濱ビル株式会社  
HOME コンセプト 新提案 Viareマンション Haman Resort オンラインショップ 会社概要 お問い合せ

ボンジョ~ルノ!!    MILANOの街並みとBALIの空気が大好きな男。四十代のテーマは、『熱く生き切る。』           濱ビルCEO濱口茂樹のブログです。
by viare
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
イケてる編
ちと真面目編
いい感じ編
毒吐き編
つぶやき編
イカした不動産編
新規物件ing編
飲み屋編
とほほ編
恋愛編
常識を疑え
優位に立つための心理トリック
モノの値段
奥山清行デザイン論
エスプリ編
成功への道筋
Today’s Wine
ショートストーリー
イタリア小話
驚き編
モテるための理論と戦略編
独り言編
Baliの話
以前の記事
2013年 12月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
ブログパーツ
その他のジャンル
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お客様は神様です
朝から3時間びっしり体を動かしました。

7km走っておきました。

一昨日は、7本も空けていませんが、

昨夜の分もついでに走っておきました。

結局2本足りませんでした。ははは。

ビール・焼酎・日本酒・ブランデーをほとんど

口にしなくなり、

シュワシュワ系とワインに変えてから

あまり二日酔いはしなくなり、

最近では、シュワシュワ系は、シャンパ~ニュにして、

後は、ワイン。

本当は、値段が倍になった分、

半分の量にするつもりが

あまりにもうまいので、量が逆に増えてしまったとさ。

でも、おかしいぐらいに朝から元気に動ける。

分解が早いのでしょうね。

今日は、久しぶりに本社へ・・・。

えっ、2週間ぶりかも・・・。

作業とてつもなく、たまってるんだろうなぁ。

財布には、領収書がいっぱい。(笑)

飲みすぎた~~。

では、タイトルです。

「お客様は神様です。」

故三波春夫さんの言葉で有名ですが

この言葉の意味は、世に誤解されて

伝わっていることをご存知ですか?

三波さんの長女の方が

三波春夫さんの思いを代弁しているのですが、

『自分が聴衆の前に立ったときは神前で

手を合わせるように澄み切った心で、

雑念を払わないとすばらしい芸はできない。

だからお客様を神様だと思って芸をします。』

それと

『演者にとってお客様を喜ばせるのは絶対条件。

お客様は絶対者だから神様です。』

これが、真意なのです。

間違っても

『お金を払った消費者は神様』という意味ではないのです。

当時から誤解されていたので

その度に丁寧に説明をしてきたのですが、

なかなか伝わらなかったようです。

もちろん、うちにもお客様は、いる。

そしてお金を頂き、

僕は生活をしている。

とても感謝しています。

生意気なようだが

こちらも価格に見合う価値は、提供しているから

お金を頂いていても神様だとは、思っていない。

会社によっては、

「お客様は、王様です。」と、いうのも聞いたことがある。

お客は、わがままなので、

聞かなければならない。

だから、王様なのだ。と、その会社の方は言っていた。

まぁ、ひとつの考え方としてはいいと思うが、

経営者としての僕の中ではありえない。

でも、お客の立場からすると好き。

でも、もっと大好きな言葉がある。

これは、経営者の立場でも、

お客の立場でも良い。

一時、ワクワク系が

流行った頃に勉強した言葉だ。

僕も、ある店や会社によっては、僕がお客である。

そんな時、どのお店で食事を食べる?

モノを買う?

契約をする?

僕は、僕より能力のある人にお金を払う。

料理も、僕に説明してくれて

おいしいところにお金を使う。

なぜなら、お金も使い価値を手に入れるが

それに加え、僕のスキルがあがるからだ。

『お客様は、弟子なのである。』

                    Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2008-05-16 02:58 | いい感じ編
<< 男の条件 信用 >>
foot

Copyright © 2005 HAMABUILL. All rights reserved.