ。

楽しいよ。

                              Shigeki HAMAGUCHI

日時: 平成18年 6月 21日(水)
平成18年 7月 14日(金) 
18:30~集合・着替
19:00~20:30

場所:ウィル愛知(フィットネスルーム)
    名古屋市東区上竪杉町1丁目1番地
    052-962-2511

会費:  ¥500-    ( ゼミ生 )
     ¥1,000-  ( ゼミ生のご家族、友人など )
 
定員:  50名まで 
  「ご家族、友人お誘い合わせのうえ、
      ふるってご参加ください。楽しいですよ。」
 
服装:  動きやすい服装で、室内用運動靴・水分・
      汗拭きタオルなど、もご用意ください。

道具:  チューブ・バランスボール・ペットボトルを利用します。
      チューブ・バランスボールは、いくつかゼミで購入します。
      個人的にチューブ・バランスボールを購入希望の方は、
    お知らせ下さい。(各1,000円)
      
2次会のご案内

trattoria La Bella Vita(ラ ベラヴィータ)
  
Tel. 052-936-8605

〒461-0001 名古屋市東区泉2丁目2-30ヴィアーレジュエリー2F
 地下鉄高岳駅 徒歩6分

 当日 21時~23時 会費4,000円
[PR]
by viare | 2006-06-17 00:01 | とほほ編
フリしなさい
スタ☆メンという番組で、『カジテツ娘』というのを

やっていた。

名古屋の娘と東京の娘が出ていた。

突っ込みどころ満載でございました。

では、タイトルに。

濱ビルではない別の会社を一緒にやってる

不動産屋のMちゃんと会計士のNさん。

打ち合わせを兼ねて飯と軽~く飲みにいった。

Mちゃんは、全国をマタにかけ、いっつも忙しそう。

で、面白そうなネタをいつも、もってくる。

よほど、僕が暇人と見えるのか、

3日前とか5日前に、

『九州1泊で、いきませんか。一人で仕事でさびしいんです。』

『沖縄1泊で、いきません。今日中に返事ください。』

と、連絡がある。(笑)

Nさんは、事務所が、手狭になったため、

大きな事務所に移転。

各自それぞれが、自社の話をして

その中から自社では、できない、やらない案件をその会社で

生かせるようなことを話しながら、創造するのだ。

しかし、ほとんど僕が、話してる。

また、怒られた。

『濱ちゃん、今度、事務所移転するんだよ。』

写真と図面を見せてくれながら、

『ここをこうして、このスペースに会議室つくってさぁ。』

僕・・・『へぇ、よかったね。で、今度の僕はさぁ・・・・・。』

と、自分の話へ。

『今、案件3つぐらいあって、ひとつうちにまわせそう

なんですよ。』

『へぇ。決まったら教えて。でさぁ、僕は、、、、。』

と、またまた、自分の話へ。

お酒も入り3時間ぐらいたって、2人に

『少しはさぁ、聞くフリぐらいできないの。

全く人の話興味ないんだよなぁ。』

確かに・・・・でも、自分の話が、一番面白い。

今度、少しは、がんばって話し聞くよ。

でも、オチはつけてね。

劇団ひまわりに、入ろうと思った日であった。

                     Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2006-06-12 00:01 | とほほ編
foot

Copyright © 2005 HAMABUILL. All rights reserved.