濱ビル株式会社  
HOME コンセプト 新提案 Viareマンション Haman Resort オンラインショップ 会社概要 お問い合せ

ボンジョ~ルノ!!    MILANOの街並みとBALIの空気が大好きな男。四十代のテーマは、『熱く生き切る。』           濱ビルCEO濱口茂樹のブログです。
by viare
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
イケてる編
ちと真面目編
いい感じ編
毒吐き編
つぶやき編
イカした不動産編
新規物件ing編
飲み屋編
とほほ編
恋愛編
常識を疑え
優位に立つための心理トリック
モノの値段
奥山清行デザイン論
エスプリ編
成功への道筋
Today’s Wine
ショートストーリー
イタリア小話
驚き編
モテるための理論と戦略編
独り言編
Baliの話
以前の記事
2013年 12月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
ブログパーツ
その他のジャンル
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:モテるための理論と戦略編( 67 )
ちびっとモテため(後編)
最近は、一所懸命飲むと(笑)次の日は、

午前中は、作業のおさぼりが多い。

いかんいかん。

たるんでおります。

ただ、仕事は、こなしているんですけどね。

では、昨日の続きです。

『築く』という字は、

城杵く(きつく)から、きている言葉なんですよ。

自分のお城を杵(きね)で、作り上げるという意味で

これは、とっても、骨がおれる作業なのです。

餅も杵でついて、

食べるから満足感が得られるわけですよね。

家庭においても、同じことが言えるでしょう。

だから、この築きあげる過程のわからない女性は

よくないということなのです。

女性という生き物は、どんなに男に

甘えてくれても良いのですが、

こっちのテンションが下がったり、

落ち込む態度をとる女性は、

甘えというより、なめています。

『築く』感情のない人は、

親や祖先が残した財産や

誰かがお膳立てをしてくれたり、

身の回りの世話をしてくれたりと、

苦労なしの生活に浸ってきたはずです。

全てを当たり前なコトとしているので

誰かに甘えるにしても、

感謝の心がこもらないのです。

ただ、この種の女性は、

じわじわ時間をかけて男の土台を腐らせる力が

あるので、男が気がつきにくい。

気がついたときには、男だけが

苦労を背負いこむ運命に

なっていることでしょう。

                   Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2007-06-21 00:01 | モテるための理論と戦略編
ちびっとモテため(前編)
今週は、自分の時間を持とうと思い

予定入れていません。が、

とほほ。

ただ、顔晴る若者と飲んだので

楽しいひと時でした。

手を使い、顔晴っている彼は、いい。

経営者と職人を超えて芸術家として

生きていって欲しい君に、

酔っ払いながらも語りましたが

どうでしたか。

俺が、お前のことを自慢できる男になれよ。

ではタイトルにはいります。

彼女と一緒に歩いていたら

高層マンションがありました。

『ねぇ、ねぇ、見て見て

あんなマンションの最上階に住みたいねぇ。

きっと、夜景はきれいなんだろうな。』

数千万する高級車を見て
 
『わぁ素敵。きっと乗り心地いいんだろうなぁ。』と、

ノーテンキにいう彼女どう思いますか。

無邪気といえば無邪気なのですが、

この手の女性は、要注意です。

なぜなら、

なんの苦労もせずにモノを手に入れられる、と

思っているフシが見えるのが怖いのです。

きっと、そういう環境で育ったのでしょう。

全く、自分で築きあげる気がないんですね。

いくら貯めたら何が買えるかの計算もしないし、

住む部屋にしても、最初から市内で、

デザイナーズMで、

広い間取りは当たり前に考えています。

こういう女性は、

『まだ部長になれないの?』

『隣の奥さんよりいい車買ってよ。』と、

男の苦労を全く考えず

平気で何でも口にします。

なぜ、こんな女性がよくないのか

明日、書きましょう。

                   Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2007-06-20 02:56 | モテるための理論と戦略編
モテるための理論と戦略(ワリといい感じ編)
昨日は、昼からの予定のジムにいけずに、

