濱ビル株式会社  
HOME コンセプト 新提案 Viareマンション Haman Resort オンラインショップ 会社概要 お問い合せ

ボンジョ~ルノ!!    MILANOの街並みとBALIの空気が大好きな男。四十代のテーマは、『熱く生き切る。』           濱ビルCEO濱口茂樹のブログです。
by viare
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
イケてる編
ちと真面目編
いい感じ編
毒吐き編
つぶやき編
イカした不動産編
新規物件ing編
飲み屋編
とほほ編
恋愛編
常識を疑え
優位に立つための心理トリック
モノの値段
奥山清行デザイン論
エスプリ編
成功への道筋
Today’s Wine
ショートストーリー
イタリア小話
驚き編
モテるための理論と戦略編
独り言編
Baliの話
以前の記事
2013年 12月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
ブログパーツ
その他のジャンル
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
上手な転び方
まずは、Newsから

左利き男性は、右利き男性よりもお金を稼ぐことが明らかに。』

ただ、左利きのほうが、人数少ないからだけじゃねぇの。

分母が合わないじゃん。くだらない。

今日は、いい天気でした。

車で、遠出するには、渋滞だし、

ジムは休み・・・・。

僕は、Blogに書ける範囲では、

ジムか飲み屋しか行くところないのか。(笑)

最近、お気にのところで、英国式リフレクソロジーしてもらったら

いつも、痛くないところが痛かった。

聞いてみたら

そのツボは、頭。

う~ん、合ってる。

はよ、お盆あけてぇ~なぁ~。

話がすすまない。頭の中はイラチだよ。

でも、心は、1日ゆったりスッキリいい日でした。

では、タイトルに入ります。

以前、勉強会の塾長が、

『皆、できない人や気が弱い人にでも

皆、努力が足りんだとか根性だせ。

だとか健康体の自分の定義でモノをいってる。

病気の人にでも、同じことが言えるか?

もう少し相手の気持ちがわからなければいけない。』

確かになぁ。と思うところがある話しでした。

夜にいつもコメントをくれるPRU様からメールが、、、。

『昨夜の塾長講義に通じますが、

教育の極意かもしれませんね…ご参考まで。』

なかなかいいお話でしたので、ご紹介しますね。

教育には、とても大切なことだと思います。


 上手な「転び方」

 学生時代、スキーを習っていたときのことです。
 若手のスキーコーチの指導を受けながら、
 急な斜面を滑る練習をしていました。

 うまく滑れずに転んでばかりいた私に、
 その若手コーチは、実に根気よく、
 懇切丁寧にアドバイスをくれます。

 しかし、何度トライしても、
 なかなかうまく滑れません。

 そのため、
 自分にはスキーのセンスが無いのかと
 自信を失いそうになり、
 さすがの若手コーチも、
 すこし諦め気味になってきたとき、
 それを近くで見ていた年配のコーチが
 やってきて言いました。

 大丈夫だ。
 君は「転び方」が上手い。
 きっと上達するよ。

 この言葉に励まされて練習を続け、
 急な斜面もうまく滑れるようになりました。

 そのときのことを振り返って、
 いま、思います。

 自分が励まされたのは、
 「転び方が上手い」と褒められたからではない。

 褒めるところのない状態において、
 「転び方」を褒めてまで、
 上達を信じてくれる人がいた。

 そのことに励まされたのです。

 その人の可能性を信じること。

 それは、我々が大切な人に捧げ得る
 「最高の贈り物」なのかもしれません。

 2002年5月16日
 田坂広志 風の便りより


お盆あけたら、少しだけほんの少しだけでも、

可能性を信じてあげよっと。

そこから、何か変わるかもしれない。

そんな奴ばかりじゃないと思うけど、

学んだら実践してみないとね。

                     Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2006-08-15 00:08 | いい感じ編
<< モテるための理論と戦略-女性か... わかりやすい判断基準 >>
foot

Copyright © 2005 HAMABUILL. All rights reserved.