濱ビル株式会社  
HOME コンセプト 新提案 Viareマンション Haman Resort オンラインショップ 会社概要 お問い合せ

ボンジョ~ルノ!!    MILANOの街並みとBALIの空気が大好きな男。四十代のテーマは、『熱く生き切る。』           濱ビルCEO濱口茂樹のブログです。
by viare
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
イケてる編
ちと真面目編
いい感じ編
毒吐き編
つぶやき編
イカした不動産編
新規物件ing編
飲み屋編
とほほ編
恋愛編
常識を疑え
優位に立つための心理トリック
モノの値段
奥山清行デザイン論
エスプリ編
成功への道筋
Today’s Wine
ショートストーリー
イタリア小話
驚き編
モテるための理論と戦略編
独り言編
Baliの話
以前の記事
2013年 12月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
ブログパーツ
その他のジャンル
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
格好つけ
そういえば、七夕のようで、

どこもかしこも、短冊がおいてある。

保育園でも、毎年、親も提出させられる。

物事の本質を知っている人や神道を読んだ方には、

通じると思うのだが、短冊にお願いごとを

書くことがないのだ。

神様にお願いをすることが、ないからね。

こんなことを言っても、

一般の先生たちには通じない。

だって相方にも通じないからね。

毎年のごとく

『世界平和』と『ありがとう』。

でも、相方には、

『きちんと書いてください。』って言われるんだよね。

とほほ。です。

では、タイトルです。

相手に自分をどう見せたら

良いのだろうかと、考えると

どうしてもよく見せたい。

そうなると、格好をつけてしまう。

せっかく、名刺交換したり

メルアドの交換をしても、

がっついていると思われるのが嫌で、

すぐに連絡しないで様子を見ようとする人は多いです。

そうなると、時間の経過と共に

印象が薄くなります。

「恥ずかしい」「ちょっと間をおいた方が良い」と

言うのはイイワケで、

実は自分を良く見せようとしているだけなのです。

きちんとした相手なら

格好をつけようが、つけまいが

中身は見抜かれています。

大切なのは、今の自分のありのままを見せること。

きちんとした人は、

今、中身がなくてレベルが低くても

けっしてバカにしません。

大事なところは、その人が、

上り坂なのか下り坂なのか、なのです。

ちゃんとした出逢いになる人は、

下り坂の人とは、係わりを持ちたくありません。

自分をよく見せようと考える人は、

今より高く見せようとしすぎなのです。

上り坂にある時は、そんなこと関係ないのです。

だってそうでしょう。

今は何もなくても、未来の成功する自分を描いて

行動しているから自然と意欲・向上心・吸収力が

あるだけなのです。

表面だけ格好よく魅せる必要がない。

よく魅せようとするのは、違う言い方をすれば

相手と張り合おうしているのです。

とても、疲れますね。

張り合おうとするということは、

同等レベルの出逢いで

成長する出逢いではありません。

今回のポイントは、

自分が上り坂にいるのか

下り坂にいるのか、考えることです。

今の僕は、夢という志がたくさんある。

生きていてとても楽しい。

すンごい上り坂にいる。

へんな奴らと出逢わないし、

会合などでたまたま近くにいても、

会話もほとんどしない。

でも、数年前、

夢という野望がたくさんあった頃、

いろいろな奴が、よく張り合いにきた。

とってもウザかったが、

元々、負けん気だけは強いので

こちらも張り合ってしまう時があった。

何をもって勝ちか負けかわからないが、

勝っても負けても本当に精神的に疲れるだけだったし、

妬まれるだけだった。

意識が変わったおかげで、

きちんと会話をしようと思う人は、

けっこう減ったが、

張り合うだけの世界から脱出できて、

本当に良かったと想う。

大切なのは、自己啓発と相互啓発なのです。

                      Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2008-07-02 00:38 | ちと真面目編
<< 逆張り クセをつける >>
foot

Copyright © 2005 HAMABUILL. All rights reserved.