埋め合わせで、23時からいっておりました。

3日間の学びがけっこう頭の中で熟成されてきましたよ。

これ、忙しい人だと、次から次にやることができるから

発酵しただけで、腐っちゃうのだろうね。

だから、その時、大切な学んだ時の気持ちが

継続できないのだろう。

予習と復習は、大切ですからね。

ちと、塾モードの流れのBlogをやめましょう。

で、今日は、ガラッと気分を変えますね。

経営者向け内容のBlog(笑)なので、

書こうかどうか、迷ったのですが、

僕の判断基準は、楽しそうか、楽しくなさそうか、

きっと、読んで

後輩経営者の為になってくれると思うので

アップしちゃいま~す。

飲み会の席で、2回ほど数名に話したのですが

非常にウケが良かったです。

カテゴリーは、『モテため』にしちゃいます。(笑)

では・・・。

女性の手が、

男にコンプレックスを抱かせることを

ご存知でしょうか。

さまざまな雑誌、メディアでは、

小さい男性自身の持ち主を慰めるように

『大きさと女性の性感は関係ない。』と

結論づけています。

本当にそうでしょうか。

もし、100歩譲ってそうであるなら、

「大人のおもちゃ屋」といわれるお店で

売ってるモノの大きさは、

もっともっと小さくていいはずです。

残念ながら、あの長さ、太さのモノを持っている

日本人は、ほぼいないでしょう。

明らかにこれは、

小さい男性自身では、

もの足りない女性達の好物なのです。

では、女性は、何を持って

男性自身の大・小を判断するのでしょうか。

さぁ、わかりますね。

単純に手で握るという行為からなんですよ。

男は、女性から

『すごい、大きくて握れないわ。』という

言葉を聞くと素直にうれしいものなのです。

バッカじゃない。と思われるかも知れませんが、

それぐらい単純な生き物なのです。

その言葉によって、

力がみなぎり、征服欲と攻撃欲が、倍増するのです。

この気持ちが、男の自信にもつながります。

それが、スポッと、女性に握られて

平然とされると、なんともいえないコンプレックスが

植えつけられてしまうのです。

さて、ここで戦略はわかりますよね。

手の小さな女性とお付き合いをすると

明日への活力を与えてくれますよ。

手の大きい女性と平然と付き合える男は、

鈍感な奴か、すンごいモノの持ち主か、だね。(笑)

                           Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2007-05-16 02:08 | モテるための理論と戦略編
モテるための理論と戦略(GW特別編)
GWで、Blogを読んでいる人も、少なめですし、

