濱ビル株式会社  
HOME コンセプト 新提案 Viareマンション Haman Resort オンラインショップ 会社概要 お問い合せ

ボンジョ~ルノ!!    MILANOの街並みとBALIの空気が大好きな男。四十代のテーマは、『熱く生き切る。』           濱ビルCEO濱口茂樹のブログです。
by viare
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
イケてる編
ちと真面目編
いい感じ編
毒吐き編
つぶやき編
イカした不動産編
新規物件ing編
飲み屋編
とほほ編
恋愛編
常識を疑え
優位に立つための心理トリック
モノの値段
奥山清行デザイン論
エスプリ編
成功への道筋
Today’s Wine
ショートストーリー
イタリア小話
驚き編
モテるための理論と戦略編
独り言編
Baliの話
以前の記事
2013年 12月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
ブログパーツ
人気ジャンル
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
どんな経験にも値打ちがある
昨夜は、前期、塾で一緒だった連れと飲んだ。

ははは、いつものごとく飲みました。(笑)

今日は、お風呂で寝ているところを

叱られました。

こんなんばっか。

では、話を変えて・・・・。

すげぇなぁ。

やっぱ阿久悠。

では、タイトルです。

追憶番組で、彼の曲を聞くたびに

自分が今まで過ごしてきた時代の

1ページ、1ページが、頭の中を駆け巡る。

良い歌は、記憶を呼び起こしてくれるアルバムである。

なんとなくアマゾンで、阿久さんの名前を入力してみたら

「企み」の仕事術』が、面白そうなので購入。

実際、読まないよりは、

読んだほうがよいけれど、

お勧めはしないかなぁ。(笑)

せっかくなので、頭に残ったお話を・・・。

サラリーマン時代から

放送作家を経て、作詞家になり

その中で共通して感じたことは

どんな仕事にもすべて値打ちがある。』ということ。

放送作家時代に、

通常、歌番組の構成台本では、

途中にはさまれてる歌の部分はタイトルだけ書いて

空白にするのが普通だった。

阿久さんは、そこに、忠実に歌詞を書き写していた。

そして、そこに差し挟まれる映像や演出に

必要なアイデアも指定していた。

それが、採用されることはなく

いつも同じ映像が使いまわされていることも

わかっていながら・・・。

だけど、番組の構成を担当している以上

細部に至るまで手を抜くことは

できない性分だったようだ。

しかし、この一見ムダに思われる作業をしながら

歌謡界が、変わっていくのを感じていたようだ。

さまざまな作詞家の作品を原稿用紙に

書き写していく作業の中で

歌の中で書かれてあるもの

書かれていないものを知り

第一線で活躍しているプロの作詞家たちの

仕事を肌で感じて

それぞれの作風や方向性を知ることができた。

毎週のように歌詞を書き写すことによって、

誰が活躍していて、誰が歌謡界に新しい

作風を持ち込んでいることも徐々にわかってきた。

このときは、もちろん

プロの作詞家と

同じフィールドで仕事をするとは、思っていない頃

だった。

彼が、あれだけ素晴らしい詞を残せたのは、

もちろんすごい感性の持ち主だったこともあるが、

全ての経験と少しの未来を言葉として

残せる能力が、ケタはずれにあったのだろう。

僕なんかも、

本当によく外で遊ぶのだけど

他人からは、無駄に見えている部分

たくさんあるけれど

実社会から学んだ

ゲーム理論は、

非常に役にたっている。

もちろん、最初から

仕事において役に立つとは思っても

見なかったが・・・。

と、いうことは、

どんな経験にも値打ちがある。ちゅ~ことですね。

もちろん、どうリンクさせるかは、

あなた次第です。(都市伝説風)

                         Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2007-09-26 08:38 | ちと真面目編
<< ほのぼのした話 社会的役割の逆転 >>
foot

Copyright © 2005 HAMABUILL. All rights reserved.