濱ビル株式会社  
HOME コンセプト 新提案 Viareマンション Haman Resort オンラインショップ 会社概要 お問い合せ

ボンジョ~ルノ!!    MILANOの街並みとBALIの空気が大好きな男。四十代のテーマは、『熱く生き切る。』           濱ビルCEO濱口茂樹のブログです。
by viare
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
イケてる編
ちと真面目編
いい感じ編
毒吐き編
つぶやき編
イカした不動産編
新規物件ing編
飲み屋編
とほほ編
恋愛編
常識を疑え
優位に立つための心理トリック
モノの値段
奥山清行デザイン論
エスプリ編
成功への道筋
Today’s Wine
ショートストーリー
イタリア小話
驚き編
モテるための理論と戦略編
独り言編
Baliの話
以前の記事
2013年 12月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
ブログパーツ
その他のジャンル
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
誠意
今日も東京です。

昼間は、表参道ヒルズへいった。

まだ、中は、見れなかったが、ふぅーんという感想。

板倉セミナーで、知り合った方が、付き合ってくれた。

SさんとHさん。

お忙しい中、ありがとうございました。

Hさんは、いつも通り面白い方で、会うなり帽子をとって、

『生まれたての赤ちゃん』と、ギャグで再会。

e0090744_17435613.jpg


30前半にして、このような、自虐的ギャグが、できる。

別に、うらやましくないが、つかみの会話ができるってことは

素晴らしいね。

今後も、彼の活躍に期待したい。

WACC上げときました。

もうひとつ、どうでもよい話。(笑)

3月で、所さんが、やってる

『大改造!!劇的ビフォーアフター』が、終わるそうだ。

その後は、東横インが、スポンサーで、

『ちょっと改造!!劇的、偽装アフター』という番組になるらしい。

と、まあ、うそ話は、これぐらいにしといて、、、、。

夜は、西麻布で、会合をかねてお食事。

K社長、Y社長、I社長、ありがとうございました。

一緒に企画して、楽しい仕事創りましょう。

それでは、タイトルです。

誠意って、客観的に証明するのってとても

難しいですよね。

考えさせられる話があった。

ちょっと長くなるので、お時間があるときに、

ゆっくり読んで、考えて、応用しましょう。

親が、貧しくて学費を払えない気の毒な子供たちの

ために学校を設立した、マーサ・ベリーという女性がいた。

当初、学校は、経営難で、彼女はいつも資金繰りに

追われていた。

あるとき、ヘンリー・フォードと会う機会に恵まれた。

彼女は、自分の仕事について話をして少額の寄付を

依頼したところ、フォードはにべもなく断った。

そこで、彼女は、こう言った。

『それでは、代わりにピーナツをたくさん下さい』

フォードは、この奇妙な申し出に興味を持ち、

ピーナツをたくさん買えるだけのお金を与えた。

彼女は、生徒達と一緒にピーナツを植えて育て、

やがてかなりの額のお金を手に入れた。

彼女は、そのお金をフォードに返しにいったとき、

こう言った。

『あなたがして下さったわずかな寄付が、

何倍にも増えました』

フォードは、感心し、学校の農場が、

財政的に自立できるようにと、数台のトラックーと

農業用具を寄付した。

さらに、キャンパスに美しい建造物を建てるために、

数年にわたって100万ドル以上を寄付した。

その建造物は、今もキャンパスに立っている。

「私は、彼女が誠意を尽くして恵まれない少年、

少女たちのために努力しているのを見て、

心を大きく動かされたのだ」

最初は疑って寄付を拒否したフォードも、

彼女が、自分の行動に信念を貫いている

姿を見て、考えを変えたのである。

彼女は、自分が逆境に屈することなく有意義な

活動をしていることを、すべての予想に反して

見事に証明してみせたのである。

どう思いましたでしょうか?

人生は、困難な時ほど、自分のやってることに

誠意を持つことが、自分をささえられるのだ。

誠意をもって、新しい道を、切り開いていこう,

と思いました。


                  Shigeki HAMAGUCHI
[PR]
by viare | 2006-02-06 01:58 | いい感じ編
<< 学ぶは、 ピンと、きたらご用心 >>
foot

Copyright © 2005 HAMABUILL. All rights reserved.