昨晩は、お酒浴びていないので、超元気ですし

久しぶりに『モテため』で、だらだら、

書いて見ますか。ははは。

飲んだ時に、

価値観が近いから意味わかるだろうと、

思った数名には、話したことがあるのですが、

まず前提は、

女性は自分のお金にはしっかりしている、と

いうことです。

それを逆手にとってお互いが

Happyなら良いですからね。

では・・・。『モテため(GW特別編)』です。

わかりやすいように、大体ですが

お金の金額を入れておきます。

人によって価値は違いますけどね。

ある女性に東京でのライヴの

チケットをプレゼントしたとしましょう。

定価1万円。

僕もいくとなると、

2枚で2万円

グリーン席しかイヤなので

交通費(新幹線)3万円×2名=6万円

どうせなら1泊はイヤだし

接客のいい高級ホテルのほうが良いし

ホテル代6万×2泊=12万円

ここで、僕の考え方ですが

ホテルは、2流、3流の高い部屋より、

高級ホテルの一番安い部屋に

宿泊するタイプなんですよ。

だって、接客は同じですからね。

部屋が広いだけで、2流、3流のホテルから学ぶべき点はない。

もちろん、高級ホテルの高い部屋に宿泊できればいいけれど

僕は、1泊の宿泊に何十万もだせないからね。

話はそれましたが、タクシーなど移動費で、1万円

食事2泊だから5万円もあれば大丈夫でしょう。

2泊3日のコストを足してみましょう。

26万円は、普通にかかります。

もし、最低の料金で、ライヴへ二人でいこうと思ったら

日帰りで、新幹線指定席で、食費1万円もみておけば

チケット代もいれて、

二人で7万円もあれば大丈夫でしょう。

1万円のライヴのチケットが、

要は、7万円~26万円のプレゼントになるのです。

このプレゼントの仕方を考えましょう。

ただ、間違って欲しくないのは、

このAnsを書いているのが、

現在38歳で、会社経営で、

普通以上稼いでいて、

別にモテないわけじゃなく、

少々カッコつけな人間だということ。

超金持ちには、僕の行動は理解できないと思うし

年収800万ぐらいの

サラリーマンにも理解できないと思う。

若いうちとか、あんまりお金使えない時は、

深夜バス使うとか仲間集めて4名で車でいくとか

それなりに、お互いが楽しくすごせるように

考えて行動しろよ。っていうこと。

僕の戦略が正しいわけではないので、ヨロシクね。

では、7万円~26万円のプレゼントを

どうすればコストを下げて

一番大切なこと、

すなわち

女性を満足させれるかってことなんですよ。

で、僕の戦略は・・・・・

女性に10万円とチケット1枚を上げて、

これで、東京行ってきなよ。

お釣りはいらないし、

もしなら東京でゆっくりして

おいしいもの食べておいでよ。』


ここで11万円分は、女性のモノなので

一人はイヤ、二人で行くと、したら

女性的には、私があなたを連れて行く

感覚なのです。

先ほど書いた一番安いコストの7万円でも、

女性には、4万円のお金がお小遣い。

で、女性は、自分のお金に対しては、

超しっかりしているので

彼女自身が、席を指定席で選び

もしかしたら、自由席を選ぶかもしれません。

そこで、もっと、上級者のテクでは、

『いいよ。はい、1万円と・・・。』

二人分のグリーン車の料金は、別に出してあげると

もっと、喜ぶでしょう。

宿泊するとしたら

シティホテルの2流・3流でも、もったいないから、

彼女自身、二人で1万円ぐらいで宿泊できるラブホでも、

選ぶのではないでしょうか。

ねっ。お互いがHappyでしょう。

一人で、女性が宿泊してきても、

女性は、11万円分の楽しさを自分で考えて味わえる。

二人で使う予定の26万円から

女性に渡してしまう11万円を引くと、15万円余ります。

この15万円以内で、男一人で夜の街に遊びにいけば、

本人もなお楽し。

15万円以内で収めれば、その分、貯金しておけば良いしね。

意味わかるよね?

もう、チケットをプレゼントすると決めた瞬間に

MAX26万円は手元から無くなると覚悟するんですよ。

で、最低の経費は7万円。

この7万円にいくらまでの上積みなら許せるか。

少しでも、コストを削減しつつ

女性にせこいなぁと感じさせず

MAX26万より1円でも余分に余らせる。

そこが、君のスキル。

すべて仕事に通じます。

応用編としては、

毎月デート代でホテル・食事代・プレゼントで、

男が出していると、どうだろう10万・20万すぐじゃない?

ヤルこたぁ一緒なのに、ホテルは、ラブホテルなんてイヤ、

シティホテルじゃないと・・・・。

自分の部屋なんてとんでもない。

食事は、ど~たら、こ~たら

な~んて、言ってる娘も、

それは、男が男のお金を使っているからそう思うだけで

女性のお金にすればいいんですよ。

『ごめん。僕、将来、会社やりたいし、

夢があるので、お金貯めたいんだよ。

君とのデート代は、今は月8万しか使えない。

お金が余るようなら、なんか自分のモノ買いなよ。』と、

月の末でも頭でもいいいから、

8万円渡しちゃうんですよ。

そうなると。8万円は彼女のモノですよね。

こうなると、

ホテルは、もったいないから、家おいでよ。

外食はもったいないから、私、料理作るよ。

と、いう回答になるでしょう。

すべての女性には通用しませんが、

確率は高いですよ。

ただ、男自身も、時間の経過とともに

ソコソコは稼ぐように

努力するべきであるけどね。

いつまでも8万円じゃあね。

でもね。

コストを下げる方法を知っていながらも

パンパンっと、愛した女性にお金を使える男は、

かっこいいよ。

                    Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2007-05-05 00:33 | モテるための理論と戦略編
モテるための理論と戦略(特別編2)
いろいろ行動を起していて

