濱ビル株式会社  
HOME コンセプト 新提案 Viareマンション Haman Resort オンラインショップ 会社概要 お問い合せ

ボンジョ~ルノ!!    MILANOの街並みとBALIの空気が大好きな男。四十代のテーマは、『熱く生き切る。』           濱ビルCEO濱口茂樹のブログです。
by viare
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
イケてる編
ちと真面目編
いい感じ編
毒吐き編
つぶやき編
イカした不動産編
新規物件ing編
飲み屋編
とほほ編
恋愛編
常識を疑え
優位に立つための心理トリック
モノの値段
奥山清行デザイン論
エスプリ編
成功への道筋
Today’s Wine
ショートストーリー
イタリア小話
驚き編
モテるための理論と戦略編
独り言編
Baliの話
以前の記事
2013年 12月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
ブログパーツ
その他のジャンル
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
『ありえへん』と思った話2つ
昨夜は、お世話になっている不動産屋社長、恒例の忘年会。

超有名1部上場会社の方達も10名弱だが参加。

そういえば去年は

某ファンド上場会社の方々に

友人が、ケンカ売りましたねぇ。

今年はいませんでしたね。

今年もしかたなく名刺交換しましたが

僕の名刺のコストの方がケタ違いに高い。

だって役に立たないでしょう。

肩書きだけあってもさぁ。

確かに偉いさんだけどさ。

大手の会社の判断力のない方の

名刺は全部紙切れ。(口悪いなぁ。)

一度に同じ会社の名刺、数枚。とほほです。

今日は、さんのところのクリパです。

いつも情報をくれるマイミクのMさんから

カンブリア宮殿観覧どうですか?と連絡アリ。

野村監督には、興味はないが

ちょうど東京に行く日ということもあり参加。

感想はまた・・・。

では、タイトルです。

先日、運動ゼミの幹部9名で望年会をした。

確かお会計は、一人4千7百数十円。

こういうときは、めんどくさいので一人5000円で

お釣りは、じゃんけんする。

で、僕は、勝つと負けた人たちに対して

『僕は、何をやっても強い。運がいいでしょう。』

負けると勝った人に対して

『こんなおつりごときで、運を使って

かわいそうに・・・。

負けるのが大変だった。』と軽口をたたく

性格は悪いが

根性は腐ってる僕なのだ。

領収書をもらうとき、

店員さんに

『端数は、どうしましょう。』と言われ

『切り捨てちゃっていいよ。』と答えた。

どう考えても、領収書の金額は4700円でしょう。

4000円の領収書が9枚。

いまさら面倒なので

何も言わずにいただいたが、ありえへん

次の移動は、皆はタクシーで移動したが

歩きたい気分だったので20分ぐらい

今年50歳になった写真のどこかにいるM先輩

地下鉄の駅まで歩いた。

いろいろ勉強になるお話をさせていただいたのだが、

いつものごとく、きょとんとさせられた。

『あんまり先輩先輩、言うなよ。連れでいいよ。濱ちゃん。』・・・と、先輩。

『いやいや、塾でも先輩ですが

年齢も先輩ですから・・・。』と、僕。

『今は、7掛なんだよ。

だから俺は、50歳だから35歳なんだよ。

お前は、来年40歳だろ。

そうなるとお前のほうが年上じゃないか。』・・・と、先輩。

きょとんとなるでしょう。(笑)

『お言葉ですが、先輩が7掛なら

僕も7掛なので、28歳じゃないですか。』・・・と、僕。

『ぉお、そうか・・・・・・。

違うぞ。俺だけ7掛なんだよ。』と、先輩。

ありえへん

とても、大好きな愛すべき先輩なのである。

(終りさえ褒めておけば、今度会っても怒られないと思うし

Blogに載せてもいいということでしたので

アップしました。)

                      Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2007-12-15 01:58 | とほほ編
<< モノの値段Part18 始末書 >>
foot

Copyright © 2005 HAMABUILL. All rights reserved.