濱ビル株式会社  
HOME コンセプト 新提案 Viareマンション Haman Resort オンラインショップ 会社概要 お問い合せ

ボンジョ~ルノ!!    MILANOの街並みとBALIの空気が大好きな男。四十代のテーマは、『熱く生き切る。』           濱ビルCEO濱口茂樹のブログです。
by viare
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
イケてる編
ちと真面目編
いい感じ編
毒吐き編
つぶやき編
イカした不動産編
新規物件ing編
飲み屋編
とほほ編
恋愛編
常識を疑え
優位に立つための心理トリック
モノの値段
奥山清行デザイン論
エスプリ編
成功への道筋
Today’s Wine
ショートストーリー
イタリア小話
驚き編
モテるための理論と戦略編
独り言編
Baliの話
以前の記事
2013年 12月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
ブログパーツ
その他のジャンル
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
泥棒の論理
昨夜は、飲みすぎました。

いやぁ、楽しすぎました。

もう、18時には、超絶好調。

僕が、非常に頼りにしている方なのだが、

少し入院していた。

土地も最近、仕入れれて

運のいいことに同じ時期に着工もする。

快気祝いもかねて、の二人の飲み会。

何本飲んだのか、いくら使ったのか

じぇんじぇん、わかりませ~~ん。(ウソ)

今、領収書見て笑っております。

まぁ、お店が少しでも潤えばいいでしょう。

ヤヴァイ。かわいすぎ

では、タイトルです。

泥棒の論理って知ってますか?

こういうことなのですが、

泥棒は警備システムのシールの貼り付けた家を

避けるとは限らずむしろ金持ちだと考えて狙うこともある。

と、いう。

捕まれば、盗んだ金額に関係なく刑罰を受けるからだそうだ。

どうせやるなら、でかいほうがよい。

今では、外国人の荒い犯罪が多いが、

日本人の泥棒は、

侵入しても、家人がいると、

逃げる傾向があるという。

危害を加えると、

窃盗から強盗に変わり罪が重くなる。

プロの泥棒は、適当に犯罪に手を染めるのではなく、

法を念頭に損益計算書を頭に入れて

犯罪を犯すのだ。

そう考えると

一般の人は、どれだけ堅実な決断を下ろしているのだろう。

常に、「最悪の場合」を計算しながら

判断をしているだろうか?

経営者は、その点、

結果が不透明でも

この世にない商品やサービスを開始する時は、

大金をはたいても新事業に乗り出す時がある。

成功する確率なんてわからない。

失敗したら、どんぶり経営、

ギャンブル経営、独裁者などと、批判される。

成功すれば、開拓者、カリスマ経営者、時代の寵児などと

神様のように崇められる。

どちらにしても、決断するしかない。

さいころ丁半で5割の確率でも

長い目で見た確率は5割でも、

1回1回の確率は、不確実である。

5割の確率でも失敗する時は

失敗する。

ならば、泥棒の論理のように

どうせなら金持ちを狙おうと

失敗を見越して判断できるかどうか

そうでない人は、

いつまでも、

「こんなはずじゃなかった」とクヨクヨ悩む。

決断が成功するかは

確率だけの問題ではなく、

リスクをどれだけ見越せるかで

結果は決まる。

もちろん、プラス思考は、良いことだが

決断する時は、常に最悪の場合を考えておく。

                     Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2008-03-29 08:38 | ちと真面目編
<< モノの値段Part33 ♪あなたな~~らどうする >>
foot

Copyright © 2005 HAMABUILL. All rights reserved.