あわただしく日々が、過ぎています。

では、お久しぶりに、『モテため』のタイトルです。

女性は、褒めたほうが良いというのは

もう、知ってる、

わかっていると思います。

それを分けて考えて見ましょう。

褒めてクドく言葉でも、2種類あるのです。

ひとつは、お世辞

もうひとつは、感謝の言葉

後者は真実であり

前者は、真実ではない。

後者は、心から出る言葉

前者は、口からでる言葉。

後者は、利他的で

前者は、利己的である。

後者は誰からも喜ばれ

前者は、誰からも嫌われる。

遊びでクドくときは、

いつでも、逃げれるように

刺されないように

お世辞を入れながら褒める。

本気でクドくときは、

6千万人分の1の確率で

あなたに出逢えて良かったと

感謝の気持ちをを心に込めながら

褒めましょう。

                Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2007-03-15 00:58 | モテるための理論と戦略編
モテるための理論と戦略(特別編)
D・カーネギーの

人を動かす』からの言葉を

届けたいと思います。

この本を知ってる方も多いと思いますが、

1937年に初版が発行されています。

今日でも、同じように十分通用する内容となっています。

生まれた頃から、父親の本棚に『人を動かす』が入っていて

読んでもいないのに、目には止まっていた。

中学生か高校生の頃、一度手に取ったが、意味がわからなかった。

今でも古い本ではなく、新たに人々に読まれるのは、

D・カーネギーは、いつの時代もけっして

変わらない人間の本質を理解していたからだということが

わかります。

非常に奥深い。

なぜ、『モテため』のタイトルにこの話をもってきたか?

まぁ読んでみてください。どうぞ。

お世辞が上手に言えるようになるまでは、

決して結婚してはならない。


独身の間は、女性をほめようとほめよまいと

自由だが、いったん結婚したとなると、

相手をほめることが必須条件となる。


これは、自己の安全のためにも不可欠である。

率直なものの言い方は禁物だ。


結婚生活は、外交の場である。

さて、感じましたか?

結婚は、GOALではありません。

早速、行動ですね。

                        Shigeki HAMAGUCHI

  
[PR]
by viare | 2007-02-07 00:01 | モテるための理論と戦略編
モテるための理論と戦略cinquantuno
毎度~~~~。

昨夜に続き飲みすぎです。

まだ、飲み屋です。

すんません。

来週『モテため』ありそうです。

少し先週の補足ですが、

壁に女性が、背をつけるようならばOKのサインであり

自然な流れでKISSに入り、

まぁ、いきつくところまで、いく覚悟が

あるちゅ~ことですよ。

いかに、女性のサインを見抜くか、

ここにかかっています。

では、ひとまず、最後の『モテるための理論と戦略』です。

僕は、この方法、一人にしか使っていませんが、

食事の後の支払いをするときがポイントの手です。

お会計のときに、女性に財布を渡して支払いを頼むのです。

そして、自分は、トイレいくなりすればいい。

不思議なもので、トイレからでてくると、

食事中とは、全く違った深い関係になっているのです。

その後は、当たり前のように、ホテルなり、自宅なり

連れていきましょう。

財布から1万円取り出して、支払いを頼む男と

財布ごと手渡して支払いを頼む男

女性は、どちらを信頼するのでしょうか。

女性は、信頼してくれる男の温かさに

酔うのですよ。

                          Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2007-01-31 01:48 | モテるための理論と戦略編
モテるための理論と戦略cinquanta
今回で、50回目のエントリでした。

僕は、学生時代、経営の本と

女性の口説き本しか読みませんでした。

第1回目にも書きましたが、

その頃に書き写したメモと経験から

水曜日ネタ、モテるための理論と戦略はできておりました。

が、ほとんどネタがなくなっちゃいました。(笑)

