濱ビル株式会社  
HOME コンセプト 新提案 Viareマンション Haman Resort オンラインショップ 会社概要 お問い合せ

ボンジョ~ルノ!!    MILANOの街並みとBALIの空気が大好きな男。四十代のテーマは、『熱く生き切る。』           濱ビルCEO濱口茂樹のブログです。
by viare
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
イケてる編
ちと真面目編
いい感じ編
毒吐き編
つぶやき編
イカした不動産編
新規物件ing編
飲み屋編
とほほ編
恋愛編
常識を疑え
優位に立つための心理トリック
モノの値段
奥山清行デザイン論
エスプリ編
成功への道筋
Today’s Wine
ショートストーリー
イタリア小話
驚き編
モテるための理論と戦略編
独り言編
Baliの話
以前の記事
2013年 12月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
ブログパーツ
その他のジャンル
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
電卓にちょいエロチックな世界が広がる
しっかり見ていないのだが、

『たけしの誰でもピカソ』で、数学者が出ていた。

奥が深いね。数学は。

実は、僕も、数学は得意なほうで、(商業高校だったので、

そのレベルね。)ほとんど、高卒で、就職の学校だったのだが、

高校3年の夏ごろに、親が、『大学いけ。』と言いだしたので

試験を受けることにした。

勉強全くしてないし、頭もよくないし、いけるわけないのだが、、、。

社会とか理科とか国語とか勉強しても、試験に出ないところが

あると損した気分になるので、全く勉強しないのでいつも赤点。

で、再試験で、ココがでると言われるとそこだけ丸暗記で、

なんとか進級していた。

ただ、数学だけは、90点以下は取った記憶がない。

簿記も全商1級、日商3級(逆かもしれない。忘れた。)は、

高校時代に受かった。

昔から数学だけは、授業聞いてるだけで、予習、復習していなくても

なんかできた。とくに試験で応用問題の、ひっかけ部分をみつけると

わくわくした。

でも、他の教科が悪すぎるわりに、数学だけはできすぎている

ということで、一度、先生が試験中ずっと後ろで見ていた記憶がある。

一応、数学の推薦で、大学推薦を受けた。

で、試験は受かった。

笑えたのが、僕より数段頭のいい男子生徒がいて、

(僕は、300人中中以下、彼は、上の上)僕の大学はあまり頭の良い

学校(僕の入学当時、今は知らない。)ではなかったので、

その男子生徒は、推薦で別の大学を受け

普通の試験で、僕の通った大学を受けたのだが落ちた。

世の中わからんね。

面接でも、大学受かる気もなかったので、

少し茶髪リーゼントパーマでダボダボパンツ。

面接の試験管に言われ、

『実家が美容室で、パーマの実験台。

パンツは、弟がヤンキーで今日、ちょうど就職の面接で

そちらのほうが、大切なので、僕の普通のパンツは弟に貸しました。

これは、弟のです。(大ウソ)』

そうしたら、面接官

『えらいねぇ。って。』

で、『美容学校も卒業してるの。』って聞くから

『はい。とりあえず日銭の稼げる美容室は、やりたくて

1年間も美容学校いっても、多分、いや絶対遊んじゃうから、

美容学校は高校のときに通信教育で2年間やって卒業しました。

免許は、また大学中か、卒業してからインターン1年してから受けます。

で、将来は、社長になって、お金儲けます。

で、でっかいビル創ります。その後は、また考えます。』

って、自分のビジョンを少し話して、

『大学は良くわからないが

親が行けというから受けました。

きっと、大学に入ればその意味は、わかると思います。』

面接官もなんか、ほめてくれたよ。

よく受かったなぁ。と思うけど

進学があまりない高校なので、先生が、大学に提出してくれる書類

うまく書いてくれたと今でも思っている。

話はそれてしまったが、タイトルに・・・。知らない人は飲み屋で

電卓があったら使ってね。

大学時代から使ってるネタで、

『ちょっと電卓貸して、これ知ってる。?

僕が、346(させろ)346(させろ)って言うじゃない?(で、+押して)

君が、184(いやよ)184(いやよ)って言うじゃない?(で、+押して)

もう一回ぐらい誘うよ。346346。(で、+押して)

でも、君は、また、184184。っていうじゃない。

でもね。(ここで、=を押す。)

電卓には、1061060。入れろ入れろ。って思ってるんだよ。』

もうひとつ。

『僕が、3460(させろぉ)って言うじゃない(で、+押して)

で君は、1184(いいわよ)って今度は言うの。(で、+押して)

だけど、5647(ゴムしな)って僕言われちゃうの。

(で、=押して)そうすると、電卓には、10291(入れにくい)。

そう入れにくいのよ。生にしようか。(笑)』

覚えた?

346346+184184+346346+184184=1061060

3460+1184+5647=10291

タイトルに近づいたネタになったね。ほっ。

                           Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2006-04-10 00:01 | 飲み屋編
<< 証明するまでもなく明らかな道理 初体験 >>
foot

Copyright © 2005 HAMABUILL. All rights reserved.