濱ビル株式会社  
HOME コンセプト 新提案 Viareマンション Haman Resort オンラインショップ 会社概要 お問い合せ

ボンジョ~ルノ!!    MILANOの街並みとBALIの空気が大好きな男。四十代のテーマは、『熱く生き切る。』           濱ビルCEO濱口茂樹のブログです。
by viare
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
イケてる編
ちと真面目編
いい感じ編
毒吐き編
つぶやき編
イカした不動産編
新規物件ing編
飲み屋編
とほほ編
恋愛編
常識を疑え
優位に立つための心理トリック
モノの値段
奥山清行デザイン論
エスプリ編
成功への道筋
Today’s Wine
ショートストーリー
イタリア小話
驚き編
モテるための理論と戦略編
独り言編
Baliの話
以前の記事
2013年 12月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
ブログパーツ
その他のジャンル
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
せこびっち
結局、昨日は、朝の4時まで起きていた。

運がいいのか悪いのか、本を読みながらチャンネルを

まわしたら、『ミナミの帝王』そして、寝ようと思ったら

『極真空手大会』とテレビ番組が、、、。

つい見てしまった。

極真、見ながら腕立てしすぎ。(笑)

そのため、寝坊で、仕事おさぼり。

ちと、知り合いのBlogに書いてあったことを

思い出したので、ドームのフリーマーケットに、、、。

今、ラジコン安いねぇ。

ガキより自分が子供のころ高くて買ってもらえなかったので、

ほしくなる。(笑)

知り合いのおじさんのお店だということで、

車のラジコンカー500円で、購入。

電池はもちろん入っていないので、単三電池4本と

四角の電池1本、どうしてもすぐやりたかったので、

コンビニで、購入、700円なり。

おいおい、ラジコンより電池のほうが、高いじゃん。(笑)

では、タイトルです。

先週の某銀行の会長講演で思い出した話。

某銀行の元支店長が、独立して

日本と中国・N市の架け橋をしていた。

何年か前だけど、友人が、そいつと知り合い、

僕にも紹介してくれた。

そいつは、中国・N市は、今から伸びるから不動産の仕事は

どうですか?政府関係者との話し合いでコンサルの話になる

場合もありますよ。と言う話だった。

何も進まなくても、損するとしたら、

中国までの旅費と3日間という時間だけなので、

友人と僕ともう一人で、そいつを通訳兼案内人で

雇う形にして中国・N市にいった。

そいつの仕事ぶりをみて気づいたことは、

会社名だけで、今まで仕事をしていて

そいつには、力はない。

こいつが、独立したのは、会社の力を自分の力と

過信したのだろう。

売り上げは、自分の力、経費は、会社が払っているので

本当の利益がわかっていなかったのだろう。

市の役所で、お偉いさん達と通訳を通じて話したが

最初の話と全く違い、結局、市に投資してくれ、

マンションに使う建材は、輸入ではなく、工場をつくり

その商品を使ってくれ、そして人を雇ってくれ、などなど。

アホらしい話ばかり。というか、相手の都合の良い話ばかり。

頭にきたので、『俺、もう帰る。二度と中国には来ないから。』と

そいつに伝えてくれとお願いした。

そいつは、僕らと市の間に入ってリスクなしで、

金を儲けたいのがみえみえで、うま~く伝えたのだろう。

夜は、市が、豪勢な中華料理を接待してくれた。

記憶をたどると、役所の人は、6名ぐらいいた。

中国のマナーのようで、

『カンペー』(乾杯)と言われると、グラスを空けなければならないようだ。

相手は、一人ひとり、僕とか僕の友人に『カンペー』をするのだが、

全員相手にしたら大変だ。

ずっと、むかついていた僕ちゃん。

狙いは、ただ一人。一番偉いさんで、調子こいてた奴。

僕は、誰からの『カンペー』でも、受けたが、

僕から『カンペー』の声をかけるのは、狙った奴ただ、一人。

どれだけ吐いたか、覚えてない。

汚い話だけど、中国のトイレは、汚いからよく、吐けた。(笑)

吐けりゃ僕は、どれだけでも、飲める。

相手は、つぶれるわな。

もちろん僕もつぶれた。

大きな机に、ワイン15本以上は空いていたし、

紹興酒、ビールとアホぐらい飲んでやった。

死ぬかと思いました。(笑)

帰りも、車、途中途中で、止めて吐いたからね。

僕も、最悪な人間だ。

そんなこんなで、次の日の予定は、すべてキャンセル

遊んで帰ってきました。

それ以来、中国へは一度もいっていませんし、

これからも行く気はない。

あ~ぁ、タイトル忘れてた。

そいつ、いちいち飯食うたびに、中国の自分の彼女

連れてくんのよ。

飯は、僕らの払いだから・・・。

中国は、安いから飯代なんか、しれているけど、

せこいねぇ。

リーマン根性、未だに、抜けてねぇ奴だよ。

中国で文句いうと、あちらのテリトリーだから

なんかあるといやだしね。

『また、よろしく。』なんて、いうからさぁ。

日本に着いた瞬間に、

『二度と、連絡してくるなよ。』ってな感じで別れました。

あの、せこびっち、今頃、きちんと生きているのかな。

近いうちにせこびっちPart2でも書こうかな。

                      Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2006-11-13 00:01 | とほほ編
<< 井戸の中の蛙 大人のクイズPart23 >>
foot

Copyright © 2005 HAMABUILL. All rights reserved.