重複する内容ですが、僕の中で、女性を口説くのに

一番、頭にあることは、

いかに、『女性にイイワケをもたせるか』ということです。

初めて、女性とKISSするときに、女性を壁に押し付けて

する。感じ。

女性は、『後ろが壁だったから、逃げれなかったのよ。』と

自らイイワケできるでしょう。

あと、どうしてもKISSするタイミングが、

見つからない女性の時は、

なんか約束して、ほっぺにKISSしてくれるよう

もってくるようにする。(ほっぺぐらいで、嫌がられるようなら

お先真っ暗なので、その娘を口説くのは止めたほうがよいね。)

そして、急に女性のほうを向く。

かなりの確率で、KISSできる。

女性は、『もう、あなたが振り向くから、

口にしちゃったじゃないの。』と

自らイイワケできるでしょう。

だから、ホテルに最初にいくときにでも

まず、ホテルで食事をするでしょう。

ホテルに、Hしにきたんじゃないよ。

おいしい食事をするために。ホテルにきたんだよ。と

女性のイイワケを配慮してあげるのです。

うまく口説けて、Hの後にも、

『今日の食事は、とくにおいしかったね。』といってあげましょう。

間違っても、

『今夜のキミは、おいしかったよ。』な~んて、

いってはダメですよ。ちゃんちゃん。

来週で、水曜日タイトルとしては、一応終わりますね。

どっかでネタ仕込んだときに、書くようにします。

                          Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2007-01-24 00:02 | モテるための理論と戦略編
モテるための理論と戦略quarantanove
では、水曜日ですね。タイトルです。

前回は、耳の位置の話を書きました。

今日は、手の開け方を見てみましょう。

『ねぇ、ねぇ、手、グーみたいに、

握ってよ。で、開いて。』

握った手をパッと開く女性は、性格的に開放的です。

すぼめる女性は、ケチで、暗いので、

後でなかなか別れにくい。

ゆっくり開ける女性は、前後のことを配慮したり

小心なところがあるので、なかなかイエスといいません。

そういう娘は、普通に口説くより

社員で経理として雇うように口説きましょう。

                      Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2007-01-17 09:25 | モテるための理論と戦略編
モテるための理論と戦略quarantotto
そういえば、昨夜からクラブ系飲み屋は、営業だそうで

ママたちやおねぇちゃんから

『あけおめです。今日から営業です。』と10名未満からお電話あり。

おいおい、もう飲めないよ。

っていうか、僕が、錦にいるときに

お店、営業してないほうが、悪いんだよ。

ところで、ちと、ここのところ遊びすぎた。

少しおとなしくしよう。

まだ新年も始まったばかりだが、

もはやトップギアでございます。

CanCanのモデル・押切もえと蛯原友里出演

『新春SP! 最初で最後の恋と友情二人旅!』

よくやく見ました。

夜中にやってたんだけど、TV欄見てて

気がついてよかった。

いやぁ、それにしても、エビちゃん、よかね。

とにかく、よかね。

かわいいですわ。

っていうか、九州地方、とくに宮崎・福岡の女性は

僕のタイプが、多いです。

そこで、教訓です。

恋は、するものではなく

落ちるものです。

では、水曜日ネタです。

『ねぇねぇ。○○ちゃん、好きだよ。』

こういう愛のささやき、

真正面からやっちゃあダメなんですよ。

後ろから、そっと女性の左耳にささやくのがいい。

そして、このささやきは、苗字ではなく、

名前で呼びかけます。

言葉では、うまく書ききれませんが、

アンニュイな雰囲気が、出ている感じしませんか。

そして、てっとり早く口説く時は、どんな女性が

いいのか、教えましょう。

なるべくなら耳の位置が、上の女性がいいのです。

それは、哺乳類の中で、耳が下についているのは、

人間だけだそうです。

知の象徴としての仏像をみればわかる通り

理知的な人は耳が下のほうについています。

逆にいうと、耳の位置が上にある人は、

女性でも男でも、より動物的、情熱的で、

その逆は冷静で理知的なのです。

だから、なびきやすいのは、

耳が上のほうにある女性ということになるんですよ。

                        Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2007-01-10 00:01 | モテるための理論と戦略編
foot

Copyright © 2005 HAMABUILL. All rights reserved.